TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
01 | 2009/02 | 03
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 EQUAL南米のキリスト×2150000000の魔方陣
コルコバードのキリスト像ライン無し.jpg
「南米のキリスト」とは、
ブラジル リオデジャネイロのどっかの丘の上に立ってる巨大なキリスト像のことです。
正確には「コルコバードのキリスト像」と言うそうで、
1931年にブラジル独立100周年を記念して建てられた、
高さ30メートル、左右28メートルの巨大な像です。

まずこのキリスト像と四大宗教(ユダヤ教・仏教・キリスト教・イスラム)を結んでみました。
コルコバードのキリスト像+四大宗教.jpg

ブラジルのキリストさまから
→バチカン    9182.427768km ( 白いライン)
→エルサレム  10309.115173km ( 水色のライン)
→メッカ     10250.947977km ( ピンクのライン)
→ブッダガヤ  14781.499358km ( 藤色のライン)

次に「2150000000の魔方陣」に出てきた数値がこれです。
 青いライン   4904.248.231km
 赤いライン    1234.738.123km
 緑のライン    2311.491.879km
 オレンジライン 6815.590.147km
 むらさきライン 4622.295.844km
 黄色ライン   3421.269.605km

10つの数値を組み合わせると、
=1 : 3.9725…
 1 : 3.0140…
  誤差0.567…%の二等辺
まず最初の比率は「バチカン」から「エルサレム」 バチカンから「ブラジル」
次の比率は「ブッダガヤ」から「エルサレム」 「ブッダガヤ」から「エルサレム」
3つ目は「ブラジル」「エルサレム」「メッカ」の二等辺三角形です。
四大宗教全部に関わっています。また「2150000000の魔方陣」で書いたとおり、 
四大宗教を結んだ6本のラインも、下記のような正確な比率を持っているので、
=1:3.972 
=1:1.9997
=1:1.992 
=1:2.949
=2:2.960 
今回のブラジルからの4本のラインも、その比率に参加できます。
= 1 : 3.972 : 11.971
= 1 : 1.9997 : 2.949 : 3.9725 
= 2 :2.960 : 7.9450 って感じです。
キリスト像からの4本の比率はあるような無いような感じです。
「四大宗教魔方陣」に連結する方が重要視されてるのかもしれません。
コルコバードのキリスト像+四大宗教比率あり.jpg
ちなみに像の向いてる方向はブッダガヤの方ですが、
ちょっとズレてるみたいです。
そんな遠くじゃなくて、街を見下ろしてるのかもしれません。
コルコバードのキリスト像拡大.jpg

この巨大なキリスト像は、
“たまたま”南米ブラジルの「リオデジャネイロ」が発展して、
“たまたま”その都市を一望できる高い丘があったので、
“たまたま”独立100周年を記念して建てられたはずです。
それ以外の理由は無いはずですが、
「2150000000の魔方陣」にリンクできるのがわかると、
ちょっと怪しい匂いがしてきます…(極めて個人的に、笑)
この像のある「リオデジャネイロ」自体も、
計画的に作られたように思えてしまいます。
なぜなら宗教以外に「都」というククリでも、
西洋社会は結びついてる形跡があるからです。
「エルサレム」や「ワシントン」「EU本部」「○○○○○」が、
意識的配置なんじゃないか??と思える魔方陣がありました。
※ここでちゃっかり宣伝を…(笑)
PLUS「救世主のハープ Ⅱ」です。
ナゾの施設「HAARP」が登場しますが、
HAARP以外にも魔方陣的結びつきがあるようです※

もしかしたら、
西洋の歴史は「比率魔方陣」に導かれている?
そのラインは南米まで伸びて、
南米でもイニシアティブを握ろうとした…?
ブラジルと西洋社会の結びつける魔方陣が見つかれば、
それがはっきりするかもしれません。

「コルコバードのキリスト像ラインあり.jpg」
コルコバードのキリスト像.jpg


スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:

 EQUAL「熊野から?熊野に向かって?伸びるライン」
熊野玉置三本俯瞰.jpg
ライン一本です。
(実際は何本も重なってるんだけど)
タイトルどおり、熊野の聖地
「熊野本宮大社」から「玉置神社」に向かってラインを引いてみました。
(本宮大社は大斎原をポイントしました。
洪水が無ければ、まだここにあったはずだからです)
東北に向かって延長させると、
このブログ的に興味深い場所が近くにありました。
錦之宮がもともとあったらしい「ジャックニクラウスゴルフ場」と、
「現 錦之宮」がこんな位置に
熊野玉置錦之宮.jpg
ライン上の青いアイコンは「熊野→玉置」と同じ方位角なので、
このラインはかなり正確な一直線になってるはずです。
このあとに出てくるアイコンも同じです。
「玉置神社&熊野本宮大社」のコンビは、
「宇佐神宮」と「御所(江戸城)」を結びつける
魔方陣に出てきました。
EQUAL(宇佐神宮+やんごとなき)÷2=玉置神社×熊野本宮=綾部大本
それによって「綾部大本」の成り立ちの一端を見つけた
(かもしれない)と勝手に自負しています。
それよりもっとダイレクトに、
「玉置神社&熊野本宮大社」コンビと「錦之宮」と結ぶのが、
この直線魔方陣かもしれません。
祭神的には「スサノオ→国常立尊→錦之宮の神(大国常立大神?)」です。

面白いのは、このラインをもっと東北に延長させると…
熊野玉置位山.jpg
位山山頂から西側490mをラインは通ります。
ちょっと「離れすぎ」なのは否めませんが、
位山は「国常立尊」が祭られた、数少ないポイントです。

そこで逆に「位山山頂」から熊野方向にラインを引いてみました。
ムラサキラインが「位山→玉置神社」
緑のラインが「位山→熊野本宮大社」です。
熊野玉置位山錦之宮.jpg
ますます錦之宮に近づきました。「現 錦之宮」はライン上って感じです。
熊野玉置位山錦之宮拡大.jpg
魔方陣的にラインだけ見れば、現在地の方が良さげに見えますが…?

ムラサキと緑のラインは
「玉置神社」「熊野本宮大社」に来ると、こんな軌跡を描きます。
熊野玉置拡大.jpg
ムラサキの「位山→玉置神社→」のラインは、
熊野本宮大社の境内(大斎原)の内側を走ってるようです。
位山玉置熊野熊野俯瞰.jpg

「位山→玉置神社→熊野本宮大社」は一直線?
こんな事が起きる理由は、
「熊野本宮」と「玉置神社」は11kmくらいの近さなのに、
位山までの距離は260km以上あって、ずっと遠いからです。
熊野玉置二本俯瞰.jpg
しかしこれらの結果から、
「位山」が最初にポイントされた地点で、
そこを起点にして「玉置神社」「熊野本宮大社」が配置された?

と考える事は出来ないでしょうか。
「神武に位を授けた」って伝説があるくらいなので、
「玉置神社」「熊野本宮大社」より歴史が古いと考える事も可能です。
もしかしたら位山の国常立尊が、本体の「大国常立大神」?
そして「位山→(錦之宮)→玉置神社」の延長線に、
「熊野本宮大社」があるって事は、「国常立尊」と「スサノオ」の連続性、
それプラス「上下関係」も表してる??
なんて考えはちょっと妄想がすぎるでしょうか。
※ ちなみに距離的には、現 錦之宮から
→位山山頂 129.345262km
→玉置神社 136.142198km
→熊野本宮 147.484339km 
「7 : 7.982…」「12 : 12.9997…」「19 : 19.998…」
「7:8」「12:13」とか「19:20」
なんともビミョーな数字ですが、3つの比率が出てきました。
でも偶然の比率かもしれません ※

ゴルフ場になる前は、どの辺りに「錦之宮」があったか知りませんが、
単純に考えて、もっとゴルフ場の近くに移動できなかったんでしょうか。
まるでラインの存在を知ってて、(=国常立尊を意識して)
現在地に決めたみたいだなぁ…なんて勘ぐっちゃいます。
もしも「神のお告げ」で、この地に決めたとか言うのなら、
錦之宮の神も魔方陣を利用してる、なんて妄想しちゃいますが…
実際はどうだかわかりません。


テーマ: - ジャンル:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。