TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
10 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 EQUAL 「KANTO 3!4!5!」
関東345

携帯の電波を横に倒したみたいですが、
青い三本は「1103.8」「1449」「1827.6」の長さになっています。
赤い三本は「3:4:5」の比率で
一番上の青の「1103.08」と、赤の「比率3」が、
同じ長さになるように調節しています。
つまり色が違うだけの相似形なんですが、下のふたつもほぼ同じ長さに見えませんか?
「比率3」だけでなく比率「4」「5」も同じ長さに調節したバージョンはこんな感じ
関東345・345・345
赤は全部「3:4:5」なんですが、
なぜだか比率5バージョンが一番同じように見えます。
人間の目って不思議ですね。
ちなみに黒バージョンだと
「ちょっと差があるんじゃないの?」って風に見えたり…
関東345黒バージョン

日月神示も色々と新展開があるようで、
「上毛三山」と日月神示が関係あるって話が、
最近広まってるそうです。
ってわけで画像にも書いてあるとおり、
青い「1103.8」「1449」「1827.6」は
上毛三山の「妙義山」「榛名山」「赤城山」の標高です。
ちなみに三山の正確な比率は
「3 : 3.9382… : 4.9672…」
(「3.0471… : 4 : 5.0451…」「3.0198… : 3.9642… : 5」)
になります。

「榛名山がもうちょっと高かったら完璧だったのにな…」
とか意味ないことが浮かんできますが、ホントに意味ないですね(笑)
そんな榛名山をちょっと補足しておきますと、
榛名山といえば湖を従えた優美な姿が有名ですが、
あれは「榛名富士」という山で榛名湖と共に、
榛名山“山頂”にありますが、一番高いわけではありません(1390.3m)
湖のちょうど対岸にある「掃部ヶ岳」(かもんがたけ)が今回の「1449」で
榛名山系“最高峰”になります。
榛名富士と榛名湖を中心にいくつかの山が取り囲んでいて
それら全部を総称して「榛名山」と呼ぶようです。
掃部ヶ岳・榛名富士

それでは「榛名富士」の方は関係ないのかというと
妙義山 : 「榛名富士」=4 : 5.0382…
榛名富士 : 赤城山 =3 : 3.9436…
「3:4」と「4:5」で変則的な3:4:5を隠してる?ようです。
このような変則的な階段状の比率は
ちょくちょく見かけた記憶があります。
(だからと言って意図的なものとは言い切れませんが)

「比率の魔方陣は今ひとつ自信が持てない」とか言いつつ
最近でも懲りずにちょこちょこ載せてます。
今回は「山の標高」という人智を超えたものなので、
何者かが数字を調節したとかありえないですが、
コッソリと発表してみました…


テーマ: - ジャンル: