TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 EQUAL携帯天皇!Part6のPartⅡ 「FULL CONTROL TOKYO」離宮の皇子
※魔方陣とかは無いです。カテゴリも「妄想系」の長い長いツイートです※

● 前回のEQUAL携帯天皇Part6 full control「TOKYO離宮の皇子」
楽しんでいただけたでしょうか。
その文章の中で使われた言葉に
ちょっと引っかかりを感じた方もいたかもしれません。
ラストの方で予告した「不適格?な言葉」です。
前回僕は“皇子”の銅像と書きました。

これは僕が不敬なわけではありません。
隣りに立ってる案内板そのままを書き写しただけです。
「浜離宮 可美真手命」の検索で引っかかる
案内板の全てに記してあります。
でもちょっと不思議ですね。
ニギハヤヒ自体、知名度はほとんど無いし
その子供にいたっては…って次元ですから。
(石見国一宮の祭神ではありますが)
僕の魔方陣なんかより、
こっちの方が日本国の深淵を覗きこんでるみたいですが、
いつもながら二方向の見方が思い浮かびました。

①「現在でも権力層が物部に対して一定の敬意を示してる?」

物部氏本流にあたる石上麻呂が、いにしえのミヤコ「藤原京」に留め置かれたのが
大きな痛手となって、物部氏は表舞台から姿を消していったようですが、それと同じように
②「すでに過去の存在の(現在の権力にタッチできない)離宮に物部氏を留め置いてる?」

この神像は明治27(1894)年の製造で
その頃はれっきとした天孫のための離宮だったので
「過去のミヤコ」は当てはまりませんよね。
ウーンよくわからん!(笑)
同じ銅像でも明治と平成では意味合いが変わるのかもしれません。
もしも首都のあちこちで天孫以外の皇子がたくさん見つかったら、
これも単なる妄想になるんでしょうが。



● 「FULL CONTROL TOKYO」
全くのワタクシゴトになりますが、
僕はある作曲家の信者(元信者?)です。
なので久々にその方の作品がリリースされたなら
その作品を拝聴する義務があります。
それがたとえ甘ったるいアニメったらしい声でも(笑)
わりといい歌だと思います。
それでも♪革命前夜ドキドキしてるう~♪と聴かされ続けると、
「そうそう革命前夜だね」と思わず洗脳されそうになりますが、
今の時代、表立った革命は無いとしても
コントロールは行われてるのかもしれません。
今回のタイトルは「FULL CONTROL TOKYO」
そうです!お察しの通り、

フル東京コントロールしま

auのCMでこんなキャンペーン(イベント)が行われるそうです。
リンクしていいのかわかりませんがここからそのCMが見れます
去年2012年バージョンでも、この言葉はチラッと映ってたようですが、
フルが本格的に仕掛けるのは今年からみたいです。
auのCMと言えば、ちょっと前まで巨人軍に関係したキャラでした。
2013年バージョンの舞台も増上寺&東京タワーで、
全部、物部にリンクできそうなチョイスだなあーと調子に乗って喜んでいました。
今回は「きゃりーぱ、ぱむ、ぴゃ…」がキャラクターみたいですが、
陰謀論者いち押しアイドルですね(笑)
シンボリズムてんこ盛りのPV(つけまつげの歌)が面白くて、
34回も鑑賞してしまいました。

これまで魔方陣を探してきての感想ですが、
時代を越えてちょっとづつちょっとづつ
魔方陣が整えられてる気配がします。
それは単なる我田引水ってより何らかの完成形に向かって。
同じように目立たないけど神業に見えない神業みたいなものが
今現在も継続されていると勝手に妄想しています。
大本(というか王仁三郎?)や日月神示では
ユダヤや石屋との結びつきがひとつのテーマになってます。
少なくとも「全滅させろ」とは書いてなかったはずです。
きっとなにか理由があるから今まで存在してたんでしょう(笑)
今回のCMもさりげなく行われた未来志向のナニかって可能性はないんでしょうか?

話を最初に戻します。
フル コントロールのフルを漢字に直せば
(漢字表示が適当なのか存じませんが)
布留になるんじゃないか。
このCMは2013年の静かな革命宣言で

「これからニギハヤヒが本気出しちゃうよ」

「世界一有名な秘密結社を怖がっててもなんにも始まらないよ!
スーパー神霊ニギハヤヒがいれば大丈夫さ!」


たった15秒か30秒のCMでそんなご大層なメッセージを?(笑笑笑)
と笑われるのは仕方ないですが、
そう思っちゃったんだも~ん(笑笑笑)

コントロールされるのは
未来都市TOKYOだけでなくあっち方面も?って
仮説を立てたわけですが、
マジカルの神でもあるニギハヤヒくらいしか
石屋やらなんやらと結びつくテクニック・資質を持ってない
ってことなのかもしれません。
なお「ニギハヤヒ=フル」なんて公式資料は無いようですが、
僕は別名のひとつだと考えています。
※布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)
十種神宝に宿る神霊とされる石上神宮の祭神※
CMを見るとすぐわかりますが、
フル(FULL)はスマホを「振る」にかけています。
しかし「魂振り」や「ゆらゆらとふるべ」など
もともと「フル」は物部系のマジカルに強く関係したワードなのは
ご存じの方も多いと思います。

CMのキャンペーンソングも彼女が歌ってるんですが、
あからさまな和風テイストで、刀の音や能っぽい掛け声が
ふんだんに使われた聴いてて楽しくなる曲です。
でもなぜか、うっすらとチャイナのニオイがするんですよね…
CMでは流れませんが、フル(笑)で聞くと
少なくともラストは中華を感じました。
ヒットソングにおけるなんちゃって和風となんちゃって中華風は
似て非なる味付けで、割とキレイに区分けされてる印象を持ってたんですが、
音楽のコードとか全然知らないので思い込みかもしれません。
でも前回の中和理論を思い起こせば
「フリーメーソンと膨張大陸の中和」ってカクテルも
ちょっと面白いかもなあと思いつつ、
フルバージョンをyoutubeで聴いています。


「みろくの世」ってものが絶対的な最高世界なのか、
今の自分にはわかりませんが、
インターネット&PC、携帯スマホは
その世界を形づくる道具として使われるモノだと勝手に思ってます。
(先進国だけでしょうが)こんなにスミズミまで広まった現在
そろそろ何か動きがあってもいいんじゃないでしょうか。

いくら必死こいて書いても
リアリティ湧かないおとぎ話でしょうが、
「ありうるのかもな~」と妄想しています。
てかあったら面白そうじゃないですか?



● すっかりニギハヤヒ・物部びいきなこのブログですが
思い起こせば、それ以前はほとんど知らない存在だったし、
別にファンでもありませんでした。
でも「魔方陣を駆使してるらしい」って事からくる親近感や、
「判官びいき」でニギハヤヒを応援したくなった気持ちは
確かにあったと思います。
(これから先、他の神様がドンドン登場したら
ふらふらそっちに行っちゃうと思います、笑)

ニニギ一二三ニギハヤヒ
上の画像は
「自分なりに解いてみました日月神示 Ⅴ 神器と神宝」で発表したものです。
仮説とも言えないようなトンチンカンな記事ですが、
現在の日本の長へと連なる「ニニギ」と、物部氏の「ニギハヤヒ」を
天秤にもかけず、中和させることもなく
対等に表せた事はちょっぴり誇りに思っています。
(読んだ方は「コイツ何言ってんだ?」と首をかしげてると思いますが、
それは当然で正しい反応だと思います)
こんなお絵かきを抜きにしても、どちらかの神を選択するより
「ニニギ&ニギハヤヒの二本柱」の方が良いんじゃないか…と
コッソリ思っています。
両立がどういう状態なのか思いつかないのが残念ですが。

魔方陣を見ても、ニギハヤヒ&ニニギの二人三脚は
ひとときも途切れることなく続いてるんじゃないか?
と最近うっすらと感じはじめてます。
一見仲良くつるんでる関係でも、相互依存な場合だってあります。
(部下たちが勝手に?)死力を尽くして対決してたとしても
人知れず深い部分では神さま同士は通じあってるとか無いんでしょうか



● ニギハヤヒの静かな広がりとまるで連動するかのように、
藤原氏への非難もネットでチョコチョコ見かけるようになりました。
僕もそんなこと書いてたと思いますが、自分の深層心理を推察すると
いわゆる「超勝ち組」にたいする嫉妬の感情を
藤原氏で紛らわせてただけで、別に正義感とかじゃなかったと思います。
(基本、他人に嫉妬しても興味はそれほど無いです、笑)
子供のなりたい職業の一位が公務員って時代ですが、
現状ではしごく真っ当な解答だと思います。
「藤原的な骨組みが公務員にスライドしただけ」
って考えもありだと思いますから、
「今の日本で藤原バッシング」も虚しいだけだなあと感じます。
文句つけたい感情は単なるうっぷんばらしです。
考えようによってはこれも藤原依存になるのかもしれません。
そこから自分を脱出させたいなあと思ってる今日このごろです。
(たぶんうまくいかなくて、また悪口書くな…きっと、笑)



長々と妄想を読ませちゃって申し訳ないです。
ここまで読み進んだってことは
魔方陣に対しても一定の理解を持ってらっしゃる方だと思いますが、
今回の文章がいくらひどくても
できれば魔方陣への信頼は持ちつづけて欲しいですm(_ _)m
「それではこの辺で失礼するでゴザル!」

           時空を越えてにんじゃりツアーズ
full control tokyo


テーマ: - ジャンル:

 EQUAL一富士 二鷹 三なすび
年賀状の季節です。
「一富士 二鷹 三なすび」つーのは家康が初夢に見たので縁起の良いって言われてます。
「鷹」は鳥の一種です。「なすび」とは、つまり「NASU」です。
学生時代の地図帳を見ていたら、日本の火山図が載ってました。
北から「千島火山帯」「那須火山帯」「鳥海火山帯」「富士火山帯」と続いていきます。
単なる偶然だと思いますが「富士」と「鳥」と「NASU」がいました。
鳥海山の「鳥」=鷹はちょっと無理ありますが、あの雄大な山を、もしも鳥で表すとしたら、
ヒヨコやすずめではないと思います。
江戸を取り囲むような東日本の3つの火山帯
火山の熱の帯ってオカルティックなパワーに還元できないんでしょうか?
太古からあった「火山信仰」みたいな…
「火山信仰=山岳宗教」ではありませんが、山のパワーを熟知してる皆さんが
『陰から家康を(江戸を)見守ってますよ』とかいう暗号だったりして。
(ついでに魔方陣も引いちゃいますよ。みたいな、笑)
意外といい線かも!と思いましたが、現在の学会では
「火山帯という分類は意味の無いもの」とされてるらしいです(ガッカリ)
追記
Google Earthで那須の茶臼山、富士山頂、鳥海山のおおよその距離を測ってみたら
那須→富士224.75km 那須→鳥海219.27km
誤差2.5%程度の二等辺でした。以外とBINGOな仮説だったりして…



テーマ: - ジャンル:

 EQUAL「AKIRA」
「AKIRA」というアニメ映画をご存知ですか?
昭和のラストに封切られた素晴らしい作品でした。
サウンドトラックに青森のねぶたの音楽をアレンジされたモノが使われていて
ちょっと誇らしい気持ちになったのを覚えています。今ご覧になって損はしないと思いますよ!
しかし平成も19年を迎え、もともとひねくれた性格な自分が
小姑のような目で(笑)この名作を斜めから見てみます。
断っておきますが、かなりの電 電 電波です(笑)
映画をTVで見ただけで漫画全巻も読んでいないワタシです。
そのうえ「大本・日月」まで引っ掛けつつ…
(もう一度言いますが、かなりの電 電 電波です、笑)
主人公と言える2人の少年「金田」と「鉄雄」
偶然にも金属に関係した名前です。そして作者の大友克洋さんは東北宮城の出身です。
東北つながり?と言いますか…大本系で有名な「ウシトラの金神」という神。
王仁三郎の短冊にも「大国常立大神」の下に「金山彦神、金山姫神」と記してあったと聞きます。
この神を「金属の属性を持ってる」と仮定します。
映画では「AKIRA」の超絶的パワーを秘密裏に研究してたようですが
なんとなく失敗した感じで、その後「鉄雄」が「AKIRA」の跡を継ぐような形になっていました。
ウダウダ何を言いたいかというと
なんとなく江戸末期からの日本の歴史にそっくりだと思いました。
政府はNEO東京の新しい神として「AKIRA=光り輝く神」を祭り上げようとしていた。
しかしNEO東京にはなんとなくシックリ収まらない印象。
都市は何度もグチャグチャになってしまう。
もし東京が首都になるなら天空の太陽神は相性イマイチなのかもしれません。
「武蔵野の地霊は金属神に彩られている」とは魔方陣の発見者の言葉です。
「国常立神」という天空イメージというより大地的で金属神かもしれない神
こっちの方が東京の神としてはふさわしいような気がします。
また映画には新興宗教のおばあさんが出てきてましたが
彼女は「中山みき」や「出口ナオ」にあたるのかもしれません。
彼女たちも新しい神を求めていました。大本は死者が出るほど弾圧を受けても。
しかし彼女たちの求める神は結局、現実に姿を現さないままで終わりました。
映画でも「AKIRA」「TETSUO」両方とも声はすれども姿は見えず状態で終わりました。

平成のNEO東京では陽あたりが悪くなるのもかまわず、
鉄筋の高層ビルがまるで森のようです。
今まで調べてきた魔方陣は、この高層ビルが主役になってます。
目覚めた鉄雄は体じゅうを電線が走り、ラストではブクブク膨張してましたが、
まるで現在の東京、そして高層ビルの魔方陣そのものだと個人的に見えてしまいます。
携帯電話もテレビの電波も電線(金属)からアンテナ(金属)へが飛び移っていくモノです。
もちろん高層ビルは鉄筋の塔です。
(アラーキーは「男根だ!」と言い切ってましたが、
男根だってある種の聖性を帯びたモノと言えます)
そんな金属の魔方陣に護られたやんごとなき一族は
今でも「太陽神」の属性を持ち続けているんでしょうか?
映画の中ではどこからとも無く「AKIRA」と言う声が聞こえてきてたのが
最後には同じトーンで「TETSUO」になってました。
「天空に光り輝く太陽神から硬く大地にそそり立つ金属神へ」
首都が東京だったらそれが最善&必然なのかもしれません。
ここ数年でやんごとなき方々がもっとも喜び、ほっと胸を撫で下ろした日、
その4年前の同じ日2002年9月6日は丸ビルの誕生日です。
単なる数字のイタズラですが、目の前に建って「不敬だ!」と言われた高層ビルの建設は
そんなに悪い事じゃなかったかも、それどころかラッキーを運んできたような…
かなり電 電 電波な考えです。
高層ビル魔方陣はやんごとなき一族を完璧に護っている。
そして一族も金属の属性を受け入れた。
ホント電 電 電波な考えです。
王家が千代に八千代にハッピーエンド、みんな丸く収まってメデタシメデタシ。
(自分は卒業式でもちゃんと歌いました。もともと歌う事が好きだし、笑)
でも小姑のような自分にはちょっとした疑問があります。
覚醒した鉄雄の変化した「TETSUO」そして中山みきや出口ナオが求めた新しい神と
あの笑顔の一族がイコールなのか、
それがよくわかりません。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
あなたはいい人で忍耐強い人です。幸せが訪れるでしょう(笑) 
「記事を保存」を押してこんな電波をみなさんに飛ばします。


テーマ: - ジャンル:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。