TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 TWIST 「スパスシフィカは大洋にありて真珠の光」 EQUAL
今年もあと1ヶ月ちょっとですね。
去年(2008年)も年末あたりに「アーリオーン」という存在の事を
ちょっとですが紹介しました。
EQUAL「30 60 90」魔方陣
寒くなって雪なんかが降ってくるとアーリオーンが恋しくなるんでしょうか(笑)

今回のタイトル
「スパスシフィカは大洋にありて真珠の光」は
アーリオーンって存在が伝えてきた謎に満ちた預言です。
預言はたくさんあるようですが、各種の知識が必要みたいで
僕には歯が立ちません(笑)
「スパスシフィカ」は
「霊的なる者」「円環の愛」「炎の熱さと暖かさで回転を始める」
「太古よりの言い伝え」「二つの十字の回転によって起こるもの」などなど
色んな言葉で表現されています。
何のことやら謎ですよね。ただしアーリオーンは、
「スパスシフィカはスラウェシ島に浮上する」と暗示してるそうです。
「スラウェシ島」はインドネシア中部にあり、「X」「K」型をした島で、
八割ぐらいが南半球です(赤道直下にある島なんですね)
スラウェシ赤道.jpg
以前の魔方陣を応用するとこの付近まで伸びるラインがあったので、
イチオウ発表してみようかなと…

ユダヤ教・イスラム・カトリック・仏教の最高聖地を結んだ、
TWIST 「2150000000の魔方陣 Ⅰ」 EQUAL
(このブログ内で宣伝しすぎて飽きてる方もいると思いますが、笑)
このオレンジのラインの延長線にスラウェシ島があります。
四大スラウェシ.jpg

それだけでなく「バチカン―ブッダガヤ」の距離を「4」とした時、
ブッダガヤからの距離が「3」になるポイントがこの辺にあるようです。
四大スラウェシ拡大.jpg
スラウェシ島沖(4:3になるポイント)がその位置です。
(計算上の「3」は5111.69261025kmですが、ポイントは「5111.692763km」の位置です)
ラインを色分けするとこうなります。
四大スラウェシ2:4:3.jpg
さっきの四大宗教魔方陣では、
=1:1.992でしたから、ほぼ正確な「1:2」です。
= 4 : 3 なんで、
二つの比率を合わせると、
=2:4:3になります。
(正確には「 2 : 3.984 : 2.988」)

魔方陣がそんなスンバラシイ物か知りませんが、
預言では「浮上」とあったので、
このあたりにスパスシフィカってモノが浮上したら面白いなぁ…
なんて身の程知らずの事を考えてしまいますが、たぶん妄想で終わるんでしょうね。
メッカも繋がったのでエルサレム神殿だけ浮いてる感じですが、
エルサレム神殿―スラウェシ島沖 9909.140446km
バチカン―スラウェシ島沖     11927.282910km
=「5 : 6.018」=「4.985 : 6」
とても「5:6」に近いと思えるので、イチオウ四大宗教に結びつきが出来ました。
四大スラウェシ5:6.jpg

このオレンジラインはさっき「4:3」に分けられていたので「4+3=7」って数字も出てきて、
変則的ですが「五六七がそろってる」と言えばそろってます。
さっきの比率「2:4:3」からも「2+3 2+4 4+3」→「五六七」が出てきます。
(単なる数字遊びって言われても仕方ないですが)
また四大聖地は全部北半球にありましたが、
前述の通りスラウェシ島は半分以上が南半球に属し、4:3ポイントも南半球です。
ここらへんも面白いかもしれません。

「アーリオーン」でググってもあんまり引っかからなくて、
ちょっと寂しいですが、このブログにふさわしく
超変化球でアーリオーンを取り上げてみました。

「スパスシフィカ浮上中?」
スラウェシ島.jpg


テーマ: - ジャンル:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。