TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 EQUAL紫禁城は傾いているか
紫禁城拡大.jpg

傾いてますよね…
別にGoogleが意地悪してるんじゃなくて、
実際、紫禁城や南にある政府機関は東西南北が微妙にズレてるそうです。
(真北が上に来るように設定しました。水色ラインは正確な南北ラインのはずです。
下のほうで説明しています)
建物自体はきれいな長方形でちゃんと直角をとってるようです。
ここより古い都(西安とか)でも、もっと方位が正確なのにナゼなんだ?
いろんな説があるそうで、面白かったのは、
モンゴル系の「元」に支配される事が気に食わなかった漢民族が、
ワザとズラして建てたって説です。
でも「元」自体が、正確に方角を測る術を持っていたらしいので、これは違うらしいです。
僕の勝手な想像では「紫禁城」は日本でいえば「皇居」のような、
国家の象徴的建物だと思ってます。実際、権力を行使するのは
南側に集まる人間たちで、紫禁城はただのシンボルでしかありません。
でも呪術的世界では中心、つまり「中華セントラル」と考えています。
そんな大事な大事な場所がズレてる理由は、僕にはわかりませんが、
ちょっと面白い発見が、

紫禁城公園.jpg

北京には日壇公園(東)、月壇公園(西)、天壇公園(南)、地壇公園(北)があって、
もともと、皇帝が祈りを捧げていた場所が、現在は公園となり、
「庶民の憩いの場所になっています」とネットの記事を丸写し(笑)
とてもキレイに整備された公園、なんとなく庶民風味の公園など、
様々な4つが紫禁城を中心に存在するそうですが、
       やっぱりズレてます。
でも東西軸の方位角は「91°39′36.73″」 南北軸は「2°02′24.90″」
単純計算で89°36′72.83″10進法で「89.62027度」になります。
かなり正確に直角交差してます。
そして東西軸は紫禁城に引っかかっていませんが、目の前スレスレを通っています。
紫禁城拡大東西.jpg
さきほど「南北軸は2°02′24.90″」と書きました。
つまり真北から「2°02′24.90″」東側に傾いてるわけですが、
紫禁城に伸びる直線の道は357°50′37.70″の方位角です。
つまり真北から「2°09′22.30″」西側に傾いています。
角度の感覚がつかみにくいですが、角度の1度も小さな値です。
それが小数点以下の0.07度の誤差って事は、
かなり小さな誤差で、ほとんど同じと言ってもいいと思います。
つまり「東と西に同じ分だけ傾いてる」ので、
イコール、2つの角度の真ん中が、「正しい東西南北」になります。
これらから浮かんできた結果が、
「紫禁城」と「天・地・日・月」の4つの公園のダブルで正確な東西南北を示してる??
つまり方位と言う面から見ると中国セントラル「紫禁城」は、
それ自身では中心になれず半分の権限しか持ってないんじゃないか??
そんな気がするんですが…
これって中国の「五星紅旗」に対応してるみたいで面白いですね。
wikiによると「大きな星は中国共産党の指導力を、
4つの小さな星は労働者・農民・小資産階級・愛国的資本家の
4つの階級を表わす」そうなので、
庶民に開放された公園は4つの小さな星なのかもしれません。
あそこらへんに住んでる人は、
「自分達が“中心”だ」って事に重きを置くらしくて、
「周辺はランクダウンの野蛮人」だと見てるようです。
それに「地方」の「方」は「四方」の「方」につながるらしいので、
東西南北の四方が、庶民を表すって事は意外とありえると思います。
その場合の「庶民」は北京でシティライフを送ってる人じゃなくて、
中央の発展から取り残されたような地方の庶民になるのかもしれません。
ちょっと個人的想像を続ければ、現実世界では共産党絶対国家ですが、
目に見えない呪術世界ではイチオウ「共産党+庶民の皆様で正しい方角に進んでいこう!」
って感じで、庶民をなだめる作戦かもしれません。
権力サイドのそんな空気を読んで、
中国共産党と歩んでいくのが、中国人民の勤めなのです!(笑)

「ニュースは中国共産党から指示に基づいて報道を行っているが、
放送の大部分はドラマとバラエティから成り立っている」と
wikiに書いてある中国中央電視台「CCTV」はこんな感じです。
紫禁城CCCCTV.jpg
赤ラインが2つのCCTVビル。
黄色ラインが紫禁城の直線道路ラインです。
単純計算では「88°50′19.29」で交差してるようです。まぁまぁの直角です。
(建設中の新社屋は86°40′56.99″の方向にある)
CCTVが新社屋に移っても、現在のビルが関連で使われる可能性は高いと思います。
中国共産党の指示に基づいて報道してるTV局は、
「四方の庶民」じゃなくて「紫禁城の」東西南北を意識してるようですね。
ボクのヘッポコ理論では当然の結果でした。

一番上の写真は水色のラインが走ってます。これは紫禁城と同じ経度を結んだライン、
正確な南北ラインと言えるラインです。
これを北に移動させてみると、
紫禁城北 鳥の巣.jpg
とうとう我慢できなくなったのか(笑)紫禁城の真北に、
通称「鳥の巣」と呼ばれる「北京国家体育場」が建設中です。
よく見ると、スタジアムの中央ではありませんが、
「鳥の巣」はスッポリと紫禁城太和殿を包み込みます。
せっかく「共産党+その他の人間」で正確な方向を歩んでいこうとしてたのに、
真北にこんなものを作っていいんでしょうか?
ちょっと思いついたんですが、
これから先、権力のシンボル「紫禁城」の正確な東西南北に、
大規模な建造物が建つようになったら、中国共産党と中国人民との乖離が始まる?
なんて、ヘッポコな未来予想しちゃったりして(笑)

僕はふーすいに詳しくないので「こんなのみんな知ってるよぉ~」的な話かもしれないです。
地球の自転とか公転はブレがあるそうなので、それを考慮したのかもしれないですね。
中国人民は全く関係ないのかも(笑)
得意げに書くのは恥ずかしいのかもしれませんが、ちょっくら書いてみます(笑)


テーマ: - ジャンル:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。