TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
06 | 2008/07 | 08
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 EQUAL宇佐神宮・神島の方から来ました Part 1 「2」 3 4
(タイトルが Part 1 「2」 3 4 になってますが、
今のところPart3 4…と続く予定はありません)

神島が宇佐神宮と平安京中枢部を結ぶらしい?と前回書きましたが、
もっとなんか無いかと探してみたら、
以前の魔方陣と合わせ技でひとつ発見。

神島→厳島神社  224.160955km
神島→鶴岡八幡宮 447.589867km
「厳島神社 : 鶴岡八幡宮」 =「1:1.9967…」
かなり正確な「1:2」の比率になる。そのうえ、この3つは一直線
それが「源平魔方陣」でした。
今回はこれにもうひとつ追加
神島→宇佐神宮 333.867164km
さっきの比率に加えると、
「1 : 1.4894… : 1.9967…」=「2 : 2.9788… : 3.9935…」
これくらいの誤差だったら「2:3:4」と言ってもいいと思います。
源平魔方陣のときは「誤差の小さすぎる偶然かな?」と書きましたが、
宇佐神宮のこんな比率が出てくると意識的なものを感じずにはいられません。
宇佐神宮は鶴岡八幡宮の祖先・大本になりますが、
神島によってその2つが「2:3」の比率で結ばれる事になります。

「2・3・4」が出てくると、「1」も探してみたくなります。
神島→厳島神社の224.160955kmが「2」だったので1/2にすると
112.0804775kmが「1」の距離になります。
宇佐・鶴岡も同じような事をして、その平均を出すと、
「111.755666…km」が「1」になるようです。
厳島―神島―鶴岡が一直線だったので、
宇佐―神島―「1」もそうなるように計算しました。
「1」のあたるポイントを拡大すると
「1」.jpg
…別に何もなし(笑)
「宇佐→神島の延長線上の ほぼ111.755666…km」は山ん中でした。
しかし!約2kmの位置に「比叡山」と「日吉大社」が!
「1」比叡山・日吉大社.jpg
比叡山も日吉大社も
初登場ですがかなりのオオモノです。
日吉はたくさんの摂社を従えていますが、
偶然か必然か「宇佐宮」もありました。
神島からの距離は、
→比叡山(根本中堂)111.423500km
→日吉大社・宇佐宮 113.316730km
→日吉大社・西本宮 113.272426km
さっきの比率に加えると
比叡山は「0.9941… : 2 : 2.9788… : 3.9935…」
宇佐宮だと「1.0110…」 西本宮では「1.0107…」
2つの平均が「1」?とか都合良すぎますが、
そんな感じです。
「計算上の1」「比叡山」「日吉大社」のラインを一緒に引いてみました。
ほぼ同じ軌跡なので重なっています。
神島「1」比叡山・日吉大社俯瞰.jpg

イチオウ「1:2:3:4」に近い比率が出てきましたが…どんなもんでしょうか?
最終的に出来上がった「神島1234魔方陣」は、こんな感じです。
神島1234.jpg
厳島―神島―鶴岡」と同じように
「宇佐神宮→神島→延暦寺 日吉大社」も一直線のように見えます。
100km以上のラインが2kmズレてるだけなのでそうなります。
それにしても不思議なのが「神島」です。
“魔方陣的には”平安から武士の時代まで途切れる事無く、
宇佐神宮と一緒に宗教面を仕切ってるみたいです。
王仁三郎の高熊山修行では「不二の山の芙蓉坊」ともうひとり、
「男山八幡様の小松林命」が登場するようですが、
男山八幡は宇佐神宮の分家みたいなもんなので、
王仁三郎を通じて「神島」と「八幡神」がつながるといえばつながりますが…

なんとなく浮かんでくる想像なんですが、
王仁三郎の神業が始まったのは明治ですが、それ以前から、
一種の「神業」みたいなモノは綿々と続いていたんじゃないでしょうか。
(その秘密の人々は武家の氏神まで進言できるような立場だった?)
王仁三郎(大本)はその集大成みたいな存在だったのかも、と勝手な妄想をしています。


スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:

 EQUAL宇佐神宮・神島の方から来ました
見つけた順番に書いてみます。

宇佐神宮から「神島」に向かってラインを引いてみました。
大本にとって重要地である、あの「神島」です。
宇佐神島ライン俯瞰拡大.jpg

ここでちょこっとクイズです。そのラインの延長線はどこに行き着くでしょう?
???????????????????????????????
答えはこちらです。
宇佐神島ライン京都拡大.jpg
3本のラインは宇佐神宮の本殿から引いてあります。
神島の北端と南端をかすめるライン(紅色)
いつものポイント「神島の中心あたり」を通るムラサキラインですが…
大げさに言えば

「千年の都まるごと」

って感じですよね。
まず「大極殿跡石碑」「紫宸殿跡」ですが、
現在の京都御所に移る前は、ここあたりに都の中心があったらしいです。
太極殿は即位の礼など国家的儀式が行なわれた場所だそうです。
2ヶ所とも正確な位置はわかりませんが、
京都新聞HPの地図を参考にしました。
内裏は「出水通」「下立売通」に引っかかる場所にあって、
そこから「二条城」「大極殿」の位置を見て、
イチオウの位置を決めました。大きくは間違ってないと思います。
京都御所ファースト(笑)は、
「宇佐神宮→神島ライン」の延長線にあった!あった?
次に現在の京都御所ですが「紫宸殿」は残念ながらラインの外ですが、
京都御所中心部は半分以上ライン内に入っています。

宇佐神宮はもともと「皇室第二の宗廟」と言われていたそうで、
御祖先二柱が祭神でもあり、皇族と相性のいい存在です。
そして“魔方陣的に”見ると「日本の都」と縁が深すぎる神社です。
「玉置神社×熊野本宮」&「綾部大本≒綾部九鬼」を中継したり、
「大阪城」を中継したり、それに加えて
「三輪山」「籠神社」「日光東照宮」とまで魔方陣を作って、
江戸城(現 御所)と結びついていました。
こんな前科?があるので「日本の中心となる都」に、
「宇佐神宮」が出てくると、なんとなくアヤシイと思ってしまうわけです…
もしかして京都御所ファースト、京都御所セカンドも「宇佐神宮」を意識していた…?

もうひとつのポイント「神島」は、いろんな魔方陣に登場しましたが、
権力層にはあんまり関わっていません。ただ、
源平の氏神である「厳島神社」「鶴岡八幡宮」を結んだライン上にあり、
ラインをかなり正確に「1:2」に分けます。
(EQUAL「一+二=三神示」と日月源平)
これらの魔方陣が意味あるものなら、
神島は「源平」だけでなく「京都そのもの」にも、
宇佐神宮を通じて結びつく事になります。
ここで「神島」と「日本の都」に注目すると面白い発見が。

神島同緯度.jpg
神島と同じ緯度にポイントしています。
3ヵ所ほど拡大
大阪城平城京東大寺.jpg
「大阪城」と「平城京第一次大極殿跡」
そして都の中心ではありませんが「東大寺」が、
こんな位置にあります。
これは緯線なので微妙にカーブしていますが、
この程度の短さなら「ほぼ直線」なので、
「神島」→「大阪城」→「平城京の中心」→「東大寺」は、
ほぼライン上ともいえます。

平城京は中心と言える「平城宮」が1/4程度ですが、ライン内にあります。
中央にある「神島中央と同緯度アイコン」を拡大すると
神島アイコン朱雀門.jpg
現在の「朱雀門」にポイントされました。
大極殿跡の真南にポイントしたので、
朱雀門に引っかかってもおかしくないですが、
神島と同緯度にあるのは当然ではありません。
2010年はここへ訪れる方も多いと思いますが、
この門をくぐる時は「神島と同緯度なんだ…」と思い出してください(笑)

「大阪城」は神島の緯度だけでなく、
神島の北端、南端まで意識したような形状になっています。
大阪城の歴史を調べると本願寺の縄張りになる前は、
「生國魂神社」があり、現在の天守閣の位置に社殿があった、
とも言われています。つまりこの神社も神島と同緯度って事です。
「レイライン」として有名な「太陽の道」「御来光の道」も直線ラインじゃなくて、
緯線を指してるようなので、同緯度という事実は意味あるものだと思います。
僭越ながら、このブログでも「イスラエル」「アルメニア」の、
日本における「同緯度ポイント」を探したりしました。

今回の魔方陣の個人的勝手な判断ですが、
「権力の中心」はなぜか「宇佐神宮」と結びつきを持ちたがる様子がある。
「神島」は王仁三郎登場以前は「単なる小島」でしたが、
これを見ると、かなり昔から歴代の権力者が意識してる気配がある?
そう推察しています。

以前巨大掲示板に書き込んだんですが、
こんな引き算面白くないですか?

「1331-794=537」
「1868-1331=537」
「794年」=「鳴くよウグイス平安京」で「京都御所ファースト」の誕生した年
「1331年」=この年に光厳天皇が「土御門東洞院殿」を居所と定める。
つまり御所の移動によって、現在まで存続している「京都御所セカンド」の誕生した年
「1868年」=この年の10月23日(旧9月8日) 明治改元


これを見ると光厳天皇がもうちょっとがんばったら、
現在の首都はまだ京都にあったかも?
と意味無い妄想が浮かんじゃったんですが…
まぁ「いまさら」って話ですが


テーマ: - ジャンル:

 EQUALきらめく「弁財天ネットワーク」
「三大なんとか」は色々ありますが、
「三大弁財天」っていうのもあります。
その3つがはっきり決まってれば良いんですが、

奈良県の天川にある「天河弁財天」
琵琶湖の竹生島にある「竹生島弁財天」
神奈川県江ノ島にある「江ノ島弁財天」
広島県厳島にある「厳島弁財天」

この4つが候補になってます。
これから1つだけ外すのもかわいそうなので、
この四社のつながり、
「弁財天ネットワーク」を探してみました。

弁財天ネットワーク.jpg
ポイントした位置についてです。
「天河」「竹生島」はちょっとアヤフヤですが、
Google mapで鳥居マークのあった位置です。
もともと範囲の広くない場所なので大きな誤差は無いと思います。
「江ノ島」は本来「御窟」という洞窟が一番の聖地のようですが、
今回は「弁財天」に注目しているので、
「辺津宮」「中津宮」「奥津宮」の三社の中から
神仏習合では「市寸島比賣命≒弁財天」との事で、
「中津宮」をポイントしました。
「厳島」は厳島神社の本殿の位置です。
※いちおう座標です。
厳島弁財天   34°17′45.21″ 132°19′12.03″
江ノ島弁財天  35°17′57.91″ 139°28′48.60″
竹生島弁財天  35°25′14.57″ 136°08′38.75″
天河弁財天   34°13′24.01″ 135°50′30.00″
また明治の廃仏毀釈によって、これらの場所は
「弁財天」じゃなくて「イチキシマヒメ」がいらっしゃるわけですが、
まぁかたい事言わずに(笑)今回は「弁財天ネットワーク」って事で。
ラインは菱形か平行四辺形みたいですが、距離をを測るとそうではありません。
江ノ島―天河   353.829322km
天河―厳島    324.438150km
厳島―竹生島  371.259201km
竹生島―江ノ島 303.487610km
しかしラインは意味ありげに色分けしてます。
赤いラインの厳島―竹生島―江ノ島 674.746811km
ムラサキの江ノ島―天河―厳島   678.267472km
2つのラインの誤差は0.522%です。かなり小さい数字ですよね。
これだけでも個人的には驚きましたが、
地図にはもう一本、意味ありげに(笑)黄色いラインが引いてあります。
長さは135.684533km
赤ライン÷黄色ライン =4.9729…
ムラサキ÷黄色ライン=4.9988…
これは「ほぼ」というより正確な「5倍、1/5」と言い切れそうです。
このラインによって4つの弁財天がネットワークを持ってると、
(あくまで魔方陣的には)思えます。
数学的確立から言っても、
(それが神様か人間かわかりませんが)
意識的に四社を配置したとしか、僕には思えません。
当然「こんなの偶然」とおっしゃる方はいらっしゃると思います。
大本日月関係じゃありませんが、久々に満足できる発見だったので、
僕的には「それでも まいっか」(笑)
弁財天は「川の神様」「芸能の神」ですが「財運」も司ってると聞きます。
これをきっかけに、ちょこっとでも弁財天さまとご縁ができたら(笑)


テーマ: - ジャンル:

 EQUAL PLUS くるくる
ちょっと久しぶりになります。
以前は「取り憑かれたように」魔方陣を探してましたが、
最近はめっきり落ち着いてボチボチやってます。
今回、もうひとつのブログを立ち上げました。

「●PLUSWORLD●●くるくるエイジア●」

と言います。性懲りも無く(笑)魔方陣関係ですが、
別に海外の魔方陣ってわけでもありません。
ここが本館だとすれば、新しいブログは「別館」って感じです。
詳しくはあっちの最初の記事に書いてますが、
(あるのかどうかわかりませんが)ここの信頼性?を守るため、
向こうでもっと自由に妄想するためです。
(今まで書いた妄想チックな魔方陣も引越しさせます)
最近は大本・日月関係がほとんどですが、
そのなかで軽く扱えないような魔方陣も発見できましたが、
そういうのも最近は見つけられません。なので、
初心に戻って、もっと妄想チックなのを探してみようと思ってます。
その結果、こっちの更新の頻度は落ちると思います。
最近のテンションの低さからすると、あっちの更新だってわかりません。
興味ある方は個人的に探してみては?と勧めたいところですが、
自分のよりスゴイのを発見されると、
嫉妬深い自分が、激しく嫉妬してしまうので、出来ればやめてください(笑)
せっかく常連の方がチョコチョコ増えてきたのに(と言っても、やっと2ケタくらいです)
ホントに自分でも残念無念ですが、見つからないんで、しょうがありません。
あまりに妄想が過ぎた妄想文も向こうに移動させます。
間違って読みませんようにご注意を(笑)


テーマ: - ジャンル:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。