TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
09 | 2008/10 | 11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 EQUAL小ネタ「 や ん ご と す こ い 」
いつもと違って、短くて読みやすいです(笑)
やんごと系の「小ネタ」魔方陣です。
ライン一本です。
久々登場の「東宮御所」と、
日本の「国技」の「国技館」を結んでみました。
ライン上にビックリというか、納得というべきか、

御所東宮国技館.jpg

「御所」
一族の絆が国技を通じて繋がってるような魔方陣です。
御所→東のやんごと 2200.824m 
御所→国技館     4321.051m 比率は「1:1.9634…」
「1 : 2」にかなり近い比率です。
ライン上を見ても、それほど面白そうなポイントは無いです。
ただ「半蔵門」はラインを意識してるみたいです。
御所東宮国技館半蔵門.jpg
たしか弟御一家などは別の門から、
東の御一家だけが、この門から邸内に入ってたと記憶しています。

建物全体を結んでみるとこんな感じ。
東宮御所国技館拡大.jpg
東宮御所は建物の向きまで国技館に合わせています。
この3つで一番新しいのは、
平成になって出来た「御所」です。
「東京魔方陣」によると、このポイントは武蔵野最大の魔方陣につながるそうです。
もともとここに移ってくる予定で、
その露払いで他の2個所が先に作られていた、
という考えはそんなにおかしくないと思います。
この魔方陣を考慮しつつ、2008年10月の状況を眺めてみると、
東宮御所は立替中。相撲界も大揺れですが、
これも一種の浄化作用かも?なんて想像も浮かんできます。

ここから日記
今年2008年の8月頃、ひとつも魔方陣が発見できませんでした。
ブログもほったらかしでしたが、1ヶ月更新がないと、
ブログの最初に広告が出てくるんですね。知りませんでした。
よそのブログ訪問して、これ系の広告見ると、
「ここって過疎ってる?」って気持ちになっちゃいます。
去年の年末から今年の初頭は、怒涛の発見ラッシュだったので、
これらを小出しにしていけば、5年くらいはこんな広告は出なかったはずです。
失敗しました…(笑)
定期的に更新すればいいだけですが、
発見頻度が落ちてきてるんで困ってしまいます。
今回の魔方陣は「小ネタ」ですが、こんなあんまりインパクトの無い魔方陣を
チョコチョコ貯めています。
「過疎ってる広告」はやっぱり見たくないので。
現在は「小ネタ」でも今後の展開によっては重要になるかも、
でも大急ぎで発表しなくてもいいかな、って魔方陣です。
そのあいだにもっとインパクトのあるヤツを発見したいですが、
無尽蔵に存在するわけじゃないので、いつかはネタ切れがやってくるんでしょうね。
そうなったら写真ブログとかに変えちゃおうっかな♪


スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:

 TWIST 「GEKUU IN TOKYO」 EQUAL
英語にすりゃカッコ良くなるかと思いましたが
大してなりませんでした。
(外国語にしたのには、もうひとつワケがあります)

タイトルどおり「東京の外宮」です。
伊勢の神宮
伊勢内宮外宮.jpg
これを東京にスライドさせてみました。
伊勢と東京は緯度が違うので、意味あることなのかわかりません。
とりあえずやってみました。

八咫鏡(レプリカ)がここにあるので、
「東京の伊勢内宮」は「宮中三殿」だと思います。
伊勢内宮から4.115779km 方位角「330°17′47.62″」に伊勢外宮はあります。
それにあわせて伊勢の外宮を東京にスライド
東京内宮外宮.jpg
同じ高さからの地図です。外宮ポイントを拡大。

東京外宮拡大.jpg
ただしこのポイントは4.115926km(伊勢より14.7センチ長い)
方位角は330°17′46.71″(位置的ズレは、さほど無い模様)
たぶん文京区の中高一貫校のグラウンドだと思います。
何にもない広場で、肩透かしって感じですが、
ちょっとだけ俯瞰すると
大聖堂東京外宮.jpg

「なんじゃこりゃ?」

単純に驚きました。
横から見てもこんな形状です。
東京カテドラル聖マリア大聖堂.jpg

「東京カテドラル聖マリア大聖堂」
文京区関口にある大聖堂です。
縦60m×横45mの巨大な十字架が、
外宮ポイントに向かって建ってるみたいです。
(Earthの写真と実際の位置は微妙にズレてるようですが、
東京は写真の位置も、ある程度正確なようです)
これがある関口教会は1920年から「東京大司教区」で、
東京のカトリック教会を束ねる立場にあります。
また東京教会管区(横浜、東京、さいたま、新潟、仙台、札幌)の
6つの司教区の中心としての役割も担っています。
くわしくないのではっきり言えませんが、
「日本カトリックの総本山?」「日本のバチカン?」
こんな重要な建物が外宮ポイントの目の前にあります。
おそらく偶然じゃなくて意識的だと個人的には思います。
測定してみると、
宮中三殿から「4.173710km」
方位角「329°32′18.18″」に大聖堂はあります。
外宮とは長さの誤差1.4039% 角度の誤差0.2300%になります。
意外と小さい誤差なので、
「外宮の位置に大聖堂」と言っていいかもしれません。
同じ高さからの画像です。
外宮東京伊勢比較.jpg
外宮の境内、というより本殿のすぐ隣りに大聖堂があります。
式年遷宮後、西側に社殿が移っても境内の中だと思います。
ポイントのある学校の校舎も神社の森に含まれそうです。
この学校は明治時代から、ここにあったので、
正確なポイントに大聖堂が建てられなかったのかもしれません。
「ドイツ語とドイツ文化の摂取」という目的で作られた学校で、
系列大学もありますが、最初に出来たのはこの中学校です。
日本の重要な神様なのに、ナゼだか
「カトリック」や「ドイツ」とか「海外」に彩られてますね。
また外宮&キリスト教と言えば、
「外宮の神=天之御中主神」という説が浮かんできます。
(天之御中主神=キリスト教の唯一神、とはハッキリ言いがたいですが)
“マリア”大聖堂って事は「豊受大御神=イエスを産んだマリアさま?」
いろいろ妄想が浮かんできます。
また「三殿→外宮ポイント」ラインの上には…
三殿御所外宮ポイント.jpg


ラストにいつものように正三角形を作ってみました。
東京伊勢正三角形俯瞰.jpg
上が真北です。
第3点は内宮の真西(正確には270°17′47.19″)にあります。
まるで東西南北を意識してるみたいです。
次に正三角形って事で重心を求めてみました。
重心があったのは防衛省でした (正確な重心は建設中の建物の一角)
防衛省.jpg
元は陸軍士官学校、大本営陸軍部、陸軍省だった場所で、
東京裁判、三島由紀夫の自決も、ここであったそうです。
斜めから見るとこんな感じ。
東京内宮から.jpg

東京外宮から.jpg
しかし敷地が広すぎるので「重心は防衛省に含まれる」って状態です。
ちなみに伊勢神宮の正三角形の重心は普通の住宅地みたいで、
特別なものはありませんでした。という事は単なる偶然かな…

正三角形の「第3点」についても、自分なりの推理が浮かびました。
しかし発想がちょっと飛躍しすぎてるので、
もうひとつのブログ
●PLUSWORLD●●くるくるエイジア●の
「PLUS GEKUU IN TOKYO」に続きを書きます。
自分としては確信を持ってますが、向こうがあってると思います。

ポイント上に大聖堂があれば、もっとスッキリするんですが。
でも十字架があまりにデカすぎるので、
そのインパクトから「ナニか」を感じちゃって、
こんな長々と(笑)書いた次第です。


テーマ: - ジャンル:

 EQUAL再びの一枚目の神鏡
三種の神器の筆頭「八咫鏡」は、
「伊勢内宮」に祭られてますが、
日本書紀には「二番目に鋳造された鏡」だと書かれてるそうです。
今回の魔方陣は一枚目から二枚目へ、
そして再び援軍を得て一枚目の神鏡に戻ったのかもと思わせる結果でした。

一枚目に作られた鏡は「日前神宮・國懸神宮」に存在してるそうです。
二社が合わせ鏡のように建っています。
加門さんの魔方陣シリーズにも登場した神社で、
日前神宮に「最初の鏡」 國懸神宮には「天日矛」が祭られてる
と、本には書いてました。
しかし神社のHPでもWikiでも、2社に1枚づつ鏡があるように書いてます。
ネットを調べても二説あって、部外者には判断つきません。
そこで確実に鏡がありそうな「日前神宮」を基準にしました。
(二社は140mくらい離れてます)

日前金神内宮.jpg
久々に登場の金神セントラルです。
金神セントラルとは?
(こんな説得力無いポイントで申し訳ないですが、
ここがいろんな魔方陣を作り出すんで…)
金神セントラルから
日前神宮 192.536155km
伊勢内宮 196.546398km 
日前神宮との誤差2.083…% ちょっと大きめな誤差です。
伊勢外宮 192.436231km 
誤差0.052…% こっちはかなり正確な二等辺です。
金神から見ると「日前」「外宮」がつりあっています。
日前は太陽の鏡の神社ですから、
「日前=外宮」だとおかしいですよね…
まだハッキリしないので、次の魔方陣へ
出雲金神日前.jpg
出雲大社から
金神セントラル 266.159517km
日前神宮    264.523685km 誤差0.618…% 
金神セントラルなんて、勝手に作ったアヤシゲなポイントですが、
日前神宮と伊勢・出雲を結び付けてるみたいです。
この神社は出雲とちょっとした関係があって、
現在の鎮座地には元々スサノオの子供たちの神社
「伊太祁曽神社」があったそうです。
出雲=スサノオではありませんが、とても縁の深い地域だと思います。
その「出雲」の象徴として「出雲大社」をチョイスしました。
オオクニヌシ(公式にはスサノオの子孫)の神社でもあるし。

内宮・外宮・出雲大社の3つの二等辺三角形が現れました。
3つには、ちょっと驚きの事実が…
日前金神伊勢出雲.jpg
内宮と外宮は近くにありますから、水色と緑が似てるのは当然です。
でもオレンジまで似てるのはビックリしました。
頂角の角度は
水色   42.915…度
緑     42.979…度
オレンジ 42.555…度 
一番大きい誤差は「内宮・出雲」で0.995…%です。
頂角の角度が同じで二等辺って事は三つは「相似形」です。
ますます「金神セントラル」が、
伊勢・出雲と日前神宮を結び付けてるように思えてきました。

日前神宮の南西5kmに、ある神社があります。
「和歌浦東照宮」です。
日前和歌浦&伊勢内宮.jpg
江戸時代に出来たので、そんなに歴史はありません。
徳川のウラにいた怪僧「天海」が、
超気合い入れて建立したポイントらしいです。

和歌浦金神内宮.jpg 出雲金神和歌浦.jpg
金神セントラルから
→和歌浦東照宮 197.079521km
→伊勢内宮 196.546398km 誤差0.271…%
→伊勢外宮 192.436231km 誤差2.413…%
出雲大社から
→和歌浦東照宮 263.638885km
→金神セントラル266.159517km 誤差0.956…%
伊勢内宮の誤差だけ日前より小さくなっています。
それに反して外宮は大きな誤差になっています。
和歌浦の3つの二等辺三角形
和歌浦金神伊勢出雲.jpg
水色    43.7119…度
緑      43.7747…度
オレンジ  43.6790…度
一番大きい誤差は「外宮・出雲」で0.2190% 日前より全然小さいです。
「内宮・出雲」では0.049…%の誤差でほとんど同じ角度になっています。
伊勢の「内宮」だけ見ると、
誤差的には距離でも角度でも「日前<和歌浦」になっています。
※加門さんの魔方陣シリーズを読んだ方なら、
和歌浦東照宮・伊勢内宮が伏見稲荷と
二等辺魔方陣を作るのを、ご存知だと思います。
和歌浦の建立は伏見稲荷を意識したもので、
金神セントラルなんて関係ないかもしれません。
でも出雲との関係と考えると、ナニか臭います。
また伏見稲荷は金神セントラルと同じ「頂角」に位置しています。
そこから「ナゾの神・イナリ≒金神」と考えるのは短絡的ですが、
これから関連性が出てくる気配はあります ※

「日前神宮・國懸神宮」についての色々な話
① 加門本によると、和歌浦東照宮と國懸神宮 伊太祁曽神社は、
二等辺三角形を作っているそうです。この三社は繋がってる事になります。
② 御神体は鏡ですが、二番目の「伊勢の八咫鏡」がニニギ系列を表していて、
最初の「日前の鏡」はニギハヤヒじゃないか?という説もあるようです
次に「ニギハヤヒ」について
① 「ニニギ」の兄弟ですが、スサノオの子供という説もあるそうです。
ニギハヤヒはナゾの多い神ですが、これもそのひとつです。
以前の魔方陣では日光東照宮が三輪山、籠神社など、
ニギハヤヒのニオイのするポイントと結びついていました。

これらから導き出した個人的推論です。

●もともと「日前神宮」はニギハヤヒの神社だったのに、
いつの間にかそれは隠されてしまった。
そのニギハヤヒ復権のために作られたのが、
魔方陣的に日前神宮と結びついて、
より伊勢内宮(権力のトップ)と正確な二等辺になる
「和歌浦東照宮」だった。
●「内宮の八咫鏡」とつりあう=太陽神?
伊太祁曽神社を通じて「スサノオの子供」とも結びつく。
金神を通じて「出雲」(≒スサノオ?)とも結びつく。
つまり「スサノオの直系の」「出雲の」太陽神がニギハヤヒ?
●今回の魔方陣もニギハヤヒ(≒物部氏?)と「徳川」の
結びつきのひとつかもしれない。

いくら魔方陣魔方陣と言っても、
使ってるのが「金神セントラル」とかいう得体の知れないポイントだと、
説得力も失われます。
しかし大本以前は注目もされなかった「神島」が、
1000年以上絶え間なく魔方陣を構成してきたらしいです。
同じように「金神セントラル」も、いつか誰かに定められる
(おもてに出してもらう)ポイントだったかもしれない。
その誰かが「出口王仁三郎」だった。
そんな考えは都合良すぎる…でしょうか。
「金神セントラル」は意味ありげな魔方陣がいっぱい出てきたので、
偶然のポイントとはとても思えません。
(ちなみに「冠島→沓島→金神セントラル」は、ほぼ一直線です)
「魔方陣は時代を超えてちょっとづつちょっとづつ形成されていく」
そんな考えもありだと思ってる、今日この頃です。

公式文書の日本書紀が伊勢の鏡を二番目と言ってるわけなんで、
一枚目の神鏡は「日前神宮」にあるのかもしれません。 
二枚目は「伊勢内宮」なんでしょう。
そして金神からも出雲からも魔方陣的に正確である「和歌浦東照宮」は、
精度を増して再び蘇った一枚目の鏡?
そんな事を思わせる今回の魔方陣でした。


テーマ: - ジャンル:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。