TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 EQUAL 三つの御用邸を結びあう神宮
みなさんご存知だと思いますが、

御用邸とは、
天皇や皇族の別荘・別邸。ご静養に用いられている。
現在は那須・葉山・須崎の三か所が存在する。

今回は御用邸の魔方陣です。
いちばん耳にする「那須御用邸」と「伊勢内宮」と結んでみたら、
内宮日光那須.jpg

これが「秘儀!日光挟み撃ち」でしょうか?
ラインは日光東照宮から約150mのところを突っ切ってます。
内宮日光那須日光拡大.jpg
「那須御用邸―日光―伊勢内宮」と言って良いと思いますが、
東照宮以前に日光の土地を仕切ってた「二荒山神社」のすぐ横をラインは通っています。
加門さんによれば天孫系は(徳川の)東照宮を無視する戦略を取ってるそうですが、
それに繋がるとすれば、
「那須御用邸―東照宮じゃない日光―伊勢」を表してるのかも知れません。

その日光東照宮の西側1.8kmに黄色いラインがありますが、
これは「葉山御用邸」真北ラインです。
日光と葉山を結んだ青いラインとほぼ重なっているのが判ると思います。
葉山真北ライン.jpg

日光と葉山御用邸はかなり正確な南北に並んでいます。
葉山→日光東照宮の方位角は0°37′25.16″(10進法で0.624…度)
このブログでは「日米Googleマイクロソフト南北ライン」など、
ライバルがかなり正確な南北に並んだ魔方陣を取り上げてきました。
その場合、必ず後から来た方(挑戦者?)が南側を押さえています。
今回も同様に南側の葉山が後に建てられました。
「葉山は日光を凌駕するための御用邸?」とか考えてしまいますが、どうなんでしょうか。
ここで葉山も“神宮”と結んでみました。古来から伊勢以外で神宮を名乗れた「鹿島神宮」と

鹿島日光葉山.jpg
鹿島神宮→葉山御用邸 123.563319km
鹿島神宮→日光東照宮 127.603962km 
誤差が3.270…%もありますが、日光葉山が南北に並んでるので、
三角自体はほぼ真東に向いていて、
「昇る太陽」東照宮に相応しい魔方陣だと思います。
勝手に解読すれば葉山御用邸を日光と同等の
「昇る太陽」のポイントにするための魔方陣?なんて気がします。
さっきは日光を凌駕、こっちは日光と同等と
なんか推論がゴチャゴチャですが、日光を意識した御用邸なのは間違いないと思います。

三つ目の「須崎御用邸」も“神宮”と結んでみました。
須崎内宮鹿島.jpg
須崎御用邸→伊勢内宮 207.830287km
須崎御用邸→鹿島神宮 208.509995km
こちらの誤差は0.327…% さっきより堂々と(笑)二等辺魔方陣と言えます。
ラインを拡大すると香取神宮がこんな位置にあります。
須崎内宮鹿島香取拡大.jpg
ここで須崎御用邸→香取神宮(本殿)のオレンジラインを引いて、
それを延長させれば
須崎→香取→鹿島拡大.jpg

鹿島神宮の境内が巨大なのでこうなりますが、
「須崎→香取神宮(本殿)→鹿島神宮(要石)」ってラインも存在しそうです。
須崎→香取→鹿島中俯瞰.jpg

二等辺ラインとほぼイコールの「須崎―香取―鹿島」ライン
須崎→香取→鹿島.jpg



二つの神宮と二つの御用邸を結んでみると、
こんな「角度」も発見
内宮鹿島那須須崎三つの同角.jpg
伊勢内宮からの方位角
那須御用邸  44°39′59.42″
鹿島神宮   63°36′13.95″
須崎御用邸  82°49′02.22″なので、
「那須・内宮・鹿島」は「18°56′14.53″」(10進法は18.937…度)
「須崎・内宮・鹿島」は「19°12′48.27″」(19.213…度)
さらに「須崎 内宮 鹿島」は二等辺三角でした。
「須崎・鹿島・内宮」の角度は「19°08′54.07″」(19.148…度)
三つの角度の最大誤差は「1.458…%」 
角度で言えば「1度の1/4くらいの差」しかありません。

正確に二等分する角度「63°44′30.82″」のラインは、
那須内宮須崎二等分.jpg
残念ながら鹿島の境内に引っかかりませんが、このような軌跡です。
かなり鹿島に近いと個人的には思います。
那須内宮須崎二等分鹿島拡大.jpg



今度は距離の面から見ていくと、
鹿島―須崎 208.509995km
内宮―須崎 207.830287km
那須―葉山 206.290030km
この三つはほぼ同距離のようですが、これに、
内宮―那須 417.165940km を加えると、
「0.9997… : 2」 「0.9964… : 2」 「0.9890… : 2」
三ラインと内宮―那須ラインは「1 : 2」の比率のようです。
内宮鹿島御用邸1:2.jpg

またこの三ラインと、
内宮―葉山 275.739113kmとの比率は、
「3.0247… : 4」 「3.0149… : 4」 「2.9925… : 4」
「1 : 2」の他に「3 : 4」の比率も持っているようです。
内宮鹿島御用邸3:4.jpg
内宮から三つの御用邸に伸びるラインは、
全て比率に関わっている事になります。



ラストに再び角度に戻ります。
伊勢鹿島御用邸ウシトラ.jpg

伊勢内宮のほぼウシトラ45度の方角に那須御用邸(日光)があり、
須崎のほぼウシトラに鹿島神宮があるようです。
どちらも1度以内の誤差です。おそらくウシトラ(≒ヒツジサル)を意識した配置だと思われます。

もっと探せば何か見つかりそうですが、
テンションが続きませんでした(笑)
もしかするとPartⅡとかあるかも知れませんが、
探しててイマイチ面白くなかったので、やらないかもしれません(笑)

二つの神宮を結びあう御用邸
御用邸ラインのみ.jpg


テーマ: - ジャンル:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。