TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 EQUAL小ネタ 「それは港区の彼方から」 
初めに書くのもなんですが、大きな弱点があります。
EQUAL「それはアジアの彼方から」では伊勢神宮をポイントしたにも関わらず、
港区の神社は出てきません。登場するのは神に近いのか遠いのか
「アキンド」の皆さんです。
いつもながらリアリティに欠け、「ここまで念入りにやるのか?」って感じですが、
なんとかまとめてみました。

「アジアの彼方」=アメリカ合衆国で、
ポイントしたのはホワイトハウスでした。
ホワイトハウス・中国の紫禁城・伊勢神宮が正確な二等辺
ホワイトハウス→韓国の青瓦台のラインが、
その頂角をほぼ正確に二等分するって魔方陣でした。
(面白いので未読の方は、ぜひご覧ください)

この魔方陣を港区にスライドさせてみました。
ポイントはそれぞれの国の大使館をチョイスしました。
港区の伊勢神宮 俯瞰
上記に当てはまるような二等辺・二等分ポイント
「港区の伊勢神宮」を探してみると、
港区の伊勢神宮 拡大
分かりにくいですが、庭園の池にある中島の辺りだと思います。
どこの庭園かというと、

三井拡大俯瞰

「綱町三井倶楽部」です。
三井グループの迎賓館みたいなもんでしょうか。
ボクも以前招かれました(ウソです、笑)
直角に折れて池に向かう道も、まるでラインを意識してるみたいです。
立派な本館にもスレスレで二等分ラインは引っかかっていました。
別館も一体と見れば建物中央を通ってる状態です。
前を走る道路のせいでしょうが、
敷地全体がまるでラインに合わせたような向きになっています。

大財閥の豪華な迎賓館とは言え、
港区の伊勢神宮とは考えづらいですが、
二等分二等辺ライン港区俯瞰
ラインをさらに延長させると、
港区のまさに南端にこんなものが、

三菱拡大俯瞰

「三菱開東閣」です。
三菱グループの迎賓館みたいなもんでしょうか。
ボクも以前、(ウソです、笑)
こちらも本館はスレスレですが北側の棟はちゃんと通ってます。
三井ばかりか三菱まで出てくると意図的な匂いを感じざるを得ません。
(ふたつの迎賓館の拡大・俯瞰は同じ高さからです。
規模などを比較しつつ、上から目線で(笑) ご覧ください)

対称ラインはイコール
「アメリカ大使館→三井の迎賓館→三菱の迎賓館」が、
ほぼ一直線ってことを表しています。
ふたつとも歴史ありそうな建物なので、
アメリカ大使館が後からラインに割り込んだと思いきや、
三菱が1908年(明治41) 三井が1913年(大正2年)完成。
アメリカ大使館は「1890年(明治23年)に現在地に引っ越してきた」
ってサイトを見つけました。
おそらく後から割り込んだわけじゃないようです。

他の大使館の歴史も。
中国大使館ですが、スタートはわかりませんが、
1941年には、この場所は「満洲国大使館」だったようです。
その後「中華民国」→1972年に「人民共和国大使館」です。
一時期とはいえ「アメリカ・満州・三井が二等辺」って時代があったわけですが、
満州利権と三井って最近どっかのブログで見た気がします。
エエッ!? 満州ってまさかのアメリカ公認っすか!?
考えてみれば満州自体が アジア版アメリカみたいなもんですよね。
ユダヤ人を召喚しようとした所までソックリ・・・?
(歴史オンチなんで知りませんでしたが、
初期には日米共同で満州経営する計画もあったそうです)

韓国大使館の方は、
1951年に同胞から韓国政府に無料貸与→寄贈→1965年大使館に昇格です。
とても興味深い履歴ですね。
一般から寄付された土地を大使館にするとか、とても珍しく感じますが、
偶然にしてはずいぶんナイスなポイントを選ばれたんですね。
ふたつの地域は日本と古いつきあいがありますが
大使館って点ではこんなに新しいのが面白いですね。



EQUAL「それはアジアの彼方から」の前段階で
等間隔に並ぶ「伊勢神宮→韓国→中国」の一直線がありました。
EQUAL東アジア「セントラル」&「 3 : 5 」
この直線を港区にスライドさせてみました。
中国大使館韓国大使館ライン×2

正確なポイントは普通の会社の壁スレスレでしたが、
“お隣さん”にまたまたコイツラが(笑)
中国大使館韓国大使館ライン×2拡大
メガバンクの事務センターです。
地図にあるように元々は別の都市銀行所有だったようですが、
なんの因果かメガに呑み込まれ、現在は財閥の名前を背負っています。
中国大使館韓国大使館ライン×2 三菱事務センター
ポイントから事務センターの壁まで26.8m センター中央だと59.5m
もうちょっとポイントに近かったら・・・と正直思いますが、
一直線上にあるのはポイント高いと思います。

実はさっきの二等分二等辺より、こっちを先に
一年くらい前に見つけてました。
さほど面白く感じなかったので放ったらかしだったんですが、
これによって三井が「二等分・二等辺」 三菱が「二等分・一直線(ほぼ等間隔)」と
2対2の同点になりました。
※これは書いていいのかな・・・
この直線上には面白いものがもうひとつありました。
事務センターのすぐ近くにあります。
(さっきの“お隣さん”の画像にもしれっと映ってました)
屋上に五角形のセンスいい(笑)看板があって
それを突っ切っているので意識してる気配濃厚です。
大げさに言えば政党ひとつをぶっ潰した企業です。
答えがわかった方はこちらまでお電話を!

「ぜろいちにーぜろ、さんさんさんのきゅうれいろく~♪」

ぜろいちにーぜろ、さんさんさんのきゅうれいろく~♪

ふたたびアメリカ大使館に戻って、
今回の魔方陣の存在を補強しそうなラインです。
日本を離れて、アメリカにあるホワイトハウスと
日本のアメリカ大使館を結んでみました。
その青いラインを延長させたら、
ホワイトハウス→アメリカ大使館韓国大使館
藤色の米韓ラインとはこれくらいのズレでした。
拡大すると残念ながら建物には引っかかってませんが、
大使館の敷地をスレスレかすめ、大使公邸にはどうにか届いています。
韓国大使館アメリカアメリカライン拡大
約10000kmのラインがこれくらいのズレです。
今回の軸になった米韓ラインは
アメリカアメリカラインを意識しているようなので、
港区魔方陣は存在するのでは?と考えました。
(さっきの「寄贈」がますますミステリアスに・・・)

この青いラインをさらに延長させると
ふたつほど面白そうなポイントが、
アメリカライン港区俯瞰

「台北駐日経済文化代表処」
大使館みたいなもんですよね。
ここと韓国大使館が一緒に出てくることに
ちょっと興味が湧きます。フジテレビも無い地方からの妄想です。
※このテレビ局は異常なほど叩かれています。
特に2chの熱心さには恐怖すら感じます。
韓流偏重が唯一最大の理由みたいですが、
それによってフジから別の勢力が「押し出された」って可能性は?
そもそも、日本の一番の恋人=韓国って
空気を作っていた「韓流」を一番邪魔だと思っていたのは誰なのか?
2chの「熱烈的台湾愛」も最近は収まったようですが、
あれって自然発生的なムーブメントだったんでしょうか。
以前の魔方陣でもフジと台湾は関係ありそうな気配です。
EQUAL「フジテレビⅡ」
中国VS韓国の可能性も浮かびましたが、
2chとあわせると、ボク個人の印象では
元祖(笑)日本の恋人の逆襲に見えてきます※

もちろん嫌われるより好かれる方が良いですが、
相手の下心が底が見えないくらい深すぎて、なんだかコワヒです。

台湾・星薬科大 アメリカアメリカライン
さらに青いラインを延長させましたが、
いつの間にか品川区に入ってたので、
面白そうな建物で止めました。
「星薬科大学」の建物だったみたいです。
50の星を従える国のラインに相応しいかもしれません。
Wikiを読むとアメリカとの関係はあるみたいですが、
それほど深いのかよくわかりません。
(アイコンの色はロゴの色です)

ついでに延長線じゃなくて、もともとのライン上を見てみました。
東京アメリカアメリカライン

俯瞰図でなんとなくお分かりでしょうが、
ホワイトハウス―アメリカ大使館ラインは皇居を横断します。
明治宮殿
「なんて不敬な!」(笑)
新宮殿をラインが通っています。
もともとは明治宮殿(明治から昭和天皇までの御所+宮殿)がありました。

毎日新聞本社
何のためか知りませんが毎日新聞本社には
ふたつの大きな筒が備え付けられてて、
東の筒スレスレをラインは通ります。
毎日新聞とアメリカの関係は知りませんが、
なんかあるのかな?

上野公園
この大噴水や博物館の位置に今は無き
寛永寺の巨大寺院があったらしいです。
御所(天皇家)→このお寺(徳川)ってライン構成は面白いかも。

千住新橋
千住新橋を抜けて埼玉へ、と思ったら
そこはまだ東京なんですね(笑)
足立区の辺りで遡るのをやめました。

青いラインと同じように、
「中国紫禁城→中国大使館」のピンクライン
「韓国青瓦台→韓国大使館」の藤色ラインも引いて、
延長させてみました。
中韓ライン間
結果的にはライン上より、
ライン間のほうが興味深かったです。

またまたオマエか!
「綱町三井倶楽部」!(笑)
三井倶楽部中韓ライン
敷地を意識したような軌跡なんで、おそらく偶然ではないはずです。
さっき2対2と書きましたが、3対2で三井が1点リード?

「NEC SUPER TOWER」
NEC中韓ライン
超久々です。変わった形のこのタワーは
御所の真南にあり、わずかに東に傾いた視線の先には「新宮殿」という
カンペキな(笑)思想に基づいたタワーです。そのうえ「住友新御三家」らしいので
「住友に1点追加~」(笑)

ライン上は予想よりインパクトが無かったかも。
中韓ライン上

ピンクの中中ラインですが、
みなさまのNHKはおそらく意識してると思います。
NHK移転先?
移転先と噂される土地は最初、端っこだけかと思ってましたが、
タイミング良く青山劇場・青山円形劇場が閉鎖したそうで、
そこも含まれるなら引っかかります。
大きな通りに面してるこっち側に
シンボリックなタワーを建てそうですよね。
(魔方陣的にアメリカと相対する)中国に傾きたくなる気持ちも、
「NHK」という公共放送らしからぬ名前を見るとちょっと理解できます。
「GHQ」が無かったら別の名前に変えてたはずですよね。

藤色の韓韓ラインの方は
渋谷駅にできるまだ未完成の228.30mの超高層タワーが
関係ありそうな位置にありました。
渋谷駅東棟 韓韓ライン
正確な建築予想図が見当たらず、だいたいの3Dです。
あまりに上手く端から端へ抜けていったので取り上げましたが、
このタワーが韓国とどう結びつくのか、予想もつきません。
2019年に完成した時、「これってまるで太極旗・・・」という赤青ロゴになったら、
このブログを思い出してください。

ラインは港区湾上で交差し、豊洲新市場の端っこをかすめ、
ディズニーランドの目の前の海を通り過ぎて行きました。
千葉は良くわかりませんでした。(藤原)鎌取駅や
蘇我駅に関係あると思いましたが、無さそうなので省略
中韓ライン東京湾



お気づきの方もいるはずですが、
三井&三菱&アメリカは、「じぇんこライン」でも同盟を結んでいたので、
今回で二度目の密会・逢い引きです。
「金持ち “戦前から” ケンカせず」 
思わずこんな言葉が浮かんできます。
じぇんこラインでは精度はやや落ちますが、「住友」の新ビルも出てきて、
そこからの妄想で「住友が伊勢神宮みたいな事してる~、笑」
とふざけて書きました。しかし今回の魔方陣を見てると、
住友だけでなく、三三コンピも同じように
自らを伊勢神宮に重ねあわせてる・・・?
今回はふざけずに割りと本気で思っています。

話を大げさにすれば「伊勢神宮」は
「民間」ではない「公的」な方々、天皇家を支える神社です。
つまり3つの財閥は魔方陣的に
自分たちは「公(おおやけ)」だと宣言してるようなもんです。
「公共」が「民間」に食われちゃう未来を暗示させるTPPは、
いつからその兆しがあったんでしょうか。



今回のタイトルを見た瞬間、「アレの続編かな?」と思われた方が
何人いらっしゃるかわかりませんが、そんな方々なら、
これまで発表してきた文章のニュアンスでお気づきかもしれません。
僕はいつのまにか(90年後半から?)アメリカLOVELOVE人間になっていました。
それ以前はそんな様子はありませんでした。
自分でも不思議なんですが、原因はわかりません。
アメリカの傲慢、は言いすぎですが、
タブー無用なキャラが乗り移ったせいで、
こんな多種多様な魔方陣を発見できたと前から思っていました。

今回もアメリカ大活躍でうれしい限りです。
発表をファーストレディ・ミシェルさんの来日に合わせました!
ってわけじゃなく本当に偶然です。来日はなんとなく知ってましたが、
なぜだかもっと先だと思ってたので、
「あれ!?もう来てる」とニュースを見て驚きました。
まだなんかありそうですが、せっかくの偶然なんで、
急いでまとめて発表しました。
「ここまで念入りにやるのかよ(笑)」って気持ちはありますが、
冷静に考えても、自分の直感でも、「アリ」と見なしたので、
港区の北端と南端スレスレに張られた この魔方陣を発表しました。
(小ネタだけどね)

テーマ: - ジャンル:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。