TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
05 | 2009/06 | 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 TWIST 高野山と比叡山Ⅰ「まるで日月神示」 EQUAL
「天台宗と真言宗」
「対立したとされていた2つの宗派の」
「1200年の歴史の中で初めての公式訪問」

最近(2009年6月15日) そんなニュースがあったみたいです。
なぜか行き来の無かった天台宗と真言宗
比叡山高野山.jpg
そんな2つのシンボル
「比叡山」と「高野山」を結んだだけで、
出るわ出るわの大騒ぎです(笑)
何が出たかというと「まるで日月神示」みたいな魔方陣です。
(角度の計算は10進法と60進法が混じってます。イチオウの目安として。
宗教のポイントは以前使った場所と同じです。以前の魔方陣をご参照ください)
2012/12/4追記
高野山のポイントを変更、比率の魔方陣を追加


見つけた順に
地図を見ていたら高野山の真上(真北)に見慣れたポイントが。
高野亀岡拡大
なぜか今まで気づきませんでしたが、
高野山の中心部と亀岡大本は正確な南北に並んでいたようです。
高野→亀岡の方位角を調べてみると
「 0°04′32.79″」(0.076…度) 
0度が真北なのでほとんどキッカリ「真北」に位置してます。
亀岡大本の場所は、もともと明智光秀のお城だったらしいので、
光秀はこれも考慮してたんでしょうか?
(亀岡大本は魔方陣のPartⅡでも登場します)

高野と亀岡を直接結んだライン(青ライン)と
高野―比叡のムラサキラインを見てたら、
こんなラインを引きたくなりました。
高野綾部亀岡比叡.jpg
緑とムラサキのラインの作る角度を、
青いラインが二等分してるように見えます。
「綾部・高野・亀岡」の角度が「13°37′54.62″」(13.63…度)
「比叡・高野・亀岡」が「13°58′28.69″」( 13.98…度)
誤差は2.52…%くらいで、ふたつの角度は1度の1/3の差しかありません。

さらに高野―亀岡ラインを軸にして緑ラインと対称になるようなライン
青ラインから「13°37′54.62″」東に傾いたラインを引いてみると
高野綾部対称ライン.jpg
比叡山の三つのエリア「東塔」「西塔」「横川」とちょうど寄りそうように
対称ラインが走っていました。
高野綾部対称ライン比叡拡大.jpg
比叡山の縄張りが広大とは言え、
なんとなく二等分を意識してるような。

「高野山―比叡山」のムラサキラインはまだまだ使えます。
まるで日月神示みたいですが、今度は天理教
高野比叡天理錦之宮.jpg
「比叡・高野・天理」が「14°49′12.30″」(14.82…度)
「天理・高野・現錦」が「15°14′54.13″」(15.25…度)
誤差2.89…% 角度的には1度の半分くらいの差です。
こちらも二等分を意識してるような配置です。

大本教の跡を継いだ宗教はいろいろあるようですが、
このブログでは「錦之宮」を採り上げてきました。
高野綾部錦之宮.jpg
高野山から
→綾部大本 123.371779km
→現錦之宮 123.687109km
錦之宮は本来の位置じゃないようですが、
現在地では誤差0.256…%の二等辺でした。
綾部―錦之宮ラインが119.157649kmなので、
最大誤差3.8%ぐらいの正三角形でもあります。

日月神示的に残ってるのは、あと「黒住教」と「金光教」ですが…
高野黒住綾部錦之宮.jpg
「黒住・高野・綾部」が「57°40′29.74″」(57.65…度)
「綾部・高野・現錦」が「58°42′57.67″」(58.72…度)
誤差的には1.81…% 角度的には1度くらいの差
綾部大本と黒住教は「黒住 天理 金光 大本 錦之宮を統べる金神」でも、
金神ライン・金神セントラルを絡めた魔方陣でコンビを組んでました。
金神セント黒住綾部俯瞰拡大

最後に金光教ですが、ちょっと苦労しました。
金光高野亀岡.jpg
角度じゃなくて二等辺ですが、
金光教から
→高野山  183.385968km
→亀岡大本 186.569896km 誤差1.736…% 
3kmぐらいの差ですが根本大塔があるのは高野山の西側で、
東に向かって金剛峯寺、奥の院と広がっていくので、
高野山全体を考えると誤差はもっと小さくなりそうです。
また高野山・亀岡大本は南北に並んでいるので、
かなり正確に真西を向いた二等辺三角形になっています。
その頂角に金光教

2012年12/4追記
2009年に発表したとき、
高野山のポイントを中央辺りにある「金剛峯寺」と
壇上伽藍にある「根本大塔」どっちにしようか迷いました。
結局、金剛峯寺にしたんですが、
空海が堂宇を建てたのは壇上伽藍の辺りらしいので、今回「根本大塔」に変えました。
これから高野山は根本大塔をポイントします。
(壇上伽藍を選択した後、今度は「金堂」と大塔で迷いましたが
“シンボル”っぽい大塔にしました。ふたつの距離は60mほどです)
その結果、丹生都比売神社の二等分は誤差が大きくなりすぎたので、
イチオウの参考としてコッソリ(笑)載せることにします。


「高野山の成り立ち」から導き出した魔方陣
高野山のある土地は狩場明神と丹生明神のモノだったらしいです。
二柱の地主神は現在「丹生都比売神社」に奉られています。
綾部高野金光丹生都比売.jpg 綾部高野金光丹生都比売拡大.jpg
根本大塔ではふたつの角度が誤差9%もありますが、
真言宗の管長が住む金剛峯寺本堂だと
「金光・金剛峯寺・丹生都」が「32°19′52.33″」(32.3312…度)
「丹生都・金剛峯寺・綾部」が「33°01′45.95″」(33.0294…度)
誤差は2.160…%でさっきよりは小さくなりました。
「高野山ビフォーアフター」の赤いラインが、
ウシトラの金神由来の2ポイントの釣り合いを取ってるような、偶然のような。
(丹生都比売神社もPartⅡに登場します)
 

その他の誤差は多少の変動がありましたが、
さほどの影響は無く、十分に魔方陣と見なせると思います。
また2009年には比率の魔方陣は発表していませんでしたが、
今回新たに追加しました。

高野山 比率の魔方陣.jpg
高野山から
→比叡山   98.041416km
→綾部大本 123.371779km
比率は「4:5.035…」(3.973…:5)で「4:5」

→天理ライン 49.351529km
→比叡ライン 98.041416km
「1:1.987…」で「1:2」

白い正三角形と黄色の二等辺を絡めると
高野綾部:高野錦之宮:綾部錦:金光亀岡:金光高野
=「2:2.005…:1.935…:3.025…:2.973…」
ふたつの魔方陣は組み合わさり「2:2:2:3:3」の比率も持っていたようです。

比率の魔方陣は自分でも今ひとつ確信を持てないのですが…
とか言いつつ(笑)今回も発表しました。


今回の魔方陣は最近に無い大ヒットだと自負しています。
思わず「空海魔方陣」ってカテゴリを作っちゃいました(笑)
「ただ単に日月神示に出てくる宗教を高野山に絡めただけ」
と言われる事はしょうがないですが、
もしも今回の魔方陣に真実が含まれてるなら、
スゴイというか恐ろしいのは『空海』その人です。
(日月神示に関係する)代表的な新宗教が出来ることを
1000年の時を超えて自らの聖地が予知していた事になります。
と言うより、
空海経由の流れの現われが、
「黒住」「天理」「金光」「大本」「錦之宮」なのかもしれません。
空海のミナモトに何かあるのか知りませんが、
なんとなく恐ろしい感じがします。
(これって素人が手を出して良いんでしょうか… 笑)
この流れの中では、あの比叡山もポイントのひとつでしかありません。
今回の初訪問でも比叡山のボスの方が高野山を訪れていて、
魔方陣と同じ役割分担に見えました。
おそらく王仁三郎はこの流れを認識していたように思います。
空海の仕事の継続・補強した場面もあったかもしれません。
(それなのに王仁三郎に100%寄りかかることができません。ナゼかしらん)
なにはともあれ「金神セントラル」「富士鳴門×金神ライン」
匹敵するポイントを1200年前に整えていたとは恐ろしい限りです。
もしかしたらもっと隠れてるのかもしれないので、
もうちょっと追求するつもりです。比叡山も何か隠してるかも?
PartⅡも比叡山・高野山のムラサキラインから発見した魔方陣です。
ただしこっちに比べるとインパクト弱め

→空海経由→日月神示のラインたち
空海経由日月神示へ.jpg


スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:

 EQUAL 誰がために多賀大社
天孫降臨した「ニニギの尊」の陵墓ってどこにあるか、ご存知ですか?
ここらしいです。
鹿児島県薩摩川内市にある薩摩国一宮「新田神社」
そこに隣接する「可愛山陵」がニニギの尊の陵墓である、と
明治の初めごろ、宮内庁が指定したそうです。
しかし平安時代の「延喜式」(神社の格付けランキング?)には、
新田神社の「に」の字も無くて、その時代には、
たいして地位は高くなかったようです。
そんな感じの新田神社ですが、
祭神の「ニニギ」はアマテラスの孫なのに、
魔方陣的に見ると「アマテラス直結」というより
「ナギナミ直結」の神社に見えてきます。

多賀イザナギ新田.jpg
赤いアイコンは琵琶湖の隣りにある「多賀大社」
黄色アイコンは淡路島にある「伊弉諾神宮」
どちらもイザナギ・イザナミノミコトが祭られた神社です。
(ただし伊弉諾神宮の方は昭和7年にイザナミを合祀)
そして水色アイコンがニニギの「新田神社」
オレンジラインは
多賀大社→伊弉諾神宮→ その延長ライン
藤色ラインは
新田神社→伊弉諾神宮→ その延長ライン
緑ラインは
新田神社→多賀大社ライン、ですが、
3本のラインはほとんど重なってるので、
1本のラインに見えると思います。
三社を拡大するとこんな感じ
新田イザナギ多賀.jpg
伊弉諾神宮だけ倍率が違います。これ以上拡大できませんが、
藤色ラインから100mくらい離れてるように見えます。
黄色い枠内は多賀大社の境内と思われる範囲です。

まさに「ナギナミ直結」の神社って感じです。
多賀大社の摂社「日向神社」にニニギの尊が祭られてるのも、
このラインを見れば納得できるかも?

さらにこのラインに伊勢神宮を加えると、
新田神社→多賀大社 672.427257km
新田神社→伊勢内宮 667.031115km
誤差0.809…%の二等辺三角形になり、
アマテラスにも折り合いつけた配置になってます。
新田多賀伊勢内宮.jpg
「EQUAL淡路島×琵琶湖」でも書きましたが、
伊弉諾神宮は境内の石碑によると、
冬至・春分・夏至・秋分の日の出・日の入りの方向に
伊勢内宮・藤原京・熊野那智大社・高千穂神社・対馬海神神社
出雲大社・日御碕神社・但馬一宮出石神社・諏訪大社が存在するそうで、
まるで日本神社界の中心に位置するような神社です。
多賀大社・新田神社もこれに参加できるのかもしれません。

もうひとつの発見
新田神社は緯度的に面白い位置にあります。
新田神社霧島神宮エルサレム同緯度.jpg
霧島神宮とほぼ同緯度ですが、
その南に走る青いアイコンのラインは、
「日本エルサレム同緯度魔方陣」で出てきた、
エルサレム神殿と同緯度(北緯31°46'40.95")のアイコンたちです。
霧島神宮はエルサレム神殿より8km北にありますが、
新田神社は5.5km北で、もっと近づくことになります。
霧島神宮だけじゃなく新田神社もエルサレム神殿を意識してる??
そういえば日本神話の「ニニギ」の記述と、
旧約聖書の「ヤコブ」が似てるって話を最近知りました。
そこから「日ユ同祖論」を考察してる方もいるようですが、
僕は「ヤコブって誰?」ってレベルなので(笑)そっちは追求しません。

新田神社がちょうど良い位置にあったから、
偽物なのにニニギの陵墓と言い張ってるのか、それはわかりません。
正真正銘のニニギの尊の陵墓かもしれません。
ただちょっと気になったのは、
藤原氏が編纂した延喜式では無視されてた神社が、
「島津氏の後押し」「明治政府」によって、
ホップ・ステップ・ジャンプとランクアップしていった事です。
(Wikiの「新田神社」の記述)
島津氏の薩摩藩は明治維新にも強く関わってる一族です。
歴史にうといので島津氏と藤原氏が仲悪いのか知りません。
ちょっと調べると仲悪くないみたいですが、
新田神社のランクアップに合わせるように、
「島津氏の勃興」
それに反比例するような「藤原氏の衰退」
それらが同時進行で起こったように思えてきます。
(またまた藤原バッシングしてるみたいですが、悪意はありません)

Wikiの多賀大社を読んで、
こんな歌があった事を知りました。
「お伊勢参らばお多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる」
「お伊勢七度熊野へ三度 お多賀さまへは月参り」
伊勢や熊野まで出てくるようですが、
熊野ゾーンの神社を魔方陣に加えてみました。
(ちょっとコジツケっぽいですが)
多賀イザナギ熊野玉置.jpg
多賀大社→熊野本宮  161.425312km
多賀大社→玉置神社  150.306049km
2つの距離の平均     155.8656805km   
多賀大社→伊弉諾神宮 156.543419km
太字の2つの誤差は0.4348…% 
熊野本宮と玉置神社と言えば、
(宇佐神宮+やんごとなき)÷2=玉置神社×熊野本宮=綾部大本では、
「宇佐神宮」「江戸城」を互い違いに結びつけていましたが、
それに似てるような。

最初の一直線以外はビミョーの連続でした。
しかしナギナミに関係ある土地だから
あの位置に多賀大社に建ったのかは疑問に思えてきました。
もしかしたら魔方陣的に逆算してあの位置に決めたような…
だとしてもそれが神社の価値に影響は与えないと思いますが。


テーマ: - ジャンル:

 TWIST EQUALの「自分なりに解いてみました日月神示 Ⅴ 神器と神宝 partⅡ」
前回の記事
TWIST EQUALの自分なりに解いてみました日月神示 Ⅴ 「神器と神宝」は、
かなりトンチンカンなお話でしたが、
現在、ブログ拍手を22、じゃなくて「二十二」も頂きました。
ありがとうございます。
その方々“だけのために”(笑)
面白い発見をご用意いたしました。
アナナイは「三五」と書くらしいですが、
前回のニギハヤヒの見てる「一二三」(十種の神宝)に「アナナイ」を足してみました。

三六.png
単純に「三」と「五」の玉を加えたら、
「三六」(ミロク)になりました。
「五六七」がホントのミロクとか、悪魔の数字「666」みたいとか、
ご不満はもっともですが、「三」が「六列」の三六になっちょります。

この「三五」と「一二三」は経路で繋ぐと、
三六経路new.png
「三五」の方は 「八つの玉」「九つの経路」で、
ちょこっと「九月八日」をイメージさせる仕上がり。
ニギハヤヒの「一二三」の方は「十個の玉」と「十一の経路」で、
「十一に表裏があるなら二十二」って事で「十と二十二」になりますが、
ちょっと強引すぎる論理だとわれながら思います。
まぁ単なる偶然でしょうが、拍手頂いた方々へ面白い偶然をプレゼント


テーマ: - ジャンル:

 TWISTEQUALの「自分なりに解いてみました日月神示 Ⅴ 神器と神宝」
魔方陣じゃなくて単なる妄想…と言うより、
なんだかワケわかんないような、ひとつの仮説です。

日月神示では、
ヒフミは「一二三」らしいですが、考えてみれば「123」だって
ヒフミですよね。この2つの違いはナンなんでしょうか?
僕の読んだ日月の本には、
神示じゃなくて“解説”の部分に
「一二三と123は表裏の関係である」
と書いてありました。
この「表裏一体」の意味は、よくわかりませんが、
普通に考えれば「一=1」「二=2」「三=3」を表してるように感じます。

それで終わっちゃう話ですが、
ここで勝手に個人的に
「一二三」と「123」の“違い”を考えてみました。

三リンゴ.png

イチオウ リンゴのつもりです。
この絵を文章にすればこうなります。

「リンゴがひとつ、ふたつ、みっつ 全部でみっつのリンゴがあります」

文字を書き換えれば、こんな風になるかもしれません。

「リンゴが1つ、2つ、3つ 全部で三つのリンゴがあります」

こんな事を思った理由は、
「1」「2」「3」は全て 1画 ですが、
「一」「二」「三」は一画 ニ画 三画 と、
それぞれの意味と対応した画数になってたからです。
この関係は「一二三」の時だけ成り立って、
その他の数字ではこうはなりません。
もしこれが全ての数で成り立つとすれば、
「1」だろうが「6」だろうが、あるいは「100000」だろうが、それは「一」であり、
もしもマルで表すと全て「●」
「123」は数の多少じゃなくて、それぞれを区別する為の「背番号」みたいなもの。
対して「一」は「1」 マルで表すと「●」 「六」は「1 2 3 4 5 6」で「●●●●●●」
「一二三」は数の多少を表す、「1」「2」「3」がいくつあるか表示するためのもの。
式で表せば「一=1」「二=12」「三=123」になるんじゃないか、
という仮説を立ててみました。

「一二三」に対する二種類の考え方がこんな感じです。

一二三と123.png

ここでかなり強引ですが、
この二種の考え方を日月神示の「一二三」の解読法の1つだと“仮定”してみます。
そしてそれをもっと押し進めて、
この二つの方法で「一二三」 を変換する事で、
なんと畏れ多くも
「ニニギノミコトの三種の神器」と「ニギハヤヒノミコトの十種の神宝」を表現してみました。



                                            スタートは「一二三」です。
                                            まず表裏一体の変換
                                            次に今回の仮説変換と、
                                            交互に変換してみます。 
ニニギ次元.png
「一」←→「1」に来るとこれで完結しちゃうというか、
「一」と「1」を行ったり来たりです。
(「3」→「一」←→「1」の部分はちょっと三位一体を感じさせるような…?)



こちらもスタートは「一二三」です。
まずは仮説で、次は表裏一体と、
交互に展開してみます。
ニギハヤヒ次元.png
珠の数は「十」以降も
「十」→「十五」→「二十一」→「二十八」→「三十六」→「四十五」→「五十五」
と無限に増えていきます。
(これは「三角数」と同じみたいです)

「一二三」と表裏一体の「123」 それを「一二三」表示した「三」
これが「ニニギの三種の神器」

「一二三」を今回の仮説に変換、再び表裏一体の「一二三」に変換、
さらに仮説の表示に変換した「1 1 12 1 12 123」=「十」
これが「ニギハヤヒの十種の神宝」

ではないのか。

ワケワカラン話かもしれませんが、勝手に続けます(笑)
今回の考えだと、
ニニギの神器は「三種」あるいは「一種」
ニギハヤヒの神宝は、
「十種」どころか、無限に多くなります。
なぜ「三」と「十」で止めたのかは判りませんが、
この変換法は「次元」と近しいようなので次元と絡めてみます。
1・2・3次元の「一二三」はこんな形状になるのかもしれません。
0123次元一二三.png
「三種の神器」は1次元の「一二三」?
「十種の神宝」は3次元の「一二三」?
「六つの珠の一二三」は2次元の「一二三」?
以前の記事で「1+2+3=1×2×3」について書きましたが、
この式の答えも「六」になります。
それに続くもう1つの「六」かもしれません)

もしも次元を結びつけて、
「2次元一二三」を1次元で
「3次元一二三」を2次元で表示できるなら、
こんな感じかもしれません。
3→2 2→1次元.png


この「3次元一二三を2次元表示」を使うとこんな仮説もありうるかも。
十個の玉が空中に浮いてると考えてください。
二神視線2011.png
上下の方向から見ると三つの玉で「ニニギの三種の神器」
前後から見ると十つの玉で「ニギハヤヒの十種の神宝」
そして左右から見ると2次元一二三を一次元表示で表した「一二三」
(これが日月神示の「一二三」?)
「三種の神器」も「十種の神宝」も「日月の一二三」も、
見てる位置、視線の向きが違うだけでおんなじモノ
それが今回の結論です。
(…勢いで続けます、笑)

二神の方向性は、
三種の神器のニニギは2→1次元と進んで
「一←→1」のゼロ次元へ?
(ゼロ次元が存在するのかも知りませんが)
十種の神宝のニギハヤヒは2→3→4次元へと向いてるようです。
これらの仮説から二柱の神の性格付けをしてみると、
ニニギノミコトは物事の源泉、ミナモトを向いて、
一次元を越えて「ゼロ次元」まで目指そうとする神
ニギハヤヒノミコトは三次元どころか、四 五…次元と無限の広がりを表す神
日月神示の神の印 「○のなかに ・ 」で考えると、
中心の「・」を目指すニニギ
「円」から「球」へ、さらにその上を目指すニギハヤヒ
なんて感じだったりして…と宇宙で銀河でひとり妄想しています。
そんな次元の二方向・逆ベクトルを目指す二神に挟まれた位置にいるのが、
僕らノンキな人類なのかもしれません。
(「6」を人間に結び付けてる宗教があるので)

…ワケワカンネですよね(笑)申し訳ない。
自分でもアブナイ人になったみたいで、ヤバイなぁと思ってます。
もしかしたら数学的にトンチンカンな事書いてて、
ただ恥をさらしてるだけなのかもしれません。
それでも最後まで読んでくださった方には感謝します。
それでは…

                 「ニニギノミコト」が見てる「三種の神器」?
 「ニギハヤヒノミコト」が見てる「十種の神宝」?
ニニギ一二三&ニギハヤヒ一二三.png


テーマ: - ジャンル:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。