TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 EQUAL大正 五 六 七 年
大正五年五月五日辰の年午の月に、火水島《かみじま》の五六七の神を祭らせ、
大正六年六月には肝川の竜神を高天原、竜宮館へ迎へ、
大正七年七月には七十五日の修行が仰せ付けてありたのも、
皆 神界の昔から定まりた経綸《しぐみ》が実現《あらわ》してあるのじやぞよ。
五六七の神政は大正五六七《みろく》三ケ年の間に、
神界の仕組を現はし、又五年から七年までの間に…

「伊都能売神諭 大正七年十二月二十三日」からの引用です。
ちょっと興味がわいたのでEarthをこねくり回してみましたが、
2/3だけ解けたかも?って感じです。

富士鳴門×神島肝川綾部
個人的に勝手に作ったポイントを何回も使って図々しいですが(笑)
懲りずに登場「富士鳴門×金神ライン」 (富士鳴門×金神ラインとは?)
大正七年の修行は「綾部」で行われたはずなので、
「富士鳴門×金神ライン」と「神島」「肝川龍神」「綾部」を結んでみました。
富士鳴門×金神ラインから
→神島     91.005722km
→肝川龍神 150.196539km
→綾部大本 174.755100km
「神島 : 肝川」の比が「3 : 4.951…」ですが、いまいちピンと来ない結果です。
強いて言えば「三五 アナナイ」かもしれません。
しかし「肝川 : 綾部」の方は「6 : 6.981…」 
ほぼ「6:7」で、神諭の年と旧暦に対応してます。
神島が「5」だったら完璧でしたが、
自分の比率を「3」にする事によって、肝川を「5」にしているようです。
これだとやはり「2/3だけ解けたかも?」です。
今回はこれで終わりと思ったら、肝川龍神がとても面白い位置なのに気づきました。

富士鳴門×肝川拡大綾部亀岡
「富士鳴門×金神ライン」と「亀岡大本」を結んだラインから
200mほど離れた位置に「肝川龍神」はありました。
黄色いラインは170kmあるので、3つはイチオウ一直線を意識した関係かもしれません。

さらに「EQUAL富士鳴門×金神ライン魔方陣」で書いたように、
綾部と亀岡のラインは同距離(誤差0.34%)なので、下のような結果になります。
富士鳴門×金神ラインから
→肝川龍神 150.071367km
→亀岡大本 174.164501km
「6 : 6.958…」 綾部と同じくほぼ「6:7」の比率
富士鳴門×肝川綾部亀岡

これらの事から「何かあるかも…」と思っちゃった わたくしTWISTEQUAL なのでした。
話は変わりますが「肝川龍神」ではちょっとかわいそうな事が起こったらしいです。
ご存じない方は「大国宮 道路 建設」でググってみて下さい。
(肝川龍神は現在は「大国宮」として存続してるらしいです)
上↑の地図で肝川龍神は道路の上にあるようにポイントしてますが、
「山の上にあった」らしいので、Googleストリートビューなどを見て、
ここに決めました。

今回の魔方陣についてちょこっと推理してみました。
大正七年、王仁三郎の修業の後、11月にナオが83歳の生涯を閉じています。
翌八年、大本は亀山城を買収して「王仁三郎の聖地」を造営し始めます。
もしかしたら大本の中心を「綾部」から「亀岡(亀山)」
「ナオ」から「王仁三郎」に移すための仕掛けの一つ?
そんな風に思えてきました。まぁこれが事実でも一銭のトクにもなりませんが(笑)
「肝川なんて経綸に無関係」という声もあるらしいですが、自分のスタンスとしては、
ちょっとでも関わりのあった事柄は全部リンクさせていきたいと思っています。


テーマ: - ジャンル:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。