TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 EQUAL「伊豆能売」じゃなくて「伊都能売神諭」
大正五年五月五日辰の年午の月に、火水島《かみじま》の五六七の神を祭らせ、
大正六年六月には肝川の竜神を高天原、竜宮館へ迎へ、
大正七年七月には七十五日の修行が仰せ付けてありたのも…
伊都能売神諭にこんな一説があります。
この中の「六」と「七」に対応するような魔方陣が「EQUAL大正 五 六 七 年」です。
富士鳴門×金神ラインという個人的に勝手に作ったポイントが、基点になっていますが、
(このポイントから「黒住・天理・金光・綾部大本 亀岡大本・錦之宮」を結ぶ魔方陣を
作る事が出来ます。リンク
今回の魔方陣もこれと似ています。あるポイントから「五」「六」「七」の位置に、
前述の「富士鳴門×金神ライン」「神島」「綾部大本」が存在しています。
「七」に対応するのは「綾部大本」なのでツジツマは合っていますが、
「五」にあたる「神島」が「六」になっていたり、ちょっと登場メンバーが強引です。
それは自分でもよくわかっています。こんな強引なのを書くと、
信憑性がますます失われると思いますが、開き直って書いちゃうのさ。
だって王仁三郎が書いたのは「伊豆能売」じゃなくて「伊都能売神諭」なんだから。

志登神社五六七.jpg
福岡県前原市にある「志登神社」から
→富士鳴門×金神ライン 360.278245km
→神島            432.316451km
→綾部大本         500.883629km
3つの比は「 5 : 5.9998… : 6.9513… 」です。
これくらいなら「5:6:7」と言っても良いと思います。

唐突に「志登神社」という神社が登場しましたが、
ここからラインを引いたのは理由があります。
志登神社付近が「伊都国」の有力候補だからです。
伊都国とは?wikiへリンク
近くの遺跡から巨大な銅鏡や多数の副葬品が見つかった事から、
「伊都国がここにあった」のは、ほぼ定説化しています。
こんなブログを見つけました。勝手に引用申し訳ない
「糸島 今宿の古代」(「セッケーノゲンバ」より)

このブログを拝見すると伊都国のマジカル的中心は「志登神社」に思えてきます。
そして王仁三郎が書いたのが「“伊都”能売神諭」です。
古事記に一瞬だけ登場する「イズノメ」は「伊豆能売」で、
それを「伊都能売」に変換したのはたぶん王仁三郎だと思います。
資料がないので真偽はわかりませんが、
大本の元幹部は「伊都能売」を最高神として、
新しい宗教を設立したそうです。ここでも「伊豆能売」ではなくて「伊都能売」です。
もしかしたら「イズノメ」には
「伊豆」の一面もあるけど「伊都」の面も強く持っている?
たった1文字の変換ですが、王仁三郎はそう言ってる様な気がします。
(ここは僕個人のブログなので思う存分「妄想」を書きなぐります、笑)

「伊都」でググると、もうひとつ「伊都」がある事がわかります。
和歌山県“伊都”郡です。この「伊都」地域のマジカル的中心といえば、
やっぱり高野山でしょうか?
「高野山・根本大塔」から
→神島    95.321547km
→肝川    76.653932km
→綾部大本 123.373157km
肝川:神島が「4 : 4.974…」「4:5」っぽい比率です。
これに
→「亀岡大本」  88.765076kmを加えると
亀岡:綾部が「5:6.949…」の比率
(ちなみに高野山奥の院だと、
→綾部大本 122.929524km
→亀岡大本  87.740583km
「 5 : 7.005…」になります)
高野山と「綾部」「亀岡」が魔方陣的に結ばれる!?
そのうえ綾部は「七」の位置!?
ちょっとうれしい発見ですが、残念ながら今回の魔方陣とは関係なさそうです。

伊都郡をよく見てみると「丹生都比売神社」がありました。
わりと有名な神社だと思います。
別称天野大社、日本全国の丹生都比売神を祀る神社の総本社で、
高野山と関係の深い神社。漫画「陰陽師」にも登場しましたよね?
(立ち読みだったんで記憶があいまい、笑)
高野山とこの神社の関係ですが、
「空海は主祭神(第一殿祭神)「丹生都比売大神」から御神領を借りて高野山を作る」
つまりこの神社は「伊都」の地主神と言えそうです。
また丹生都比売大神は天照大神の妹「稚日女尊」とも言われています。
(あれ?この神様って大本に関係してたような?
「若姫君」「若姫岐美」「稚日女」と同じ神様なんでしょうか?)
この神社の第一殿から測ってみます。
→神島    87.852464km
→肝川    70.141548km
→綾部大本 116.874154km
こっちがビンゴみたいです。
丹生都比売神島・肝川・綾部.jpg
こちらも肝川:神島は「4 : 5.010…」で「4:5」っぽいです。
さらにこんな比率もありました。
神島:綾部大本=「3:3.991…」
肝川:綾部大本=「3:4.999…」
残念ながら「五六七」は出てきませんが、
神諭の3ポイントが正確な比率を持ってるのがわかります。
「肝川:綾部大本」は「三五」アナナイの比率です。
そういえば「EQUAL大正 五 六 七 年」では「神島:肝川」が三五の比率でした。
また地図を見れば判るように「丹生都比売神社→肝川→綾部大本」はほぼ一直線。
(実際は肝川とラインは530mくらい離れている)
ちなみに亀岡大本までの距離は83.481788km
「亀岡大本:綾部大本」=「 5 : 6.999979」 
こっちの方が高野山より「5:7」に近いです。
「伊都能売神諭」という面から見ると、
和歌山県の「伊都」のマジカル的中心は、
高野山より丹生都比売神社のような気がします。

「イト」と言う地名はアイヌ語に由来するという説もあります。
だったら今回の魔方陣は全くの偶然です。他にも「イト」の地名はたくさんありますから。
しかし魔方陣の誤差の小ささを見たり、王仁三郎がわざわざ「伊豆能売」を「伊都能売」に
変換した事を考えると、「なにかあるんじゃないか…」と、(たとえば「伊都一族」みたいな)
宇宙で銀河でただひとりそんな事を思ってしまうワタクシ、TWISTEQUALなのでした。


テーマ: - ジャンル:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。