TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 EQUAL宇佐神宮・神島の方から来ました
見つけた順番に書いてみます。

宇佐神宮から「神島」に向かってラインを引いてみました。
大本にとって重要地である、あの「神島」です。
宇佐神島ライン俯瞰拡大.jpg

ここでちょこっとクイズです。そのラインの延長線はどこに行き着くでしょう?
???????????????????????????????
答えはこちらです。
宇佐神島ライン京都拡大.jpg
3本のラインは宇佐神宮の本殿から引いてあります。
神島の北端と南端をかすめるライン(紅色)
いつものポイント「神島の中心あたり」を通るムラサキラインですが…
大げさに言えば

「千年の都まるごと」

って感じですよね。
まず「大極殿跡石碑」「紫宸殿跡」ですが、
現在の京都御所に移る前は、ここあたりに都の中心があったらしいです。
太極殿は即位の礼など国家的儀式が行なわれた場所だそうです。
2ヶ所とも正確な位置はわかりませんが、
京都新聞HPの地図を参考にしました。
内裏は「出水通」「下立売通」に引っかかる場所にあって、
そこから「二条城」「大極殿」の位置を見て、
イチオウの位置を決めました。大きくは間違ってないと思います。
京都御所ファースト(笑)は、
「宇佐神宮→神島ライン」の延長線にあった!あった?
次に現在の京都御所ですが「紫宸殿」は残念ながらラインの外ですが、
京都御所中心部は半分以上ライン内に入っています。

宇佐神宮はもともと「皇室第二の宗廟」と言われていたそうで、
御祖先二柱が祭神でもあり、皇族と相性のいい存在です。
そして“魔方陣的に”見ると「日本の都」と縁が深すぎる神社です。
「玉置神社×熊野本宮」&「綾部大本≒綾部九鬼」を中継したり、
「大阪城」を中継したり、それに加えて
「三輪山」「籠神社」「日光東照宮」とまで魔方陣を作って、
江戸城(現 御所)と結びついていました。
こんな前科?があるので「日本の中心となる都」に、
「宇佐神宮」が出てくると、なんとなくアヤシイと思ってしまうわけです…
もしかして京都御所ファースト、京都御所セカンドも「宇佐神宮」を意識していた…?

もうひとつのポイント「神島」は、いろんな魔方陣に登場しましたが、
権力層にはあんまり関わっていません。ただ、
源平の氏神である「厳島神社」「鶴岡八幡宮」を結んだライン上にあり、
ラインをかなり正確に「1:2」に分けます。
(EQUAL「一+二=三神示」と日月源平)
これらの魔方陣が意味あるものなら、
神島は「源平」だけでなく「京都そのもの」にも、
宇佐神宮を通じて結びつく事になります。
ここで「神島」と「日本の都」に注目すると面白い発見が。

神島同緯度.jpg
神島と同じ緯度にポイントしています。
3ヵ所ほど拡大
大阪城平城京東大寺.jpg
「大阪城」と「平城京第一次大極殿跡」
そして都の中心ではありませんが「東大寺」が、
こんな位置にあります。
これは緯線なので微妙にカーブしていますが、
この程度の短さなら「ほぼ直線」なので、
「神島」→「大阪城」→「平城京の中心」→「東大寺」は、
ほぼライン上ともいえます。

平城京は中心と言える「平城宮」が1/4程度ですが、ライン内にあります。
中央にある「神島中央と同緯度アイコン」を拡大すると
神島アイコン朱雀門.jpg
現在の「朱雀門」にポイントされました。
大極殿跡の真南にポイントしたので、
朱雀門に引っかかってもおかしくないですが、
神島と同緯度にあるのは当然ではありません。
2010年はここへ訪れる方も多いと思いますが、
この門をくぐる時は「神島と同緯度なんだ…」と思い出してください(笑)

「大阪城」は神島の緯度だけでなく、
神島の北端、南端まで意識したような形状になっています。
大阪城の歴史を調べると本願寺の縄張りになる前は、
「生國魂神社」があり、現在の天守閣の位置に社殿があった、
とも言われています。つまりこの神社も神島と同緯度って事です。
「レイライン」として有名な「太陽の道」「御来光の道」も直線ラインじゃなくて、
緯線を指してるようなので、同緯度という事実は意味あるものだと思います。
僭越ながら、このブログでも「イスラエル」「アルメニア」の、
日本における「同緯度ポイント」を探したりしました。

今回の魔方陣の個人的勝手な判断ですが、
「権力の中心」はなぜか「宇佐神宮」と結びつきを持ちたがる様子がある。
「神島」は王仁三郎登場以前は「単なる小島」でしたが、
これを見ると、かなり昔から歴代の権力者が意識してる気配がある?
そう推察しています。

以前巨大掲示板に書き込んだんですが、
こんな引き算面白くないですか?

「1331-794=537」
「1868-1331=537」
「794年」=「鳴くよウグイス平安京」で「京都御所ファースト」の誕生した年
「1331年」=この年に光厳天皇が「土御門東洞院殿」を居所と定める。
つまり御所の移動によって、現在まで存続している「京都御所セカンド」の誕生した年
「1868年」=この年の10月23日(旧9月8日) 明治改元


これを見ると光厳天皇がもうちょっとがんばったら、
現在の首都はまだ京都にあったかも?
と意味無い妄想が浮かんじゃったんですが…
まぁ「いまさら」って話ですが


テーマ: - ジャンル:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。