TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
10 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 EQUAL「ツイストイコール君の J M C T 歴 史 認 識 」
JMCT.jpg

二本のラインがクロスしています。
4つの角度は「90.567…度」と「89.433…度」
これくらいの角度なら、ほぼ直角に交わってると言えそうです。
でもこれは後で書くことにして、
今回の核心にあたる部分から始めます。

以前発表した「日台中の二等辺魔方陣」は、
いくら誤差が小さくても「そんなのありえね~」と笑われそうな話でしたが、
そんな珍説を補強するようなのが今回の魔方陣です。
(歴史にうといのでトンチンカンな事を書くと思います)

JMCT三ライン.jpg

満州国国務院-台湾総督府 2117.589327km
以前発表した日台中の二等辺魔方陣
明治宮殿-台湾総督府    2107.701571km
明治宮殿-中国紫禁城    2103.960219km
三ラインの最大誤差は0.648…% 最小は0.178…%
四つを結んだ三ラインは、ほぼ同距離って事になります。
そして日本の首都が頂角である「日台中の二等辺三角形」だけでなく、
台湾総督府が頂角の「台日満の二等辺三角形」も存在する

J(日本) M(満州) C(中国) T(台湾)は魔方陣で成り立っていた


不思議ですが、なぜだかそうなっています。
「日台中」は誤差0.178…% 「台日満」は0.469…%の二等辺です。
日満中台二等辺.jpg
頂角(てっぺん)とその他は「主従関係」と勝手に推察しています。
今回の頂角は日本と、当時は日本領だった台湾です。
五族協和の満州や中国ではないので、
この二つは日本が有利な(イニシアチブが取れる)魔方陣かもしれません。



四ポイントができた順番は
紫禁城(1406年改築)
明治宮殿(1888年)
台湾総督府(1919年)
満州国国務院(1936年)です。

最後に完成した満州国国務院によって魔方陣も完成しました。
「満州国」
日本の関東軍が中国東北部の満州と呼ばれたあたりを占領して、
清朝最後の皇帝「愛新覚羅溥儀」をトップに据えて建国した
とWikiにはありました。
「日本の生命線」とか言われた、大事な場所だったようです。
習ったはずですが、ほとんど覚えていませんでした。
満州国.jpg



重要だと思うのは、4つの建物そのものより、
4つの「首都・中心」と言える場所が、
魔方陣を作ってるって事だと思います。
ちなみに、
それぞれのエリアから建物を選んだ理由が茶色の部分です。
でも長ったらしいので読み飛ばしても大丈夫だと思います。
●日台中魔方陣では現在進行形として、
「現・御所」を選択しましたが、
今回は満州国のあった時期の御所
「明治宮殿」(現・新宮殿)にしました。
二つは480mぐらい離れています。

●満州国でポイントしたのは
満州国の首都「新京」にあった「満州国国務院」です。
本来は溥儀の住居をポイントすべきですが、
皇宮として建てられた「同徳殿」には一度も住んでいません。
それでは満州国の象徴とは言えないので、
溥儀でも自由にできなかった国政の最高機関
満州国国務院にしました。 

●中国は「紫禁城」をポイントしました。
満州のあった時代、紫禁城は宮殿ではなく、
博物館になっていました。
しかし中国共産党のシンボル・毛沢東が、
中華人民共和国の建国を宣言した天安門は、
もともと紫禁城の正門でした。
共産党が中国の権力を握った後でも、
結局この建造物を無視できなかった
(新しい中心が作られなかった)ようなので、
満州時代にどんな扱いだったかわかりませんが、
清朝が滅んでからもずっと中心だったと見なし、
ここにしました。

●台湾のポイントは日本が統治のために
台北市に設置した「台湾総督府」で問題ないと思います。


日満・中台拡大.jpg

満州の首都のあった長春(新京)の歴史について
ネットで見つけた文章をこっそりコピペします。
(勝手に引用して申し訳ない)
満州の首都があった新京は現在、吉林省「長春市」になっている。
歴史的に吉林省の中心は吉林で、長春の歴史は浅い。
清代に小さな長春城が設けられたのが始まりで、鉄道建設に因って発展
日本が1905年のポーツマス条約によって、
ロシアから東清鉄道の長春~旅循間の権利を引き継ぎ、
続く北京条約で清の承認を得た(無理矢理)
長春が最終駅になったために、
ロシアが建設していた寛城子駅(長春駅より北西へ5km)とは別に長春駅を建設。
1907年から満鉄は鉄道付属地の買収、翌年から市街地の造成を始めた。
1910年頃までには学校・病院・事務所・社宅・郵便局が竣工、
1914年には長春駅の新駅舎が完成した。
だが1932年までは鉄道関連の建物だけで、
人口も10万人程度の街に過ぎなかったが、
1932年旧満州国が建国され長春が首都となり、
新京となってから急激に発展する。


なんだか複雑ですが、それほど大都市でなかった長春という街を、
日本が発展させて、満州の首都へと導いたのは間違いないようです。



誤差は小数点以下で小さいと思いますが、
もし誤差ゼロの二等辺三角形にしようとすれば、
東京ではこんな感じで誤差ゼロの頂角ラインが通ります。
明治宮殿頂角東京俯瞰.jpg

台湾では台北市をかする事もなく、総督府から14.3kmも離れた軌跡です
台湾総督府頂角俯瞰.jpg
二つは同じ高さからの画像ですが、
東京はともかく、台湾の方はかなりズレています。
誤差的には0.47%なのに、実際の地図では
こんな距離があるのは自分でも驚きました。
ただしラインは2000km以上もあるので、
これも許容範囲と思いたいです。

こんな変化球な魔方陣もありました。
紫禁城から
→中国・台湾セントラル 858.824063km
→満州国国務院      859.725016km  
誤差0.105…%です。
紫禁城満州中台セントラル.jpg
加門さんの「黄金結界」にちょこっと出てきたんですが、
ある土地を押さえるために、三角形にポイントを作って
ラインの中点にラインを下ろすってワザがあるそうです。
※はっきり書いてませんでしたが、それを教えたのは
ここで何度か紹介した「アーリオーン」だと思います。
アーリオーンの本では、
カミのチカラを表す三角形を作り、底辺ラインの中点に
てっぺんの角からラインを下ろすことによって、
神のチカラをヒトの世界に下ろす、とありました。
今回のラインもほぼ中点を目指して下りてます※

そんなマジカルが存在するなら、
台湾・中国セントラルってポイントも重要なのかもしれません。
中国が頂角なので中国が有利かもしれない魔方陣ですね。

日本からのラインをもっと伸ばせば「南京市」です。
台湾・中華民国の“正式な”首都です。
(現在の台北市は臨時の首都らしいです)
南京明治垂線.jpg
現在、南京といえば「南京大虐殺」くらいしかイメージが湧きません。
さっきのアーリオーンの話に基づけば、
日・中・台の三つのチカラが下りてきた(≒集中する?)場所が
日本の汚点、というか弱点に当たるのは、
魔方陣から見ても日本にとってかなりマイナスに思えます。
でもそんな重要なポイントで
「我が国は100%日本に敗北しました」と
世界中に宣伝してる中国の方も大丈夫なんでしょうか



JMCT.jpg
 
ここで最初の「直交ポイント」に戻って、
直交する二本は「明治宮殿-紫禁城ライン」と
「満州国国務院-台湾総督府ライン」でした。
日満中台直交ポイント俯瞰.jpg

4つが直交してたなんて、
ぼくは単純にビックリしましたが、
別に驚かない方が大多数なのは知ってます(笑)
ちょっと興味深いのが満州・台湾ラインは海岸線に来ると、
満州・朝鮮国境とほぼ重なっています。
日満中台直交ポイント中朝国境.jpg
満州時代は朝鮮半島も日本に統治されていました。
ソウルにあった朝鮮総督府もポイントしましたが、
ハッキリ魔方陣と言えるものは現時点では見つけていません。
もしも朝鮮のラインがもともと存在しないなら、
まるで国境を意識するように走るラインが満州・朝鮮を切り分けて、
さらにJMCT魔方陣にも朝鮮は参加させない。
それは日本が戦略的(意識的)に、
半島と中華勢力を分離しようとしていた証拠?
こんな仮説も浮かんだりします。



ラストにちょっとした妄想
今回の四ポイントは大まかに見れば東西南北にあります。
JMCT東西南北.jpg

にあるのは「東京」です。

にあるのは台湾ですが、
さっき書いたように正式な首都は「南京」です。
台湾にいながら南京に対して、一種のマーキング?をしてるみたいです。
現在の台北市をニューヨークならぬ「ニュー南京」と考えれば
ここも南が成り立っています(ってかなり強引ですが、笑)

にあったのは満州国ですが、
Wikiの「満洲の呼称」を読んだら、
五行説の「水」徳を意識して、
民族名および王朝名である「満」「洲」「清」いずれもさんずいの字が選ばれた。
と書いてありました。五行で「水」を表すのは「北」なので、
これもかなり無理ありますが、成り立ってるような、いないような。

・東西ラインと南北ラインが、かなり正確に直交してる
・他の三方位がイチオウ成り立っている
って事になると中国の首都の名前は北京じゃなくて
「東京」の西にある「西京」?
首都の方位が変換・無効化されているのなら、
現在の中国にもそれなりの影響(ダメージ?)をあたえてるのかな?
なんてキツイ妄想をしています。その地図の中央で咲く花は、
北朝鮮・中国の国境の海にあって陸地ではありません。
(皇祖神アマテラスが「海照らす」の意味もある事を考えると意外と面白いかも…)



今回の魔方陣が存在するなら、
さりげなく作られたんじゃなくて、
多くの血が流れた結果、完成したはずですが、
永続する可能性がもともとあったのか、僕の知識ではわかりません
たとえ過去の遺物になっても、人々の記憶にずっと残ってたら、
マジカル的な影響も継続するなんて事はあるんでしょうか。

暗記だらけの歴史の時間は好きじゃなかったし、
この時代にもそれほど興味はありません。
なのにこんな事を発表するのはこっぱずかしいですが、
誤差も小さいし、直交ラインも面白いと思ったんで書きました。
もしも授業でこんな裏話を教えてもらえたら、
歴史にも興味わいただろうな…とか思いますが、
公表される資料に残っていない(残すはずの無い)
魔方陣のような事例が、教科書に載るなんて
未来永劫ありえないのはもちろん承知しております。

「先生! 日満中台は魔方陣で成り立ってます!!」
「ツイストイコール君、そんなの覚えてもテストには出ないのよ」
「・・・」
JMCT2.jpg


テーマ: - ジャンル: