TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 EQUAL「くにたまほんがんじランド」
最初、第3ブログに載せましたが、
評判が良いようなのでこっちにも同じ記事を載せます。

築地本願寺の真西にある神社がありました。
「大國魂神社」です。

築地大國魂東西ライン.jpg
Wikiによれば武蔵国の「総社」で六社を合祀しており
特に格式の高い「東京五社」の一つだそうです。
寺社はあちこちにあるので単なる偶然かもしれませんが、
ちょっくら調べてみました。
二つを拡大
同緯度アイコン東西ライン築地大國魂.jpg
2つの緯度は「35°39'59.36"」「35°40'2.50"」
差は「00°00'03.14"」距離的には約100mズレです。
(2つは26.6km離れている)
オレンジラインは大國魂神社から90度になるライン
大國魂神社の正確な「真東ライン」になります。
青いラインは築地本願寺から270度になる「真西ライン」です。
黄色い同緯度アイコンよりオレンジラインの方が内側に走っています。
浅草近くから引越してきた本願寺ですが、
この位置に決めた(幕府に決められた)のは同緯度よりも、
「大國魂神社の真東」を意図しての事だったしれません。
江戸時代には本堂がもっと巨大だったそうなので、
真東ラインに本願寺が引っかかってたかもしれません。

次に誤差0.74%の二等辺魔方陣です。
氷川築地大國魂776.jpg
氷川大社から
→大國魂神社 30.858617km
→築地本願寺 30.631539km
これに大國魂神社-築地本願寺 26.554421kmを加えると
三つの比率は「 6.9725… : 6.9212… : 6 」
ほぼ「7:7:6」になっています。

氷川大社は頂角(てっぺん)に位置することになります。
さらに底辺の2つがほぼ同緯度なので、
頂角はかなり正確に真北を向くことになります。
勝手な持論で
「頂角とその他の角は上下関係がある」
と思っているんですが、今回はさらに、
「真北を向いている」「7:7:6」と
かなり計算された配置になっています。
「氷川大社>今回の2寺院を完全に成り立たせたい」
そんな意志を感じるような。

こんな想像(妄想)が浮かんだのは二つの神社の“履歴”のためです。
現在は武蔵一宮を名乗っている氷川大社ですが、
武蔵国の総社である“大國魂神社”では三之宮に祭られています。
この事から氷川大社は武蔵三宮から一宮へ
ランクアップしたんじゃないか?って説もあるそうです。
その氷川大社も本願寺があそこに出来たおかげで、
武蔵の総社である大國魂神社を従えてるような関係です。
「これで名実ともに武蔵一宮になれた」?

さらに大國魂神社の境内地はもともと武蔵国の国府だったそうです。
すでに国府は無くなったとしても、この神社が
「西の朝廷の権威を象徴してるポイント」と、
もしも見なされれば、
東の武家政権である徳川が
魔方陣的に氷川を持ち上げる事で、
自動的に大國魂神社の格下げを目論む事は、
ありえるんじゃないかと

本願寺と大國魂神社の関係はよくわかりませんが、
本願寺と「國魂」は関係あるような無いような…
「石山本願寺」は現在の大阪城の位置にありましたが、
もともとそこにあったのは「生國魂神社」という神社でした。
その神社をわざわざ隣にどかして、
そこに本願寺の本堂を建立したと言われています。
とてもアヤシゲな行為をしてますよね。
名前は似てますが「生國魂神社」と「大國魂神社」は、
祭神も違うので全くの同系列とは言えません。
神社の移設もそのポイントが色んな意味で
良さそうな位置だったから、それだけかもしれません。
しかし「国魂信仰」というものがあるのを知りました。
「土地」ってモノに強く関係ある信仰のようです。
神社名の「國魂」が「国魂信仰」に繋がる可能性が全く無いとは言えません。
もしかしたら本願寺は“国魂”に強い興味を持ってるのかもしれません。
それを直接的な行動で表わしたのが、土地を乗っとった「石山本願寺」?
魔方陣的に表わしたのが、真東に建てた「築地本願寺」??



先に石山本願寺の件を知っていたので、
築地・大国魂神社のラインも
なんかあるのかな?と調べ始めたんですが、
なんかあるんでしょうか。

次に氷川大社の真南ラインです。
出てきたのは全然関係なさそうな超高層ポイントですが。

氷川真南ラインランドマーク拡大.jpg
ラインは隣にある横浜銀行ビルのスレスレを走ってます。
でもホントはランドマークタワーを真南に建てたかった?
とか思ったりしましたが、
他の2つを絡めてみたら面白げな数字が。
ランドマークタワーから
→大國魂神社 27.347447km
→築地本願寺 26.743784km
これに大國魂神社-築地本願寺ラインの
26.554421kmを加えると、
「ランドマーク・築地・大國魂」は、
最大誤差2.986…%の正三角形を描くようです。
(約3%も誤差があるのに「正三角形!」というのも図々しいですが)
正確な正三角形になるポイントはタワーから830mも離れています。
地図で見るとかなり向こうにあるように見えますね…
築地大國魂正三角形.jpg

大國魂神社-築地本願寺ラインは比率を持ってました。
「7:7:6」の「6」です。
さっきの二辺を加えてみると、
「 6 : 6.179… : 6.043… 」

「6.179…」と「6」はさっきの2.986…%の誤差
「6.043…」と「6」の方は0.713…%の小さめの誤差です。
築地・大國魂に氷川大社も加えた
「 7 : 7 : 6 : 6?: 6」
なんて比率は存在するのか!?

氷川大國魂築地ランドマーク7766?6.jpg



ラストは偶然っぽいヤツ

「築地本願寺・氷川大社・大國魂神社」の角度は
「51°10′06.14″」あります。
氷川-築地ラインを軸にして東側に同じ角度になるように
ラインを引いてみたら、
成田山新勝寺がこんな位置に

氷川新勝寺拡大大國魂テンビン.jpg
と言ってもラインから1.07kmも離れていますが。
「築地・氷川・新勝寺」の角度は「52°07′58.59″」で
誤差は1.885…% 思ったより小さいですが、
だからと言って新勝寺が関係あるのか確定は出来ません。
それぞれの履歴を考えれば、
「東国」の武将 平将門を調伏するために
「西」が建てたのが新勝寺ですから、
国府跡にある大國魂神社と釣り合ってるような、無いような…
ちょっと無理めな説ですね。

ここで新勝寺と大國魂神社を結んでみたら
本願寺の一部がラインに引っかかるようにありました。
築地じゃなく「東京本願寺」ですが

大國魂東京本願寺新勝寺.jpg
「大國魂神社-東京本願寺-新勝寺」は一直線みたいです。
拡大すると、
大國魂東京本願寺新勝寺拡大.jpg
緑のラインが新勝寺→大國魂神社の方位角と同じ
「260°24′18.86″ライン」です。
築地と東京本願寺は宗派争いで分かれていますが、
もちろんどちらも本願寺です。
さっきのテンビンはビミョウでしたが、こっちの直線はかなり正確です。
強引な合わせ技で「新勝寺・本願寺・大國魂神社」は、
何らかのつながりとかあるんでしょうか。



最後ついでにランドマークタワーと新勝寺を繋いだんですが、
芋づる式、というより話が別の方向に行っちゃったような。

ラインの延長線にこんなポイントがありました。
ランド新勝寺香取.jpg

拡大してみても、
94kmも離れた香取神宮の本殿そのものを目指してるみたいです。
ランド新勝寺香取拡大.jpg

これに「ランドマークタワー中央あたり→香取神宮本殿」を結んだエメラルドライン
「香取本殿→新勝寺中央あたり→」のピンクラインを加えると、

エメラルドは新勝寺の中央をかすめるように
ランド新勝寺拡大香取拡大三ライン.jpg

ピンクラインもタワーに突っ込むかたちで伸びています。
ランド拡大新勝寺香取三ライン斜め.jpg

世間の常識ではありえないでしょうが、
(このブログ内では)ランドマークタワーは、
「香取神宮→新勝寺」ラインを意識して建てられたようです。
香取神宮と新勝寺
同じ県にある・勇ましいイメージくらいで、
共通点はあまり見当たりません。
それに香取神宮は(本当は)物部系と言われています。
「東夷征伐的側面のあるお寺」
「東国に活路を見出そうとした一族系統の神社」
勝手な思い込みですがあんまり相性良くないような…
残るランドマークタワーですが“三菱”地所の所有で、
もともと三菱重工の造船所のあった土地でした。
「三菱」と「物部」
このブログ的には全く関係ない二つですね(笑)
さらにライン上を詳しく見ると
幕張新都心を横切っていました。
ランド新勝寺香取三ライン幕張メッセ拡大.jpg
この都市も、ランドマークのある「みなとみらい」も
湾岸にあってちょうど東京湾をまたぐように存在してますが…
このラインを補強するため?それともやっぱり全くの偶然?
ランド新勝寺香取三ライン幕張メッセ.jpg

今回、特に興味を引かれたのは
「本願寺」と「国魂」の関係です。
ふたつは宗教的に結びつくんでしょうか?
残念ながら宗教の教義方面は詳しくありませんので、
そっちを置いといて、
大まかにポイントの歴史を見ると、
石山本願寺の跡地は豊臣の大阪城になり、
築地本願寺は徳川幕府の命令で、
もともと海上だった場所を埋め立てて、
そこに建立したそうです。

二つの動きを見ていると、
「国魂」と「最高権力」の間に挟まってるのが
「本願寺」って存在なのかな?って考えも浮かんだりします。


テーマ: - ジャンル:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。