TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 EQUAL「2150000000の魔方陣 Ⅱ」
ワールドワイド魔方陣名前入り.jpg

前回の「EQUAL 2150000000の魔方陣」
個人的にはスンゴク興奮した発見でした。
(画像は拡大できますが、ぜひ前回の記事をご覧いただきたいです)
地図の6本のラインは、
=1:3.972 
=1:1.9997
=1:1.992 
=1:2.949
=2:2.960
ほぼ「1:4」「1:2」「1:2」「1:3」「2:3」の比率になっています。
それぞれのポイントは、
「ユダヤ教」「キリスト教」「イスラム教」「仏教」で最高とされる聖地
「エルサレム神殿」「ブッダガヤ」「バチカン」「メッカ」です。
それがこんなキレイな比率で存在してるなんて…われながらウットリ(笑)
聖地の出来た順番は
エルサレム神殿建設。紀元前10世紀、約3000年前
ブッダガヤでブッダが悟りを開いた。紀元前531年12月8日(諸説あり) 約2500年前
バチカンに最初の教会が建てられる。 西暦326年 約1700年前
メッカをムハンマドが征服、イスラム教の聖地とする。 西暦630年 約1400年前
バチカンやメッカはそれ以前から聖地だったらしいですが、
代表的な宗教との関係はこのときから始まったと見て良いと思います。
バチカンが意外と古い歴史を持ってるのが驚きでした。
緑のアイコンがバチカンの「サン・ピエトロ大聖堂」です。
イエスの弟子「聖パウロの埋葬地」と言われている場所に建てられています。
でもコイツが一番のクセモノです。キリスト教の発祥の地からかなり離れているのはともかく
他の三聖地と全て関わりを持っていて、なんとなく意識的なモノを感じます。
「キリスト、イスラム、仏教」は日月神示の海外五教(あと2つは孔子・老子)です。
王仁三郎もこの五教の教祖を描いてるらしいです。(大本の富士、神道の伊勢の絵も)
そこでこのワールドワイドな魔方陣と日月神示を強引に絡めてみました。
エルサレム→バチカン(緑)  ブッダガヤ→メッカ(むらさき) バチカン→ブッダガヤ(オレンジ)
この3つの比率が「1:2:3」です。
見たまんま「一二三」です。こんなのダメでしょうか?でも続けてもうひとつ。
バチカンからブッダガヤ(オレンジ) メッカ(黄色) エルサレム神殿(緑)の距離の比は
「6:3:2」になります。これに同じ数をかけても比率は変わりません。
「6:3:2」=「12:6:4」=「18:9:6」
もちろん1/6をかけても変わらないです。「6:3:2」=「6/6 : 3/6 : 2/6」 これを約分すると
「1/1 : 1/2 : 1/3」
ちょっと変形した「一二三」です。
強引ですね…
それに海外五教にユダヤ教は入ってません。でもエルサレム神殿から歩いていける場所に
「聖墳墓教会」があります。キリストの墓と言われている場所です。
カトリックではとても重要な場所らしいです。それぞれの距離は
「バチカン→神殿」が2308.90914km 「バチカン→聖墳墓教会」が2308.45533kmと
誤差0.02%程度なので「6:3:2」への影響はほとんど無いと思います。だったら、
バチカンから「ブッダガヤ」「メッカ」「キリスト教の聖地、聖墳墓教会」の比率が
「1/1 : 1/2 : 1/3」だと言っても良いかも?やっぱ強引でしょうね…

せっかくとても興味深い魔方陣が見つかったのに、
こんな事を書いてちゃ自分で自分の首を絞めてるようなもんです。
日月に話を戻せば「黒住天理金光大本日月(と言うより錦之宮?)」の魔方陣は
2つ見つかってます。  
前回と今回は「仏教キリスト教イスラム教(&ユダヤ教)」の魔方陣でした。
残るは「孔子」「老子」だけです。しかし孔子は「孔廟」と言う聖地がありますが、老子の聖地は…
今のところ見つかりません。老子は「道教」の祖と言われていますが、
「老子=道教」とは100%言い切れないので、ますます複雑になってきます。
日月では10つの宗教が一ククリにされているので、
「仏教キリスト教イスラム教」と日本列島を関連させれば
「孔子」「老子」もハッキリするかもしれません。
また「ミロク」の原型と言われている「ミトラ・ミトラス教」とのリンクもイランあたりに
見つかるかもしれないし、贅沢な話ですが
もしかしたら「潮干・潮満の玉」の秘密も発見できるか…も?(希望的観測、笑)


テーマ: - ジャンル:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。