TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
05 | 2008/06 | 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 EQUALオススメ 「ニコライ・レーリッヒの神秘的な絵」
※魔方陣は無いぞう~

Nicholas Roerich(ニコライ・レーリッヒ、リョーリフ)という画家がいたそうです。
僕は「ボーダーランド」という不思議系の雑誌で、その存在を知りました。
地球の中心部にあると言われる都市「シャンバラ」を世界に知らしめたらしいです。
この方が描いたチベットや中央アジアの風景画や、
キリストやマホメット、シャンバラ?を描いた絵を見たんですが、
とても素晴らしい絵で、心が洗われるような気がしました(ちょっとおおげさ?)
速攻でPCに絵を保存しました。
ここで紹介する事は違法かもしれませんが、
ニコライ・レーリッヒ美術館のHPで見られる絵を「こっそり」ご紹介します。

「The Miracle」
The Miracle.jpg

「Armageddon」
Armageddon.jpg

「Issa and the Skull of the Giant」
Issa and the Skull of the Giant.jpg

「Tibet. Himalayas」
Tibet. Himalayas.jpg

「The Last Angel」
The Last Angel.jpg

「And We Do Not Fear」
And We Do Not Fear.jpg

「Signs of Christ」
Signs of Christjpg.jpg


「こっそり」と言いながらずいぶんたくさん載せてしまいました…
一番下の絵は「キリスト」と「マホメット」みたいです。
こんな神秘的な絵が500枚くらいあります。
↓のサイトに行って、
http://www.roerich.org/wwp.html
「chronological listing」をクリックすると、年表が出てきます。
それと同時にページの右側に、
小さなアイコンがたくさん出てくるはずなんですが、
時々何にも出てこない時があります。
一回ページを閉じて、もう一回アクセスすると、
右側に出てくると思うので試してみてください。
↓こっちのページにも200枚くらい載ってます。
http://www.roerich.org/collections.html
大きな画像も用意されてますが、
上のページに比べると風景画が多いようです。

みなさんが素晴らしいと思う絵が見つかったらうれしいです。


スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:

 EQUAL「2150000000の魔方陣 Ⅲ」
その1
EQUAL「2150000000の魔方陣Ⅰ」は、
われながら凄まじいと思える結果でしたが、
(もしご覧になってない方は、ぜひご覧ください 「2150000000の魔方陣Ⅰ」
それに比べると今回はそれほどインパクトはありません。
ポイントがポイントなので「こじつけた?」と思われそうですが、
誤差も十分小さいと思うので書き込んでみます。

シナイ山バチカンメッカ.jpg

シナイ山→メッカ    984.721480km
シナイ山→バチカン 2445.083480km
比率が「2 : 4.96499…」
「4.96499…」と「5」は誤差0.7%ぐらいなので、
シナイ山から2つの聖地の距離は「2 : 5」と言っていいと思います。
あっさり「シナイ山」と書いていますが、
旧約聖書の記述と違いがある事から、
この山 (28°32'23.09"N 33°58'24.69"E)が聖書のシナイ山なのか、
ハッキリしないそうです。しかし魔方陣的には意味ありげな位置にある山でした。
イスラムの金曜日 ユダヤ教の土曜日 キリスト教の日曜日が、
それぞれの特別な曜日です。位置的に当然ですが3つの順番も同じようになってます。
「2:5」は必然的に「7」を連想させます。
3つを結ぶラインが7曜日のように7つに分割できる…関係ある?

その2
地図を見るとバチカンとメッカを結んだ黄色いラインの近くに、
超有名なミステリアス建造物があるのがわかりました。
ピラミッド四大宗教.jpg
ちょっくら測ってみると、
最も大きなギザのピラミッドから (29°58'44.96"N 31° 8'4.15"E)
→メッカ   1287.238323km
→バチカン 2134.546526km
「3 : 4.97471…」 ほとんど「3 : 5」の比率です。
(「4.97471…」と「5」の誤差、0.5%ぐらい)
ピラミッド3:5.jpg

他の2つのピラミッドやスフィンクスでも同じような比率でした。
またまたアナナイ(三五)です。縁起がいいですね(笑)
ちょっと真面目に話を戻すと、
「ピラミッド」はこっちの世界では一流ブランドです。
そんな有名ポイントを持ち出すと、
かえってリアリティが失われる危険性があるかもしれません。
「こじつけた?」とか余計な疑いを持たれる可能性まであります。
でも見つけちゃったんだもん しょうがないです(笑)
そんなピラミッドラインを拡大すると面白い発見があるんでご覧あれ。

ピラミッド三大.jpg

さっき黄色いラインスレスレにピラミッドがあると書きましたが、
その結果、白いラインもほぼ直線のようになっています。
ちょっとビックリなんですが、そのほぼ直線ラインが
ピラミッドの角から角を突っ切るように走ってる!?
ギザのピラミッドからの方位を測ると、
→バチカン   313°22′26.09″
→メッカ    135°24′10.91″
「315°」が正確な「西北」 「135°」が正確な「東南」です。
三大ピラミッドは正確な東西南北を向いています。
ラインがピラミッドの西北の角と東南の角を通ってるように見えるのは、
見間違いではないようです。

いろんな面白い発見がありました。
それでも「ピラミッドまで意識して聖地を決めました」なんて、
いくら妄想まみれのボクでも、大きな声で言えません。
なので声を小さくして言います(笑)
「もしかしたらバチカンとメッカはピラミッドを意識してるかもよ」


テーマ: - ジャンル:

 EQUAL「天教山×(地教山+地教山)魔方陣」
皆さんに無断で「アクセス解析」を仕掛けてるので、
どんなキーワードを検索して、
ブログにいらっしゃってるのか、ある程度わかっちゃいます。
そのなかで意外と多いのが「矢○町ハイツ」です。
この場所は魔方陣に関係あるっちゃ「ある」、無いと言えば全く無いです。
「EQUALTVドラマ魔方陣」では、東京本願寺、築地本願寺を使って、
「正三角形」を作りました。
この正三角形の第3点にあたるのが、矢○町ハイツ付近なんですが、
ちょっと調べてみても、それほど重要なポイントに思えません。
しかし東京本願寺から正三角形の底辺に垂線を下ろす事で、
かなりたくさんの芸能事務所が引っかかります。
また、その垂線は宮中三殿の丑寅線にも近いので、
その正三角形が意味あるモノだと思い、ブログに載せました。

今回の魔方陣も正三角形ですが、第3点に何かあるわけじゃありません。
でも東京に収まるような、ちっちゃな魔方陣じゃなくて、
大陸にまで伸びる、ワールドワイドな正三角形魔方陣です。

富士エベレスト.jpg
「富士山」「エベレスト山」の座標は前回と同じです。
(エベレスト山 27°59′20.56″ 86°55′28.26″ )
第3点はロシアにあります。
(72°13'27.40"N 90°24'42.13"E)

富士エベレスト拡大タイミル.jpg
地図上に「taymyrskiy」とありますが「タイミル自治管区」の事だと思います。
ともかく正三角形ができたので色々見てみます。

富士エベレスト拡大アルタイ.jpg
拡大するとラインがアルタイ山脈を通ってるのがわかります。
そして富士山から垂線を下ろすとアルタイ共和国。
まだ読んでませんが霊界物語の中に
「天教山、地教山、アルタイ山」がそろって出てくる場面があるそうなので、
ぜんぜん無関係ってわけでも無さそうです。
前回の魔方陣では「アルタイとエベレストが正確な南北にある」のを発見しましたが、
今回はもうひとつの関係かもしれません。
またモンゴル全土がラインスレスレで三角形内に入ります。

大本的に言えば天教山(富士山)と地教山(エベレスト)で作った正三角形ですが、
富士山と第3点を結ぶラインを拡大してみると…
富士第3点皆神拡大.jpg
王仁三郎は「富士山が天教山、エベレストが地教山」と言ってましたが、
「霊界物語にある地教山はこの山(皆神山)」とも言ってます。
「どっちやねん」と関西人でもないのにツッコミを入れたくなりますが、
この正三角形から見ると、
富士山からの一辺にエベレストという地教山、もう一辺に皆神山という地教山。
まるでバランスをとるように存在してるみたいです。
皆神「山」と言いますが、1.5km四方に収まるような大きさです。
地図の周囲の点々は住宅なので、比較すれば皆神山の小ささがわかると思います。
そんなポイントをラインが通る確立は、とても小さいはずです。
ボク的にはちょっと出来すぎな話だと思うんですが、いかがなモンでしょうか…


テーマ: - ジャンル:

 TWISTEQUALの「自分なりに解いてみました 二二の五」
「二二の五」
日月神示に出てくるナゾのキーワードです。
「裏表で二十二、真ん中が五」って事らしいですが、
「富士と五が関係してるのかな?」と想像してしまいました。
ボクはライン引くくらいしか能が無いので(笑)
富士山(二二)を中心に五本のラインを引いてみました。
富士山はいつもと同じ座標 「 35°21'48.22"N 138°43'49.24"E」です。
この魔方陣のためにズラしたとかありません(笑)
360度を5分割するラインはこんな感じです。
(地球は真球じゃないので、あくまでイメージですが、
こんな上空だと、さほどの誤差は無いと思います)
富士二二の五.jpg

今回は北極点を「0度」にして、
72度 144度 216度 288度の方向にラインを引きましたが、
考えてみると「北極点」と「日月、大本関係」は別に結びつきがありません。
なので「この5本のラインは無意味だ」と言われても反論出来ません。
「だったら書くなよ」って言われそうですが、よろしかったら
「面白い偶然だな」と広い心でご覧ください。
方位測定はいつものように国土地理院のHPを利用しました。

富士山から216度ライン
富士二二の五216.jpg
浅間大社はたくさんありますが、
富士宮の「富士山本宮浅間大社」が中心と思う人が多いはずです。
富士山の8合目から上はここの境内とされています。
祭神のコノハナサクヤヒメは大本とも関係深い神様です。
もともと山宮浅間大社付近にあったものを、
現在の位置に移動させたのは坂上田村麻呂と言われています。

富士山本宮浅間大社.jpg
本殿はこんな位置にあります。
富士山→浅間大社本殿 「216°12′29.24″」
(10進法では216.208…度です)の方位にあります。
富士山を祭る神社がこんなスレスレにあるなんて、幸先の良いスタートです。

続いて富士山から72度ライン
富士二二の五72.jpg
日月神示発祥の地「天之日津久神社」がライン上?拡大すると、

富士山日津久神社.jpg
富士山→天之日津久神社の方位は「71°39′20.02″」(10進法で71.656…度)です。
「富士山と天之日津久神社」は以前の魔方陣でチラッと紹介しています。

富士二二の五72鳴門.jpg
72度ラインは「富士鳴門ライン」にほぼ重なるようです。
偶然にしても天之日津久神社、そして「鳴門」に関係してるのは興味深い結果です。

調子に乗って(笑)144度ライン
伊豆半島を通りますが、よくわからなかったのでラインを長く長く伸ばすと、
富士二二の五144.jpg

またまた登場って感じの「ナン・マドール」です。一応説明すると、
ムー大陸の首都部と言われ、王仁三郎が「ムー大陸の最高至聖地」と言っていた場所です。
富士二二の五144拡大.jpg
富士山→ナン・マドールは「142°58′42.95″」(142.979…度)
1度くらい離れていますが、ムー大陸の巨大さからすれば、
144度ラインがムーの首都部を通る、と言えるかも?

ちょっと無理が出てきたような…(汗)広い心でご覧ください。
288度ライン
富士二二の五288.jpg

日本を突っ切って、韓国ソウル近くを通って、
ラインは大陸中央部まで伸びてます。
「疏勒神仙」というアイコンがライン上にあります。
大本に近しい「笹目秀和」という方がいらっしゃいました。
仙人と呼ばれた方で、第二次大本事件の直前に預かった、
大本の御神体を崑崙山中に収める神業をなさったそうです。
著作を読みましたが、個人的直感では真実だと思いました。
その過程で登場したのが500歳といわれる「疏勒神仙」です。
資料が少ないのでハッキリしませんが、
このHPの下のほうにある「笹目氏の鶴船飛行・関係地図(246KB)」の地図を参考にしました。
「ハラノール湖」の東北側にいらっしゃるようなので、そこをポイントしました。

富士二二の五288拡大.jpg
場所がハッキリしませんが、288度ラインはこのように伸びてます。
他のポイントと比べると、“間接的に”大本と関係ある存在ですが、
「もしも地球の裏表がひっくり返るような事があれば、
大本神業の中心が崑崙山に移る事があるかも云々」
笹目仙人に出口日出麿氏がこんな事を話していたそうで、
その翌日、笹目仙人は御神体を預かって崑崙山へ向かったそうです。
2つは遠くて近い関係かもしれません。
また「このポイント・富士山・ナンマドール」は誤差3%程度の二等辺三角形でもあります。
富士二二の五288ナンマドール.jpg


スタートはなかなかいい感じでしたが…
最初に断ったとおり「偶然」と考えれば、かなり面白い偶然です。
最後に0度のラインです。雛形に関する面白い偶然
富士二二の五甲斐武蔵上野信濃.jpg

富士山の真北に「甲斐国」「信濃国」「上野国」「武蔵国」の国境があるようです。
現在は「山梨県」「長野県」「群馬県」「埼玉県」になってますが。
富士二二の五甲斐武蔵上野信濃拡大.jpg
拡大するとこんな感じです。
ところで雛形的に「富士山」に相当するのは「エベレスト山」ですよね。

エベレスト北極.jpg
エベレストの真北にも4つの国の国境がありました。
エベレスト北極拡大.jpg

「アルタイ」はエベレストの真北にあったんですね。
「霊界物語」の舞台にもなる「アルタイ」が現在のアルタイとイコールかわかりませんが、
個人的には面白い発見でした。
雛形に話を戻すと「上野国の南=アルタイ」って事になりますが、
日本の国境も意外と長い歴史があるみたいです(といっても平安時代あたり)
「尾張の仕組み」「江戸の仕組み」のように地域名のついた経綸もあるので、
上野国(現・群馬県)の南にも、何か面白いモノがあるのかも?
と宇宙で銀河で僕ひとり、妄想中…


テーマ: - ジャンル:

 TWIST 「THE 富士鳴門×金神ライン」EQUAL
今回の主役は「富士鳴門×金神ライン」です。
超たっぷりの比率が出てきました。 富士鳴門×金神ラインとは?

富士鳴門金神ライン三五・一八.jpg
富士鳴門×金神ラインから
→芦別岳山頂  1242.623973km 
→喜界島中央   746.314270km 
「4.9950… : 3」(5 : 3.0030…)
「三五・アナナイ」の比率と言えるかもしれません。
そしてもうひとつ、
→富士山頂    450.406659km
→鳴門海峡中央  56.899498km
「7.9119… : 1」(8 : 1.0111…)
「8:1」にかなり近い比率だと思えませんか? 
このポイントは「芦別岳」「喜界島」「富士」「鳴門海峡」の4つで出来てますが、
その4つがキレイな比率で結ばれるなんて、ちょっと驚きました。
以前、日月や大本について“個人的”推理をしたんですが、
それをちょっと連想させる比率です。
(1×8)=(3+5)=8 

このポイントは以前の魔方陣でも登場してますが、
その魔方陣 「EQUAL大正 五 六 七 年」
「富士鳴門×金神ライン=黒住天理金光大本錦之宮伊勢を統べる?」
組み合わせると、新しい比率が現れました。
富士鳴門金神ライン678910.jpg

「富士鳴門×金神ライン」→「肝川龍神」が比率では「6」にあたるので、
その距離「150.196539km」を「6」としてこれを基準にします。
ちなみに「1」は25.0327565kmになります。
地図上の黄色いライン
→綾部大本   174.755100km 「6.9811…」
→亀岡大本   174.164501km 「6.9575…」
→天理教本部 173.726006km 「6.9400…」
これらが「7」の位置にあるのは、前回書き込みました。

続いて緑のライン
→現 錦之宮  248.462204km 「9.9255…」  
→至恩郷    244.683069km 「9.7745…」
→伊勢内宮   248.447097km 「9.9249…」 
→伊勢外宮   247.041100km 「9.8687…」 
→金神セントラル248.154829km 「9.9132…」
以前は気づきませんでしたが「10」にあたるようです。

ここまではかなり正確な比率でしたが、
ここからはちょっと誤差が出てきます。
赤いラインは今回新しく登場したラインです。
→籠神社    197.472354km 「7.8886…」
→出雲大社  195.108102km 「7.7941…」
→日御碕神社 200.783025km 「8.0208…」
日月神示というより大本に縁の深い神社ですね
「8」に近い数字が色々出てきます。
比率が「6:7:8」になる「肝川龍神・綾部大本・籠神社」は
ほぼ一直線と言える位置関係です。
肝川綾部籠神社.jpg
日御碕神社は「スサノオ総本社」を名乗る神社です。
出雲大社はちょっと差があるかもしれません…

→沓島 221.387515km 「8.8439…」
「9」はイチオウこれひとつでした。

「7」「8」「10」がたくさんありましたが、
なんとなく「鳴門の仕組み」を連想してしまいました。
「七から八 から鳴り鳴りて十となる仕組み」ってやつです。
これが鳴門海峡から測った数字だったら、
バカみたいに大騒ぎするんですが(笑)ちょっと残念です。

ここで最初に出てきた4つの数字を使ってみると
→富士山頂  「17.9995…」  
かなり正確な「18」ですよね。
→鳴門海峡中央 「2.2730…」
これはちょっとわかりませんでした。前述の通り「富士の1/8」なので、
18/8=2.25に近い数値(2.27300…)になりました。
→芦別岳山頂 「49.6399…」
→喜界島中央 「29.8135…」 
2つの比は「5:3」ですが「50:30」でもあるんですね。
そして関係無いと思っていた
「富士鳴門」「芦別喜界島」も、
「富士:芦別:喜界島」=「18:50:30」=「9:25:15」と、
シッカリ比率を持っているのがわかりました。
そのうえ「富士:喜界島」は「3:5」(正確には 3 : 4.9690…)なので、
こっちも「三五・アナナイ」の比率??
でも考えてみるとさっきの「9:25:15」だって、
「3×3 : 5×5 : 3×5」になるんですよね…

「富士鳴門×金神ライン→肝川」を「6」とする最後の比率
最後に富士(二二)を使って。
富士山頂→出雲大社 549.228138km 「21.9404…」
富士鳴門×金神ラインからの距離ではありませんが、
「22」にとても近い数字がでてきました。
富士と出雲大社は共通点があって「ご来光の道」と呼ばれる、
日本を東西に横断して聖地が並ぶラインに登場します。
(ただ「御来光の道」は「聖地が同じ“経線”上に並ぶ」だと思いますが、
僕のラインは経線と同じではありません。
でもこの程度の長さなら、経線と近いラインかもしれません)
もしかしたら「富士山・出雲大社・富士鳴門×金神ライン」は
「22:18:8」=「11:9:4」に近い三角形を作るかも?って感じです。
意味ある比率か疑問ですが…
富士鳴門金神ライン出雲富士.jpg

以前から気になっていましたが、
「あちこち距離を測れば、それなりの数字が出てくるんじゃないの?」
と思う方もいらしゃると思います。
今回は誤差が大きいので、今回は反論できません。
(過去の魔方陣は、もっと誤差の小さいモノが多いです)
でもポイントは大本や日月神示に関連ある場所だけなので、
そこは軽視して欲しくありません。

な~んてちょっと真面目に語ってみても、ボクが「いい加減」なのも事実です。
今回の芦別喜界島の三五の比率は、ちょっと前に見つけてたみたいです。
比率や距離がゴチャゴチャ書いてある(PCの)メモ帳から発掘しました。
想像するに、これを書き込む直前に、別の面白い魔方陣を発見して、
こっちを後回しにしてるうちに、書くのを忘れてたみたいです(笑)
でも他の比率は、昨日今日見つけたものです。
今度は忘れないうちに書き込むのさ(笑)


テーマ: - ジャンル:

 EQUAL救世主のハープ
「High Frequency Active Auroral Research Program」
翻訳すると「高周波の活発なオーロラの研究計画」
略して「HAARP」は「ハープ」と読むらしいです。

昔々に買った雑誌「ムー」に「エルサレム第三神殿」の事が載ってて、
ユダヤ人がいつか現れる救世主のために儀式で使う「赤い雌牛」を探したり、
特別な衣装を作ったりしてました。
あれからだいぶ経ちましたが、もう救世主は来たんでしょうか?(笑)
笑ったりするのは、かなり失礼ですね。「申し訳ない」
ところでその記事の中で「ハープ」(竪琴)を作ってる人がいました。
第一神殿の時代には4000台のハープがあったらしいですが、
演奏されていたのは「神殿内だけ」だったそうです。
「3000年前にダビデ王が悪霊にとりつかれた人をハープを使って、正気に戻した」
という伝説があるようで、その意味でも「ハープ」は特別な楽器です。
この事が記憶にあったので「HAARP」を知った時、
「こいつは救世主の「ハープ」を暗示してるにちがいねぇ!」
そっち系が好きな自分は(笑)勝手にそう思いました。
日本の気象庁にあたる「アメリカ海洋大気圏局(NOAA)」は、
「ノア」と呼ばれてますから、もしかするとありうるかも…?
HAARPは「気象兵器やマインドコントロールに使われる」なんてウワサがあります。
地球は丸いのに、離れた位置に何かを照射できるものなんでしょうか?
色々な疑問はありますが、イチオウ魔方陣だと思われるものが…
エルサレム神殿北極HARRP.jpg

「HAARP」と救世主が来る予定の「エルサレム神殿」を結んでみると、
ラインは「北極点」のすぐそばを通ります。
正確には17kmくらい離れていますが、
ラインの長さが約10000kmなので、かなりの近さだと思います。
北極点を通る事に意味あるのか、これはハッキリわかりません。
しかし地球の「軸」にあたる北極点は特別なポイントだと思います。
そしてもうひとつポイントをプラス
エルサレム神殿ホワイトハウスHARRP.jpg

エルサレム神殿→HAARP     9565.945557km
エルサレム神殿→ホワイトハウス 9517.964523km
誤差は0.504…% 地図を見ても二等辺に見えると思います。
エルサレム宮殿を頂角(テッペン)にして、
アメリカ政治の中枢とHAARPが釣り合う事になります。
魔方陣的視点では、HAARPはかなり重要な施設に見えるんですが…

魔方陣は日本特有のマジカルだと思ってましたが、
エルサレム宮殿が出てくる魔方陣は、過去にいくつか発見しています。
「EQUAL2150000000の魔方陣 Ⅰ」
「EQUAL黄泉島×龍宮城×エルサレム=与論島も琉球?」
ニュースなんか見てると、アメリカはイスラエルに頭が上がらないように見えます。
それどころか用心棒や番犬扱いされてる感じです。
ユダヤ人ロビーの影響だと思いますが、魔方陣的にエルサレムと繋がってるなら、
エルサレム・イスラエルの危機は他人事じゃないのかもしれません。
…まだ続けていいですか?(笑)
前述のエルサレムの魔方陣では、ナンマドールという場所が出てきます。
ナンマドール→エルサレム神殿 12630.629661km
この距離が地球の直径に近い値だと、以前のブログでは書きました。
ナンマドールというのは、ムー大陸の首都部分に当たると言われていて、
グアム・サイパンの南東にあるポナペ島にあります。
王仁三郎もここを重要視していた形跡があり、
「ポナペ島はムー大陸の最高至聖地で地球のヘソ、古事記にも黄泉島と出てくる…」
と述べていたそうです。その証拠と言えるかわかりませんが、
綾部大本→亀岡大本の長い長い延長線は、この場所のすぐ近くを通ります。
「EQUAL Island of Oomoto」 がその魔方陣です。
今回見つけたのが、
ナンマドール→ホワイトハウス  12395.951595km
誤差は1.893…%で、たいして小さくありません。
たぶん単なる偶然だと思いますがイチオウ地図です。
ナンマドールエルサレム神殿ホワイトハウス.jpg

地図上の黄色いライン上のポイントは、
エルサレム神殿からも、ホワイトハウスからも、
同じ距離になります。つまり二等辺三角形の頂角になります。拡大すると、
ナンマドールエルサレム神殿ホワイトハウス拡大.jpg

頂角から160kmぐらい離れて、東にナンマドールがあります。
「EQUAL Island of Oomoto」は、何か意味ありそうだけど、
こっちは偶然だろうなぁ…つーか、ハープはドコ行った?(笑)


テーマ: - ジャンル:

 TWISTEQUALの「自分なりに解いてみました 日月神示 Ⅳ」
「神様コンパス」

ボクは雑な人間なので、
小学校時代にコンパスで円を描く時、
いつも中心に穴を開けていました。
それをなんと、日月神示や大本に絡めてみます。

紙に穴が開くということは、そこにチカラが加わってるからで、
大きな円を描いたり、円を2重3重にするたびに、
穴は深くなったり大きくなったりします。
中心の穴が円周に対応した関係になってるわけです。
日月や大本で神の印とされている
「○」のなかに「・」も、これに似ているかも、と勝手に思っちゃいました。
直径が4cmの円だったら、円周の長さは4π(4×パイ)cmですが、
中心の点は「点」でしかないので、長さは限りなくゼロに近い無限小の長さです。
でも、この「点」は見た目は「点」ですが、長さ4πcmぶん移動してるというか、
強引に式にすれば、「・」=4πになるんじゃないか、と思いました。
円周の長さじゃなくて、運動量で例えてみます。
円を一周するのに100歩かかる人間がいるとします。
その人間が中心に立って100歩足踏みしてる。結局、円周も中心も同じ運動量です。
そんな感じです…もっと混乱しちゃうでしょうか。
ワケワカラン事を書いてるかもしれませんが、もうちょっと我慢してお付き合いください。
もし太陽光線にたとえれば、
朝日や夕日は違いますが、普通の太陽光は色のついてない光です。
でもホントは「赤橙黄緑青藍紫」などの目に見える光や、
紫外線・赤外線のような見えない光が含まれた、
色々な波長の光の集合体です。
それらが全部合わさって、あの光になってます。
イメージ的にはこんな感じ↓点線の部分は目に見えない波長の光線です。
カミサマコンパス

伝えたいイメージがうまく伝わってるか微妙ですが、
「一見、点のようだけど円周とイコール」「様々な波長の光を統合して出来る光」
「○」のなかの「・」は、こんな感じに例えられるのかな?と思っています。
今書いてて思いつきましたが、
霊界物語の様々な宝珠は、実在するのかもしれませんが、
「紫の波長」「赤の波長」とか「色の波長」も表してるのかなぁ?とちょっと想像。
「真澄の珠」は透明って事なので、太陽光にたとえれば、
目に見えない波長、あるいは全ての波長を統合した光なのかな?…

色々考えるのは楽しいですね。読者不在かもしれないけど(笑)
上の絵は「inkscape」というフリーソフトで描きました。
グラデーションの作り方がわからなかったので、
1.5度の扇形を190枚、ちょっとづつ重ねてます。
もしかしたら無駄な努力かもしれないけど、製作は楽しかったです。
(画像は拡大できちゃうぞ! 笑)


テーマ: - ジャンル:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。