TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
07 | 2007/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 EQUAL金融グルメ USA
以前書いたように「すみだタワー」は様々な意味ですごいタワーだと思っています。
そこで色々な場所を結んで見ました。そして「あの大国」の大使館と結んでみたら…

拡大地図を表示
まずアメリカ大使館に近い方から
大蔵省から名前が変わった(変えさせられた?)「財務省」、
丸の内の大家さん、三菱のシンボルとも言える「丸ビル」
ラインは「日本銀行」の上も通りますが、クラシカルな旧館部分です。
そして「日本橋三井タワー」この下には三井財閥の本拠地も存在しています。
魔方陣を事実ととらえるなら
『すみだタワーはアメリカ、財務省、三菱、三井の意思も電波と一緒に日本中にばらまいている?』
でも考えてみたら「すみだタワー」はまだ存在してませんでした(笑)


スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:

 EQUALフジテレビ
「魔方陣」シリーズでは「テレビ局は重要な役目を持っている」と書かれていました。
ほぼ毎日“やんごとなき皇族の方々”を画面に映し、まるで明治時代の御真影のように
そのお姿を国民へと届けていました。
ちょっと前のワイドショーはまさにそのために存在している感じでした。
御所が「発展」「若さ」を表す「東」になるように、自分達はその西側に存在し、
玄関はそろってやんごとなき場所を向いていたのでした。
それから10年以上経ちテレビ局も移転、立て替えなどしています。
そして魔方陣的に調べてみるとテレビ局の視線はあの場所を向いているのか?
ちょっと変化がある雰囲気です…

フジテレビアメリカ中国大使館
視聴率トップを走る「フジテレビ」
お台場の社屋は北西を向いています。東宮御所を見ているのか?
ちょっと違うようです。なんとなくアメリカ大使館の方が正確な感じです(距離5436m)
ここで中国大使館にもライン(5377m)を引いてみると誤差1.104%のキレイな二等辺三角形!
これからの日本の姿勢を表しているのでしょうか。それってどんな未来?
日本の新しい神はUSAなのか?中国ともうまくやっていきたいのか?
フジテレビは教えてくれません…なぜなら青森にはフジ系列が無いからです(笑)


テーマ: - ジャンル:

 EQUAL携帯天皇!part3
タイトルの“携帯天皇”というぎょうぎょうしい名前は、
有名な◯ちゃんねるで使っていた名前です。
(そしてブログでも同じような事を書いているという、笑)
そのスレッドの雰囲気と違うタイプの文章だったんで、カキコはちょっと勇気いりました。
常連の方から見れば浮いてるヤツだったと思います。陰ながらおわび致します。
そのうち、ちょこちょこレスも頂けるようになって本当にホントウにありがたかったです。
永遠に届かない(おおげさw)言葉かもしれませんが、
レスしていただいた方々には謹んでお礼申し上げます。
ありがとうございました

いい子ぶりっこはこれくらいにして
「日本携帯電話魔方陣」(僕が勝手に名づけました)を
さらに考察したいと思います。
現在の東京タワーの威厳?を落とすような事がこっそり行なわれてる気配が。
小説「東京タワー」はTVドラマ化、映画化でかなり有名なお話になったみたいです。
どれも見てないのであらすじぐらいしか知りませんが、死んでいく母は
もしかして現在の東京タワーを表しているのではないか?
あのタワーに別れを告げる話がこんなヒットしたのなら、これからの東京のシンボルは
墨田区に建つ(予定)の「あのタワー」
さらに
「自動車のCM」で東京タワーが2本になって、さらに3本になるのがあります。
堂々と1本だけ建つタワーがどんどん増えたら、ありがたみが消えちゃうと思うんですが。
呪術的見地からはどうなんでしょうか?
続いて
「THE TOKYO TOWERS」なるものが登場しました(英語だね)
「MID TOWER」「SEA TOWER」の双子のような超・超巨大マンションです。
これから「トウキョウタワー」と言ったらこっちのマンションを表す言葉になっちゃうかも。
色について
映画「マトリックス」や今は無き(笑)ホワイトバンドなどなど
キャンペーンに連動してタワーはいろんな色にライトアップされるようになりました。
周りの都合によって色が変えられるって
主導権がタワーから離れてるというのは考えすぎでしょうか?
なんとなく赤い東京タワーが揺らいでる気がします。
こんな妄想してるのは、たぶん地球でボクひとり(笑)


テーマ: - ジャンル:

 EQUAL携帯天皇!part2
すみだタワー(予定地)から渋谷区を過ぎても伸びるラインは
ものすごい遠くまで伸びています。到着するのは三重県の伊勢にある
日本神社界の頂点とされる神社で、2社のうちアマテラスの鎮座する方の「神宮」です。
現在本殿のある東側と結んでいますが、西側でもラインは同じような位置に
引けると思います。それほど遠くから引かれています。
この線は東京に入ると面白い場所を通ります。
まず「赤坂御用地」と「御所」を通り、
気象庁隣りにある「和気清麻呂像」「日清製粉グループ本社」を過ぎて
すみだタワー(予定地)に到着します。
!!!!2007年10月30日追記!!!!
「地球は丸い」んですが、このグーグルマップ遊びにも
それが適応されるようです。どうも地図上の直線は実際の直線と微妙に異なっているようで…
23区なんて意外と小さいですから、それほど気にする必要無いんですが
さすがに伊勢からラインを引っ張ってくると誤差があるようです。
正確な誤差はわかりませんが、グーグルアースで見るラインの方が実際と近いようです。
そうなると伊勢→スミダタワーラインには「御所」は乗りません。
以前の吹上御所を通ると思われます。
また「和気清麻呂像」「日清製粉グループ本社」も…
通るのは(たぶん)「NHK放送センター」「神宮球場」
「東宮御所」「江戸城天守閣跡」などだと思われます。
東大駒場キャンパスから伸びてる細い細いブルーラインが
実際の地球上の線に近いと思います。
かなり新東京タワーに対する興味と情熱が消えて行きます…
ひとつ不思議なのはすみだタワーの建設はもう始まっているの?
それがサッパリ判らない事です。石原都知事の「そんなタワーいるの?」発言など
建たないのかも…と思わせる事が起こっているようです。
「電波とは霊波である」は加門さんの名言ですが、
携帯電波とTV電波が重なり合い、つながり合う「すみだタワー」は、
まさに「やんごとなき皇族の方々を守護する霊的なタワーである!」
そして「伊勢ともつながる最強の神の塔なのだ!」と魔方陣的には断言できます。
(微妙に御所とはズレてます)
タワーは本当に建つのか?もし建ったとして、電波を放ち始めたら東京は?日本は?
どのようにトランスフォームし始めるのか?表面的には変わらないのか?
怖いような興奮するような複雑な心境です。
しかし魔方陣を信じてない方にとっては新しい観光地、単なる「青と銀のタワー」です(笑)
(オカルティックな塔なのは確かだと思います)
青と銀のすみだタワー
日本の首都 東京の夕空をバックに
ブルーとシルバーに輝く「すみだタワー」(完成予想図)


テーマ: - ジャンル:

 EQUAL携帯天皇!part1
大ざっぱに言って「魔方陣シリーズ」は、「平将門―」が「平将門」にまつわる魔方陣
「大江戸―」が「徳川幕府」を、そして「東京―」が京都から引っ越してきた
「皇族の方々」を護るための魔方陣について書かれた本です。
そして「東京魔方陣」は現在も進行中である、とも書かれています。
21世紀平成の現在、その皇族の方々を護るための魔方陣をひとつ
Google Earthの画像(クリックで拡大)
携帯天皇

Google mapの画像
(ぜひ「拡大地図を表示」クリックで見ていただきたいです)

「ドコモ」「AU」「ソフトバンクモバイル」 3つの携帯会社が、
「御所」を意識した位置に建っているのが判ると思います。
また話題の「靖国神社」も3つの携帯会社とつながっています。
詳しく見てみます。
まずドコモの「NTTドコモ代々木ビル」から
エンパイヤステイトビルそっくりのカッコイイ?近代的フォルムですが、
御所のまさに真西に建っています。
そのラインのちょうど真ん中には(服部半蔵の墓がある)西念寺があり、その真南には
東宮御所が。つまり、やんごとなき場所と東宮御所、
そしてNTT代々木ドコモビルは二等辺三角形を描いているのです。(紫色の三角)
またネット情報ですがドコモビルが建っている場所は
「元々“服部”料理栄養学校の持っていた土地」というのを見た記憶があります。
ラインの中点に「服部半蔵」 やんごとなき場所の西側にも「半蔵門」「半蔵濠」と、
この魔方陣は、なぜか“服部”に彩られたモノになっています。
初めて見たときはちょっとビビったNTTドコモ代々木ビル
(初めて見た時にちょっと恐怖を感じたのはナゼ? NTTドコモ代々木ビル )

ドコモビルからすみだタワー(予定地)に青いラインを引いてみます。
青ラインは靖国神社を通り参道(紫ライン)に重なっています。
(実際に靖国神社のうしろに代々木のドコモビルが見えるそうです)
次にドコモ本社のある「山王パークタワー」(水色のライン)
上野の寛永寺とつなぐと御所、代々木ドコモビルとつなぐと
東宮御所をラインは通ります。
新東京タワーは墨田の他に上野公園の噴水近くも候補になっていました。
しかし魔方陣のラインを考えると墨田の方が完全にふさわしいような…
続いてAUです(オレンジのライン)
AU(KDDI)本社は「ガーデンエアタワー」にありますが2つのラインが見つかりました。
東京ドーム→AU本社→日本武道館→やんごとなき場所→東京タワー
赤やオレンジ色が目立つような気がします。
AU本社→靖国神社→東のやんごとなき場所がもう一つです。
ラストにソフトバンクモバイル(グリーンのライン)
急にニョキニョキとビルが建った汐留の「東京汐留ビル」に本社があります。
ソフトバンクモバイル→宮中三殿→御所
それらを通ってラインは靖国神社にたどり着きます。
つまり3つの携帯会社全てが「御所」と「靖国神社」につながる
魔方陣を持っていることになります。
そのうえ上記の「すみだタワー」(建設予定中?)は
東京から遠く遠く離れた地点と、もうひとつの不思議な魔方陣を形づくっています。


テーマ: - ジャンル:

 EQUAL青森!2
青森には2つの地方銀行があります。
「青森銀行」と「みちのく銀行」です。
一応、みずほ銀行などの都市銀行の支店もありますが、
上記の2行が青森県を仕切ってると言って良いと思います。
(よく知らないけど、笑)

実はこの2つの銀行の本店は正確な南北に並んでいます。
道の曲がり具合の錯覚で、青森市民でも地図を見ないと気づく人は少ないと思います。
去年(2006年)の年末、偶然これに気づき「なんかアヤシイかも…」と思い、
色々調べてみました。

青銀真南ライン
黄色いラインは青銀本店の中央から真南に引いたラインです。
そのラインを青銀・みち銀本店あたりで拡大
青銀みち銀拡大
まさに南北を意識した配置です。
それを過ぎると「“サン”ロード青森」という市民にはおなじみのショッピングセンター
次には「“サン”ドーム」という屋内グラウンド
(アイコンはドームの赤い屋根、と言っても知ってる人じゃないとピンとこないかも)
続いてトヨタの「レスサス店」です。見つけたときは偶然?と思いましたが、
トヨタ本体を調べると「きっと意図的だろう」と今では思っています。
サンロード・サンドーム・レクサス

これは「加門 魔方陣本」を読んだ人間じゃないと「ワケワカラン」だと思いますが(笑)
これから発表していく魔方陣をお読みになったら、ちょっとは理解して頂けるかと…


テーマ: - ジャンル:

 EQUAL青森!
タイトルの通り、僕は青森県に住んでいます。 平均的なお国意識もあります。
「こんな田舎なんて!」と 恨んだ事は一回もありません。
それはともかく、こんな東北の片隅で見つけた魔方陣
平安時代の(京の都の)英雄「坂上田村麻呂」はここ青森でも様々な伝承を残しています。
いちばん大規模なモノは「ミヤコを護るために7つの神社を建てて『北斗七星』を作ったのだぁ!!」
だと思います。
大星神社・浪岡八幡宮・猿賀神社・乳井神社・熊野奥照神社・岩木山神社・鹿島神社
の七社です。

田村麻呂の北斗七星

意外とテキトーな形ですが、マンダラに載ってる北斗も
形はテキトーですよね。7つある事が重要なのかも。


テーマ: - ジャンル:

 EQUAL魔方陣!
「魔方陣」について説明します。
神社・仏閣などの宗教施設を施政者や宗教家が、
“意識的に、意図的に”
一直線に並べたり、特別な形(二等辺三角形、正三角形、直角三角形など)に
配置しているのではないか?
ある女性小説家(加門七海さん)がそんな推理をなさいました。
その行為によって結ばれた神社仏閣は結界効果やパワーを増幅させる事も可能で
同じ方法(幾何学状に配置する)を使えば、
宗教施設以外の建造物も秘密のチカラを発揮する可能性がある、
という仮説を加門さんは立て、
それによって地図に浮かび上がる幾何学形を「魔方陣」と名づけました。
(タテ・ヨコ・ナナメを足すと同じ数字になる「魔方陣」とは違う意味です)
海外でも見られる「レイライン」や「中国風水」に似ていますが、
加門さんは「もっと“意識的で人為的な”呪術」と推察していて、
「一見自然に見えるが細部の一つ一つまで人間に管理された日本庭園」と表していました。
(とても的を射た表現だと思います)
魔方陣発見者の加門七海さんは民俗・宗教学に深く通じていらっしゃる方で、
その知識や不可思議な体験を活かされた面白い小説や、
最近(2007年8月現在)では日本の多くの霊能者へのインタビュー集、
「仮面ライダー響鬼」を多方面から論証した本などを出版なさっています。
その著作の中に「魔方陣シリーズ」がありました。
「平将門魔方陣」「大江戸魔方陣」「東京魔方陣」の三冊です。
自分はこれらの本を読んで真実だと思いました(単なる個人的直感ですが…)
そして自分なりに調べてみて、ますます確信は強くなり
このブログを立ち上げるにいたりました。
もしかしたらアンタッチャブルな団体も登場するかもしれませんが
できるだけこのブログが長く続くように恐る恐る(笑)書き込んでいきたいと思ってます。
カテゴリーについて
大本・日月・錦之宮 魔方陣 大本教、日月神示に関連した魔方陣です。
やんごとなき系魔方陣 千代田区一丁目にお住まいの一族に関する魔方陣
物部魔方陣 歴史の闇に消えたかに見える「物部氏」に関する魔方陣
空海魔方陣 そのものズバリ「空海」に関する魔方陣
魔方陣 その他の魔方陣?
海外系魔方陣 海外に存在するかもしれない魔方陣や外資系企業の魔方陣
などがあります。読みにくい文章かもしれませんが、
魔方陣に興味を持って下さる方が増えたらいいなぁと思って更新していく所存です。


テーマ: - ジャンル:

 EQUALハジメマシテ!
初めまして…始めまして?
調べてみたらどっちでもいいみたいですが
ハジメマシテ TWISTEQUALと申します。
初めてブログというモノを体験しています
世の中の謎を発見したり (と言ってもたぶん「魔方陣」と呼ばれるモノだけかも)
趣味にしている寺社仏閣探検(アンド参拝)について
つらつらと書いていきたいと思ってます。

今年2007年のねぶた大賞『聖人 聖徳太子』 
今年2007年のねぶた大賞『聖人 聖徳太子』 ベイブリッジという橋の下をくぐっています
(実物はかなり大きいんですが)
題材は「聖徳太子と物部守屋の一騎打ち」です。

まぁそんな感じでよろしくお願いいたします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。