TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 EQUAL 「吉野・高野・熊野 と 紀伊半島の太陽」
日本を代表する三つの霊地
「吉野・高野・熊野」の中央に位置するのが、
「天河大弁財天」


って話を聞いたことがあります。
これを魔方陣方向から見てみました。
ちょっと「トリッキー」な事もしていて、
もしかすると第2ブログ向きかもしれませんが、
なんとなくこっちに発表します※

ポイントしたのは、
吉野金峯山寺」(ポイントしたのは「蔵王堂」)
高野山金剛峯寺」(壇上伽藍にある「根本大塔」)
熊野本宮大社」(もともとの鎮座地「大斎原」)
そして「天河大弁財天」です。
吉野高野熊野天河

「吉野・高野・熊野」の三つを青い三角形に結んでみると、
天河はまるで吉野―熊野ラインを意識してるみたいです。
吉野高野熊野天河拡大
拡大するとラインから540mぐらい離れていて、
神社の前を流れる天の川を中心に、
対称になるような位置に天河があります。
三霊地の三角形は意識してるみたいですが、
単純に位置だけ見ると、
「三霊地の中央が天河?」と
失礼ながら「?マーク」が浮かんでしまいます。
そこでここからトリッキーな“画像処理”を開始

青い三角形の一辺が垂直になるように地図を傾けます。
吉野高野熊野ビフォーアフター
       ↓
「吉野・天河・高野」も
ムラサキのラインで結んで三角形を作ります。
それも同様に垂直にして、
さらに鏡に写したように左右を反転させます。
吉野天河高野ビフォーアフター
       ↓
垂直な一辺を同じ長さにして並べてみました。
ふたつは同じ形に見えます。
吉野高野熊野+吉野天河高野
       ↓ 
ふたつの画像を重ねると、
さらに相似形に見えてくるかもしれません。
吉野高野熊野+吉野天河高野△重ねる

地球は丸いので2つの形を立体的に考えれば、
見た目以上のズレはあると思うので、
距離の面からも調べてみました。
青い三角形は「30.896931km 45.716713km 59.738048km」
ムラサキは「16.165353km 24.140833km 30.896931km」です。
対応する辺の比率を出してみると
「1 : 1.911…」「1 : 1.894…」「1 : 1.934…」
この3つが近ければ近いほどふたつの三角形は
距離的に相似になります。
一番差の大きい「1.934…と1.894…」の誤差が2.097…%
なんだか数字がゴチャゴチャしてますが
ふたつの三角形は最大で2%ぐらいのズレがあるようです。

相似形の魔方陣が(イチオウ)成り立ってるようですが、
天河は中心というより一心同体を目指してるようにも見えます。
これらの寺社は山岳宗教に分類されるはずですが、
「山」とは人々が多く住む平地よりは「天」に近い面もありつつ、
大地が盛り上がった状態で「地」に分類されるモノです。
「天から見下げる視線」「大地から見上げる視線」が複合してると考えれば、
鏡のようにひっくり返った三角もアリだと思いますが、
書いてて自分でも「なんか無理ある理屈だな…」と思ったりもします(笑)
あくまで個人的には
これを意識していたなんらかの存在がいたように感じるんですが…



紀伊半島には荒々しい山岳宗教とは対称的な穏やかな信仰もあります。
常世の浪が打ち寄せる「伊勢」の太陽神
「天照大御神」に対する信仰です。
って事で「伊勢内宮」も加えると、さらなる魔方陣?

天河からの距離
→吉野 16.165353km
→高野 24.140833km
→熊野 43.584891km
3つの合計 「83.891077km」
→内宮   「85.318733km」 
天河→内宮三霊地.jpg
三霊地の合計と伊勢内宮との誤差は「1.702…%」でした。
このブログ的には「2%近くもある誤差」なんですが、
なんとなく同じ距離を意識してるような…?

天河大弁才天と伊勢内宮は、
あるキーワードで結ばれます。
「五十鈴」(イスズ)です。
伊勢内宮の「五十鈴川」は有名だと思いますが、
天河弁財天にも三つの鈴が円形を成してる独特の神器
「五十鈴」が存在しています。
天河神社のHP(真ん中にあるのが五十鈴です)
「天」と「五十鈴」 対応してるようにも見えます。
三つの鈴が表すのは
生魂(いくむすび)足魂(たるむすび)玉留魂(たまどめむすび)
と言われていますが、
天河自身が「三霊地の中央」と言ってるので、
三つの鈴は吉野・高野・熊野へ向かって響いてるのかもしれません。
それが今回のラインを巡ってるなら(=ラインが存在するなら)
うれしいのですが…



伊勢神宮から見て
紀伊半島のちょうど反対側にも太陽の神社があります。
「日前神宮」です。
御神体は岩戸隠れの時に最初に鋳造された神鏡です。
(岩戸開きに成功したのは、
二番目に造られた伊勢の八咫鏡だそうです)
紀伊の「紀」の字を継いだ、あるいはその由来と言われる
由緒正しい一族「紀氏」が代々この神社の祭祀を受け継いでいます。
そんな日前神宮でも伊勢内宮と同じような事が出来るのが、
ちょっと面白いです。

日前→天河の距離は「58.868718km」
これに近い数字が「59.750244km」の
「吉野-天河-熊野ライン」です。
天河日前 吉野熊野.jpg
誤差は1.497…% さっきの伊勢バージョンよりは小さいです。
(ちなみに吉野-熊野を直接結ぶと「59.738048km」で
わずかですが同距離に近くなります)

連想ゲームみたいに「日前神宮」に行き着きましたが、
天河とはこんな関係でもあります。
アイコンたちは二つの神社の同緯度に置いてます。
天河日前同緯度アイコン.jpg
天河→日前が「270°47′35.75″」(270.7933…度)
日前→天河が「90°26′02.11″」(90.4339…度)
1度弱ズレてますが、ほぼ東西に並ぶ二社です。
拡大すると630mというこれまた微妙な距離です。
日前高野天河同緯度.jpg
さっきは登場しなかった高野もラインから離れてますが、
なんとなくラインを意識してるような、してないような…?
日前神宮を斜めから俯瞰
天河の緯度アイコンは意外と近いと思えるんですが。
日前斜め.jpg

次に日前神宮からの距離です。
→吉野 62.341880km
→高野 34.796846km
→熊野 68.575227km
三つの合計が「165.713953km」
天河の合計「83.891077km」
天河日前1:2.jpg
同距離ではありませんが、
二つの比率は「1:1.975…」
このくらい数字だったら「1:2」を意識してる可能性はあると思います。
「1:2」と言えば
日前から「高野:熊野」の距離が「1:1.971…」で
こちらも「1:2」ぽいかもしれません。
※これに日前→吉野も加えると
微妙に比率が「2」っぽいですが(正確には1.792…)
ちょっと差が大きすぎですね※

伊勢内宮からだと、
→吉野 80.284664km
→高野 108.795208km
→熊野 111.527474km
伊勢の合計は「300.607346km」になりますが、
天河の合計+日前の合計=「249.518166km」なので
天河+日前 : 内宮=「 5:6.022… 」( 4.982…:6 )
ほぼ「5:6」になります。
天河日前:伊勢5:6.jpg

また日前の合計に「天河・吉野・高野・熊野」の
天河四角形を加えると、
165.713953+136.363888=「302.077841km」
伊勢の合計「300.283117km」
誤差0.489…% 久々の小さな誤差です。
画像では緑ライン≒水色ラインになります。
日前天河四角形=伊勢.jpg

天河四角形が出てきたので、
日前神宮でも四角形を作ってみます。
「日前・吉野・高野・熊野」の総距離は「207.530751km」
同じく伊勢内宮の四角形を作ると、
「伊勢・吉野・高野・熊野」が「268.425782km」
3つの四角形の比率は、
「2:3.044…:3.937…」となります。
「3」と「3.044…」の誤差は1.459…%
「4」と「3.937…」は1.603…%と、とても正確ってわけじゃないですが、
「天河四角形 : 日前四角形 : 伊勢四角形 」は
「2 : 3 : 4」を意識してそうです。
単純に「吉野・高野・熊野」トリオと四角形を作るだけで、
こんな比率が生まれるのはちょっと驚きました。
天河日前伊勢2:3:4.jpg



「金神セントラル」って言葉を作ったんですが、
ご存じの方はほぼゼロに近いと思います(まぁ当然なんですが)
このポイントとあちこち結んでみました。

金神セントラル天河日前.jpg
金神セントラルから
→天河大弁財天 192.385380km
→日前神宮    192.536155km
天河と日前は誤差は0.0784…%でかなり小さいです。
前述のように天河・日前は東西に並んでいるので、
三角形のてっぺん、金神セントラルは二社の真北に存在しています。

もうひとつ神社を加えたら、さらに二等辺三角形ができたんですが、
伊勢神宮と関係浅からぬ神社でした。
金神セントラル天河日前瀧原宮.jpg
金神セントラルから
→瀧原宮 192.039504km
三ラインは最大誤差でも0.2586…%と小さい数字です。
と言っても、
良さげな位置にあったからと言って、
なんでもかんでも加えればいいってもんじゃないですよね。
しかし日前・金神セントラル・瀧原の角度を二等分する
方位角「172°23′07.87″」のラインを引いてみると、
天河大弁財天の西側1.37㎞の軌跡です。
金神セントラル日前瀧原宮二等分ライン連結.jpg
三ラインがほぼ同距離、
天河がまるで二等分を意識してるような事から、
「セントラル・日前 天河 瀧原」は
偶然じゃなく意識的な配置と思われ、
瀧原宮も今回の魔方陣に参加できるとみなしました。
※2012/11/8追記
金神セントラルを頂角にした日前神宮の二等辺は、
以前の魔方陣「EQUAL再びの一枚目の神鏡」で紹介していた事を
今更ながら気づきました。
その時は日前神宮と伊勢内宮と結び、
より正確な二等辺にするために日前神宮から5kmほど離れた
和歌浦東照宮と伊勢を結ぶことで説を展開していきました。
しかし今回の二等辺を新たに発表することで、
どちらかの魔方陣が「偶然」あるいは「どちらとも単なる偶然」(笑)
って事になりそうで、情けないような悲しいような気分です。
しかしふたつの魔方陣にはなんらかの「区別」がある
(例えば前回は「出雲」今回は「紀伊」に対応した魔方陣とか)
そう見なして、このまま発表しておきます※


Wikiの「瀧原宮」によれば、
「元伊勢」であり「別宮」でもある唯一の神社らしいです。
元伊勢と呼ばれる場所は20社以上あり、
伊勢神宮のHPでは「別宮とは本家に対する分家の意味」とありました。
地味~な神社ですが、なにか謎を秘めてるのかもしれません。

伊勢内宮、日前神宮、瀧原宮と闇雲にメンバーを増やしてるみたいですが、
ラストにもうひとつ
金神セントラル・伊勢内宮と誤差0.73%の二等辺を作る「山」です。
金神セントラル弥山内宮.jpg
金神セントラルから
→伊勢内宮 196.546398km
→弥山    198.073763km 誤差0.777…%
弥山は天河大弁財天の奥宮です。
「役行者が大峯蔵王権現に先立って勧請され、
最高峰弥山の鎮守として祀られたのが天河大辨財天の創まりです」
と天河神社のHPに説明がありました。
HPにある五十鈴の中心にカーソル(矢印)を重ねると現われるのが、
弥山山頂の奥宮の姿です。
天河大弁財天と関係あるどころか最初の鎮座地なので、
今回加えてもいいんじゃないかと…

伊勢内宮と弥山でもうひとつ、
内宮と天河、弥山をラインを結び、
正確な二等分ライン「250°25′33.46″」を引いてみると、
まるで瀧原宮を目指してるみたいです。
内宮→天河弥山.jpg

拡大してみても
水色の瀧原宮アイコンとほぼ重なるような軌跡を走っていました。
※水色アイコンはGooglemapで「瀧原宮」と鳥居マークで表示されていた座標です。
画像では社殿と水色アイコンはズレているみたいですが、
ここら辺りはearthの3D表示が出てこないので、現時点ではmapの鳥居マークを優先しています※

内宮二等分ライン瀧原宮拡大
そんな不確かな座標でこんなのが出てくるとホントは困るんですが、
少なくても瀧原宮の境内を二等分ラインは通ってるんじゃないかと…



応用もありましたが、
天河・伊勢・日前で同じような事をして
同じような結果を得られました。
二社は太陽神ですが、この結果だと
まるで天河も太陽の属性を持ってるみたいです。
一般的に弁財天は川・芸能の神と言われていますが、
天河大弁財天では数年前(2008年)に、
「日輪弁財天」という秘仏が御開帳されたそうです。
名前だけ見れば「太陽+弁財天」です。
天河も太陽に結びつく要素もあるとすれば、
今回の太陽神魔方陣に参加できる可能性がありそうです。
位置的に言えば「吉野・高野・熊野」と一心同体しつつ
紀伊半島の内側にあるのが「天河の太陽」
両端にあるのが「日前の太陽」「伊勢の太陽」って配置になります。

出口王仁三郎によれば
「役行者・空海は国常立尊の生まれ変わり」らしいです。
三霊地のうち「吉野」「高野」は二人や弟子によって形成されて、
「熊野」も強い関係を持ってると思います。
そして金神セントラルは
「国常立尊(ウシトラの金神)が芦別岳に封じられた」
という王仁三郎の言葉から生まれたポイントです。
それらを考慮すれば、
金神セントラルが三聖地と同じように、
「天河・日前・伊勢」とつながりを持つのは、
そんなにおかしな話じゃないかもしれません。

天河は「三霊地の中心」って言葉から始まった魔方陣ですが、
それにプラスして日前神宮・伊勢内宮などの「太陽神の中心」でもあるんでしょうか。

  「吉野・高野・熊野」&「太陽神」の中心? 『天河』
紀伊半島ライン全部.jpg


テーマ: - ジャンル:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。