TWIST&EQUALビフォーアフター
世の中に隠された謎を発見!できたり、寺社仏閣の探検?ができたらいいなぁ…と願いつつ
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 TWIST EQUAL 「ハジメマシテの皆様へ」&2017/10/22ブログ更新
はじめまして TWIST EQUALと申します。
このブログを読んで興味が湧いた方は、
↓下の文章を読んでいただけたらうれしいです。

常連の方はこちらをどうぞ
2017/10/22
なんとか形になったら発表しようと思ってたら、なったみたい。
EQUAL 「Geometry330 Mioros390 & 好戦的 PartⅠ」
EQUAL 「Geometry330 Mioros390 & 好戦的 PartⅡ」
EQUAL 「Geometry330 Mioros390 & 好戦的 PartⅢ」

2017/3/21
魔方陣はありません。
仮説を使った仮説で日月神示の「アイカギ」を表現
EQUAL 二三三二二 「ユダヤっぽいの出ました」

2016/10/31
ハロウィンブームに乗っかって、今年最初で最後の?魔方陣
切なげなタイトルに騙されると酷い目に遭います!(笑)
EQUAL「潮風の酒天童子 PartⅠ」
EQUAL「潮風の酒天童子 PartⅡ」

2015/3/29
新しい魔方陣はありませんが必死こいて書きました
しかし読んでも困惑する可能性大?
EQUAL「◯現人神と1343mズレた帝都物語」
EQUAL「相対化できるタイプの愛国」

気づけば記事も200を越え、
数えていませんが、第2ブログ、第3ブログを加えれば、
100個以上の魔方陣を発表したかもしれません。
初訪問の方はたくさんありすぎて
読みきれないと思うので、
主だった魔方陣をチョイスして交通整理をしたいと思います。
お好きな分野をチョイスしてお読みください。

▲まず魔方陣とはなんなのか?
「EQUAL魔方陣」

▲ネットで初めて発表した魔方陣
三つの携帯会社とやんごとなき方々、ある神社が出てきます。
「EQUAL携帯天皇PartⅠ」

ここからちょっと自信のある魔方陣です。
▲大げさじゃなくてホントに地球規模で描かれた魔方陣
「TWIST 2150000000の魔方陣 Ⅰ EQUAL」

▲日月神示という教典に関する魔方陣
「黒住教・天理教・金光教・大本教」に加えて「伊勢・錦之宮 日月神示」まで繋がります。
「TWIST 黒住 天理 金光 大本 錦之宮を統べる金神 EQUAL」
「TWIST 富士鳴門×金神ライン=黒住天理金光大本錦之宮伊勢を統べる? EQUAL」
それらのラインがたくさんのひとけたの比率を持ってた。
「TWIST THE 富士鳴門×金神ライン EQUAL」

さらにその日月神示と比叡山・高野山を組み合わせた
「TWIST 高野山と比叡山Ⅰまるで日月神示 EQUAL」

▲八幡宮の総本社「宇佐神宮」 紀州にある「熊野本宮大社」「玉置神社」
そして大本教の聖地 綾部が首都の中心部と結びつきます。
「EQUAL(宇佐神宮+やんごとなき)÷2=玉置神社×熊野本宮=綾部大本」

▲東京に存在する三つの唯一神に関する魔方陣
「TWIST 東京の唯一神 3/5だけペンタゴン EQUAL」

▲朝鮮半島・中国が気になりすぎる方に
「TWIST 伊勢・鹿島+ソウル・ピョンヤン+紫禁城 EQUAL」
「EQUAL 東アジアセントラル& 3 : 5 」
なぜかあの超大国も登場
「TWIST 大本×USA=ウシトラの金神 EQUAL」
「EQUAL それはアジアの彼方から」

▲台湾、チベット 満州も魔方陣的見地から
「EQUAL OneWorld OneDream OneTaiwan OneChina」
「TWIST ポタラ宮と日本 EQUAL」
「EQUAL ツイストイコール君の J M C T 歴 史 認 識 」

▲陰謀系の好きな皆様に
「HAARP」って言葉が何だか知ってる方へ、
「EQUAL救世主のハープ」

▲謎の大王「ニギハヤヒ」が見え隠れする魔方陣
「EQUAL宇佐神宮 と もうひとつの太陽」
「EQUAL再びの一枚目の神鏡」

▲日本とアメリカにあるマイクロソフトとGoogleの魔方陣
「EQUAL MS Google 東西南北」

▲存在感の乏しい三貴子の一柱「ツクヨミ」が三柱の太陽神を仕切ってる
「EQUAL ツクヨミと三柱の太陽神たちPartⅠ」

▲オオクニヌシとその子供である兄弟の魔方陣
「EQUAL国津神ブラザーズ!あるいは「神々の流竄」魔方陣」

▲日本にとっては悲劇的な魔方陣です。
「EQUALマンハッタンからマンハッタン計画へ」

▲青森県人がお江戸の守護神にチョッカイを出した
「EQUAL 神田明神 明治の二等分ライン! 将門ヘキサゴン?」

▲TOKYOに伊勢の外宮をスライドさせてみた
「TWIST GEKUU IN TOKYO EQUAL」

▲三大弁財天を結んだだけだけど
「EQUALきらめく弁財天ネットワーク」

▲大本教系列の「伊都能売神諭」から
「EQUAL大正 五 六 七 年」

▲インチキっぽいけど、なぜか個人的に自信ある魔方陣
「EQUAL かなり 五 六 七 八 幡 宮 (+なぜか王仁三郎)」

▲発祥の地から「一二三」が出てきてビックリだ。
「TWIST 東 国 一 二 三 社 EQUAL」

▲庶民の神様「イナリ」を統べようとする野望の影…
「TWIST イナリの王様&お姫さまのイナリ EQUAL」

第2ブログ「PLUSWORLD くるくるエイジア」から
▲「○○は国家と共に歩む」って言葉があるそうです。
「PLUS ○○は魔方陣と共に歩む?」

▲これが事実だとしても、遷都とは結びつかないかもしれない(笑)
「くるくる せんとくん」

▲国会議事堂の向きからここまで妄想
「くるくる 西から飛んできた?日月錦之宮とつながる?国会」

第3ブログ「(M)SUN×(S)MOON」から
▲金神セントラルって言葉を作りました。そこから生まれた色んな比率たち
「S セントラルな比率 S」

▲関ヶ原を制すモノは日本を制す?
「M 関ヶ原とてんびん東照宮 (幣立神宮も登場) M」

▲「江戸と日光は正確に南北に並んでない」とヒネクレ者は騒いだ。
「M (日光×江戸)南北ライン M」

「こんなに読むヒマねぇよ」と言われそうなくらい
ドッサリ紹介しました。
(ほぼ全部を羅列しただけって説もあり、笑)
広範囲 多方面に繋がっているので、
右側にある「カテゴリー」も利用なさるとよろしいかと。
悪意の無いリンク、画像利用は大歓迎なんでドンドンしてください。

読んで面白く感じて下さったらうれしいです。

テーマ: - ジャンル:

 EQUAL 「Geometry330 Mioros390 & 好戦的 PartⅢ」
「G」「M」と続いてきたこのシリーズ
ラストはタイトルの通り「好戦的」です。
前々回、「Earthに円を描く機能が」と書きましたが、
それで遊んでたら見つけた魔方陣です。
「ヴェシカパイシス」という宗教系のシンボルがあるそうで、
同じ大きさの円をお互いの中心と円周に重ねた図形です。
ヴェシカパイシス
これを「G」と「M」に当てはめたら面白い発見が。
 
注目したのは円が重なるポイント。
上下ふたつあります。
GMヴェシカパイシス
 
下の交点は今ひとつピンと来ませんでした。
晴海埠頭、オリンピック選手村のお隣りです。
選手村と円の交点
2014年頃の予想図では何か出来そうな雰囲気でしたが、
今の計画ではどうなってるのか、さらっと調べましたがわかりませんでした。
選手村と円の交点2014
 
もうひとつの上の交点
こちらは大変興味深かったです。
まるで交点にあるような水色アイコン
これまでの推察が正しいと証明してくれるような場所でした。
防衛省A棟拡大俯瞰
交点はスレスレで庁舎に引っかかってませんが、
「防衛省」を意識してるみたいだと思いました。
2本の円周が敷地全体を縦横に走ってます。

円の交わる点は正三角形を構成する一点でもあります。
そして上の拡大図を見るとムラサキラインは
庁舎の中心、水色アイコンに接触しそうな軌跡です。
魔方陣的に表現するとこうなります。
「防衛省・M390・G330は最大誤差1.949…%の正三角形」
「G330を頂角とした誤差0.394…%の二等辺魔方陣」である。
千代田区+港区という狭い範囲でこの誤差は小さいと思います。
(ちなみに三辺の長さは3.697369km 3.711943km 3.769.413km)
三つのポイントの緊密さが、さらに際立つ気がします。
正三角形で二等辺
 
以前発表した作文で魔方陣から「富国強兵」が透けて見えると書きました。
今回も強大な商人(「G」とMitsubishi390) アンド 軍隊みたいな組織なんで
同じ言葉が浮かんできます。
その作文では靖国神社を強兵のシンボルと見なしましたが、
今回はダイレクトに「防衛省」です。そしてムラサキの円上には、
ムラサキ円と靖国神社・武道館
ムラサキの円は本殿ではなく、拝殿に引っかかってますが
G330から
→靖国神社 3.678054km
→M390    3.711943km 誤差は0.921…%   
誤差的には魔方陣は成り立っていそうです。

近年はチャラけたイメージですが
首都の真中に残された「武」の殿堂も、
富国強兵の歴史を今に伝えるレガシー(笑)かもしれません。
中央のタマネギ付近を円周が走ってます。誤差はほぼ無いでしょう。

武道館はこれ以外にも防衛庁・G330・M390が作る角度を二等分するラインが
こんなふうに伸びていきます。
頂角を二等分する武道館
ムラサキ円周の正確さに比べれば今ひとつですが
武道館を目指してると思える軌跡です。
暗い将来、アーティストのコンサートは禁止
怒鳴り声が集会するだけの場所になってたりして?

(そんなのイヤだな)

二等分ラインを見てたら既視感のようなものを感じました。
そういえばPartⅠの星からおろした垂線がこんな感じでした。
五芒星 御所から垂線
この水色のラインは御所―六本木ヒルズで作った五芒星から導き出され、
黄色は前述のように三角形の二等分ラインです。
成り立ちは全く違うのに軌跡はそっくりです。

水色と黄色、ふたつのラインを拡大
(できるだけラインが長く&ギザギザにならないように斜めにしてます)
五芒星&正三角形ライン拡大
これくらい拡大するとラインのズレと密着度がよくわかります。
それでも魔方陣を重ねて俯瞰すれば
別々に作ったとは思えない五芒星と正三角形です。
(拡大できます)
五芒星&正三角形

せっかくなんでライン上を丁寧に見てみます。
御所 国会議事堂 首相公邸
・水色ラインは御所スタートなので当然建物の中心です。
黄色も中心から離れてますが建物に引っかかってるので
魔方陣はイチオウ成り立ってます。
・国会議事堂・首相公邸は黄色の方がより引っかかってます。
衆議院しか相手にしてないようにラインが走ってるのが、リアルですね。

アメリカ大使館 G330
・今回のシリーズ、連続出場・皆勤賞おめでとうございます(笑)
最初に水色ラインを紹介した時もアメリカ大使館は出てきましたね。
・G330がスタートなので黄色ラインがタワー中心になるのは当然ですが、
水色も中央スレスレです。これもPartⅠで紹介しました。

二等“分”に続いて、二等“辺”について
黄色い三角形はほぼ正確な二等辺でした。
下図の垂直に走る白いライン上のポイント・防衛省・M390を結べば
誤差ゼロの二等辺三角形が描けます。
4つの三角形も完全と言えそうな二等辺です。(ただし数十センチ単位の差あり)
G330もさっきの黄色三角と同じに見えますが微妙に違います。
超スレスレもありますが、4つの頂角は全て建物内にあります。
誤差ゼロ二等辺 防衛省・M390


 
円の中心に位置するG330はPartⅠでも同じく円心にありました。
ふたつの円を重ねてみたら、さらに新しいラインが?
G330の二重円
 
内側の六本木ヒルズと外側の靖国神社を結ぶと
ミッドタウンはこの辺り。一直線と言えそうです。
靖国―ミッドタウン―六本木ヒルズ

防衛省から真南に、六本木ヒルズから真北にラインを伸ばすと
防衛省六本木ヒルズ

同じく武道館と虎ノ門ヒルズの南北ライン
武道館虎ノ門ヒルズ
どちらのコンビも南北に並んでるようです。
そういえば虎ノ門ヒルズのほぼ真北に宮中三殿があると
発表してましたね。EQUAL「トウキョウダグラスヒルズ」
今回から「武道館―ほぼ宮中三殿―虎ノ門ヒルズ」になりました。
二重円と南北ライン
 
円周上に御所はありませんが
→防衛省     1.995519km
→虎ノ門ヒルズ 1.964815km
誤差1.563…%の二等辺魔方陣でした。
御所と防衛省虎ノ門ヒルズ二等辺

G330を中心にしたふたつの円は独立してるわけでなく、
新たな魔方陣で結びついてました。
さきほどの「ムラサキ五芒星・黄色三角形が関連してる」という推察を補強できるような・・・



タイトルの「好戦的」をできるだけあっさりと表現したつもりです。
PartⅠとⅡの半分は5月くらいには書き上げてました。最近、気まぐれで再開して
今日までにナントカ形になっていたら発表しようと思ってました。
ナントカ出来たので発表します。
                                                     

テーマ: - ジャンル:

 EQUAL 「Geometry330 Mioros390 & 好戦的 PartⅡ」
EQUAL 起点TOKYOスカイツリーの「じぇんこライン」
以前書いたように「じぇんこ」とはこっちの方言で「お金」のことです。
その名の通りお金で彩られた魔方陣で、そこから派生した虚しい作文
EQUAL「相対化できるタイプの愛国」も発表しました。

個人的には驚くような当然のような気分ですが
千代田区一丁目を「Mioros」390メートルのビルも
お金ラインのメンバーでした。それもちょっと特別な。

スカイツリーヒルズライン中点M390
ラインの起点はスカイツリー、終点が六本木ヒルズのじぇんこライン
その中点がまさにこの辺り。
拡大するとスレスレで390mのタワーでは無く
北側の低層階で若干「ありゃりゃ」ですが、
スカイツリーヒルズライン中点M390拡大
このビルは北西のD棟に下水ポンプ場、隣りの広場にも地下変電所
なんかややこしいビルです。

下水ポンプ場&地下発電所

いろんな施設が同居した結果、スレスレになった?
どうせならタワーに引っかかって欲しかったですが、
これくらいのズレならラインの中央を意識してたと感じました。
※計画図を見ると390mのビルはA棟では無く、B棟の方です。
施工順、完成順でABCを割り振ったわけでもありません。
ちょっと不思議ですが、もしやモノノベ系のマジカルか!?(笑)※




お金ラインは三井・三菱・住友が揃い踏みの、
大変ゴージャスなメンバー構成でしたが、
驚くことにライン的に一番ナイスだったのは、非財閥系の六本木ヒルズで
ランク付けでは「日銀 財務省 金融庁」で一位になりました。
なんとビックリ、M390のラインはまるでヒルズのそれをなぞるかのような軌跡なんです。

ふたつのラインが最も離れるヒルズ付近でも、
メートルじゃなくて、たった30センチくらいのズレです。
M390ヒルズ限界まで接近
こんな事が起こるとこっちがビビります。
今まで設計図で割り出した作図も、
Earthの3Dとそれほど違わなかったので、
M390も同様だといいのですが。 

というわけで、日銀・財務省・金融庁などを走るM390ラインは省略します。
これくらいの高度だと六本木ヒルズの軌跡と同じになるので(二度手間がメンドイので、笑)
「青いライン辺りを走ってるんだな」と思ってご覧ください。
JENCO日本銀行 JENCO財務省 JENCO金融庁・霞が関ビル

「VS.ヒルズ」
ほとんど同じ軌跡ってことは、キレイな一直線ってことですが、
そうなるとヒルズの屋上展望台からスカイツリーは見えなくなる!?
六本木ヒルズからスカイツリーとM390
M390の頭からチョロっと出てる毛みたいのが
スカイツリー(のアンテナ)です。
現実ではEarth通りにいかず、もしかすると全く見えなくなる可能性もあります。
(「逆も真なり」でスカイツリーからヒルズの姿も・・・)
お金ラインの正確さが “同率” 1位になったことも含め、
森ビルにとってM390=「一種の営業妨害」だったりして。

ラインひとつとっても「攻めてんなw 三菱地所」って感じですが、
実際このビルはヒルズだけでなく、あちこちを「攻めてる」気配があります。
前回「魔方陣=友好コネクション」と記しましたが、
M390には、それにも増してメンバーに対する強気な態度がチラホラと?
それをふまえての「Mioros390」ってタイトル、
「VS.ほにゃらら」ってサブタイトルです。


 
する賀てふ+M390
歌川広重 「する賀てふ(駿河町)」+M



「VS.三井」
浮世絵に描かれた道の左右に三井マークが並んでます。
現在ここは三越本店と三井本店(日本橋三井タワー)になってます。
お隣りには日本銀行。そして道の真中を走る白いライン
富士M390ライン拡大

高さ日本一のビルになる予定なので、
日本一高い山と結んだら気づきました。
白いラインは富士山→M390を延長させたモノです。
富士M390ライン
この道が富士山を向いてるのはテレビで知りましたが、
ビルの林立によって、絵のような富士山は
とっくの昔に見えてなかったと思います。だからと言って・・・

魔方陣的に重要視してるのはこの道じゃなくて、
隣にある日本橋三井タワーなので、Earthを使って
タワーから富士を眺めてみました。
三井タワーから富士山
この画像だと富士を遮ってませんが、
なかなかの威圧感ですね「M390」
考えようによっては挑発っぽいこの行為。
これには「日本銀行」が関係してるんじゃないか?

三菱の大手町・丸の内の発展によって
三井の縄張りは東京駅の「向こう側」って世間的な認識になりました。
それでも「お隣りは日本銀行」という立地は、
由緒ある財閥の格の違いを内外に示していたはずです。
同じように江戸時代からの歴史を持つ住友財閥にも
グループの本社や大阪の拠点などが入居している
住友村がありますが、旧淀川(土佐堀川?)を挟んで、
正面に日銀大阪支店があります。
住友村
線路や道路、河川は一種の結界であると
加門さんの魔方陣本にありました。
JRの新幹線 / 中央本線 / 山手線 / 総武線 / メトロ半蔵門線 /
高架・地下の首都高 / 日本橋川 / 外堀通り /

もしかすると東京駅の「こっち側」と日本銀行は、
何重ものマジカルな壁で隔てられるのかもしれません。
(東京の人じゃないんで交通機関とかあやふやです。間違ってるかも)
 
そんななかJRの壁を乗り越えて目の前にやってきたM390
建設地は目の前にある橋の名をとって「常盤街区」 
その橋は日本橋川を跨ぎます。
常盤橋 日本橋川
前述のとおりM390の「お金」ラインはかなりの精度で日銀を突っ切っています。
表面的には「国際的な金融センターなんたらかんたら」
しかし裏ではこっそり富士山を遮るなどしてライバルを牽制しつつ、
圧倒的な巨大さで「Mioros」ことで、日銀に対する影響力を強めようとしている?

押さえこみたいのはゴジラよりこっち?
Mioros日本銀行
(最後にとどめを刺したのはシン・M390らしいですね)

三菱東京UFJが日銀に「ノー!」を突きつける(2016)
日銀の審議委員にふたりの三菱系(2017)

まだタワーが建ってないのにこんな状態です(笑)
これ以上の影響力は必要ない気もしますが、
それでもなお「VS.日銀」を抑えられないのがアキンドの宿命なんでしょうか・・・



「VS.住友」
じぇんこ魔方陣では、
2016年竣工の「六本木グランドタワー」
住友会館のある「泉ガーデンタワー」が、
スカイツリー起点でアメリカ・中国両大使館と結びついているようだ。
それによって住友は自らを伊勢神宮と重ねあわせてる?と推察しました。
「ラインの精度的には今ひとつ」と付け加えて。

米中大使館 三菱VS住友ライン
スカイツリーと結んだ住友・三菱ライン、その延長ラインです。
4ラインとも大使館の敷地を通ってますが、
建物に引っかかってるのは片方の陣営だけです。

こっちのほうが分かりやすいでしょうか
青がアメリカ大使館 ピンクが中国大使館のラインです。
米中ライン 三菱VS住友
スカイツリーに近くて規模が大きい方が有利としても、
勝敗(?)は一目瞭然です。
精度はともかく自分たちのビルが
『米中ラインに引っかかってる』
住友グループ、あるいはその一部の人々は
この事に優位性を感じてた、と僕個人は妄想してました。
それなのにさらに正確なラインを引かれて、お株を奪われた状態です。
「めっちゃムカつく」と一部の人々が怒ってる、なんてことは・・・?

390mのタワーがA棟じゃなくてB棟なのは、
高さは米ラインのB棟>中ラインのA棟
名前(順番)は中国A棟→アメリカB棟って感じで
伊勢神宮の魔方陣と同じように、ふたつの大国と
偏りなくバランスをとるためかもしれませんね。
そういえば前回のお金ラインでは 
「六本木三丁目東地区ビル」って呼んでたビルが
「住友不動産六本木グランドタワー」 
いつの間にか立派な名前がついていました。
一番大きなテナントの「テレビ東京」は知ってましたが、
「DMM」が5階も入居してて、一瞬ビックリしました
多角化を進めてるようですが初心も忘れずに頑張ってください(笑)



「and○○」
M390計画が報道された時、記事の中に
「六本木ヒルズ」「エンパイア・ステート・ビル」ってワードがありました。
いくら知名度があるといっても10年前、90年前の建物です。
とっさの感想は「もうちょっと旬な、今どきな例えは無いのかな・・・」
同時に「もしや魔方陣と関係あるのでは?」と思いました。
そのカンが当たっててうれしかったです。
報道による「ネタバレ」を初めて体験したビルでした。

日本にエンパイア・ステート・ビルは建ってませんが、
僕以外の多くの人も「日本のエンパイア・・・」と呼んでるタワーが
東京の代々木にあります。

代々木ドコモタワー&エンパイア・ステート・ビル
代々木ドコモ&エンパイア・ステート

そんなフォルムのドコモタワーと「御所」の東西関係は携帯魔方陣で発表済みですが、
M390もその巨大さのおかげで、この東西ラインに参入できそうです。
代々木ドコモタワー・御所・M390

不思議なんですが「東西」でふと思い出したのが物部魔方陣でした。
そこでは物部氏の実質的な始祖といわれる
可美真手命真西に六本木ヒルズという配置でした。
二本の東西ライン

なんとなくの思いつきが面白い結果を産みました。
ドコモタワーから
→M390     5.987673km
→可美真手命  6.050637km
誤差1.052…%の二等辺魔方陣(オレンジ)です。
ちょっと数字大きめですが、ラインの短さを鑑みればまあまあの誤差かも。
さらに「なんということでしょう」 エンパイア・ステートな大使館がこんな位置に。
ドコモタワー二等辺アメリカ大使館
二等辺ラインとお金ラインのちょうど交点です。
ほんとうによく出てきますね。交点という文字通り「点」なので、
僕のアメリカびいきが理由ではありませんですよ(笑)
そんな大使館を拡大すると面白い発見が。

御所・アメリカ大使館1:2
オレンジラインと青ライン(M390-六本木ヒルズライン)を
1:2に分けるポイントが大使館付近にあります。
隣りに御所も拡大。
こっちのオレンジアイコンも、ちょっと離れてますが「1:2」ポイントです。
二等辺のうえに、トリプル「1:2」まで隠してました。
ドコモタワー二等辺・御所アメリカ大使館1:2
ほぼ同距離で二辺とも「1:2」の比率
個人的勝手に推察しちゃうと、エンパイアなドコモタワーは
M390≒可美真手命 さらに御所≒米大使館と見なしてる!?
(*_*)「ひょえ~」(笑)

さらにM390→六本木ヒルズが4.518753kmなので
3本のラインは「3:4:4」になっています。
(正確には 3 : 3.975 :4.017 )
ドコモタワー二等辺アメリカ大使館3:4:4
「1:2」「3:4:4」と階段状の比率が見つかりましたが、
前回のG330は黄金比を構築しまくりでした。
(「φ」 ファイ、黄金比1.618…)
1φ
φφ+1
   =φ+1 : (φ+1+φ
         =(φ+1+φ : ((φ+1+φ))+(φ+1
この数式だとわかりにくいですが、規則正しく数字が増えていく黄金比も、
一種の階段状かもしれません。
魔方陣「G」と「M」の共通点がひとつ見つかった?

「携帯魔方陣Part6」では、可美真手命の神像から
→御所       3.003744km
→六本木ヒルズ 3.051414km
誤差は大きめの1.587…%の二等辺魔方陣を紹介しました。
今回のM390→アメリカ大使館が2.968977kmなので
3ラインの誤差、最大2.777%、最小1.171%
さらに数字が開きましたが、同距離を意識してるようなラインたちです。
御所・M390・神像・ヒルズ3ライン


皇居のもうひとつの神聖ポイント「宮中三殿」と結んでみました。
延長線にヒンガシの御所?
東宮三殿M390
M390→三殿の延長線がオレンジライン M390と東宮を結んだのが水色ラインです。
お互いの建物をラインは突っ切ってるので、三つは一直線上と見てもいいと思います。
御所の真東にお建ちあそばすM390が、天皇家のシンボルを通じて
本物のの御所と結びつくとか、面白い魔方陣かもしれません。
 
ここでラインを一本追加
東宮→M390の方位角は79.406・・・度       
プラス90度したラインを東宮から引いたら、再びご登場の六本木ヒルズ。
なんか飽きてきた・・・読者の皆さんは「もっと飽きてるよ!」でしょうねw
東宮直交ライン俯瞰

ラインをここでストップさせたのはヒルズがあったからでは無く、
東宮→M390ラインのちょうど1/2の長さに当たるのがこの地点だったからです。
拡大図を見てもビルの巨大さのせいで1/2地点のアイコンは、
タワーの最上部に引っかかってます。
(中心から30mズレても「まだ屋上」って、デカイんですねヒルズって)
直交ライン六本木ヒルズ拡大
直交ラインの軌跡はタワー中央スレスレなので、
少なくとも直交は意識していたと考えました。
さらにふたつのライン比「1:2」も、“スレスレですが”考慮していたのでは?
三点を結べば「1」「2」「√5」の直角三角形になりますが、
その三角形が存在する、って仮定でここからの話を進めます。

この三角形を使えばとても簡単に『黄金比』を表せるのを
ご存じの方もいると思います。つまり「東宮→M390ライン」と
「東宮→ヒルズ(屋上の端っこ)→M390ライン」は黄金比ってことです。
黄金比だらけだった前回のG魔方陣。
こちらにも黄金比は存在していました。
東宮M390ヒルズ 黄金比展開

この後は見つけた順番に書いていきます。
長さの比ではなく角度に注目しました。東宮の直角・90度です。
45度と45度、角度を「二等分」するラインはどこへ向かうのか?
ある意味、期待を裏切らない結果でした。
直角を二等分するラインとアメリカ大使館
建物的には掠める程度ですがUSAの敷地を横切ってました。
√5ラインとの交点は大使館?隣りのマンション?ちょっと微妙です。

机上の空論は続きます
√5のラインに直交する垂線を下ろすと
ふたつに分けられた三角形の両方が
最初の1:2:√5の三角と相似形、同じ形です。
垂線はここでぶつかります。
√5ラインに下りる垂線とグランドタワー
残念ながらビルには届いてませんが、
住友六本木グランドタワーのエリアだと思います。
(ラインを延長すればビルの中心辺りを突っ切ります)
「住友タワー・東宮・ヒルズ」「住友・M390・東宮」も
相似っぽい三角形を描ける? 


同じ三角形をふたつ合わせて「1:2」の長方形にしてみました。
M390ヒルズラインは対角線になります。
そして対角線の交点はいかにもお金ラインにふさわしい存在
「財務省」でした。
相似三角形ふたつ 財務省・本願寺
 
新しくできた長方形の第4点は
もうちょっとズレてれば、と正直思いましたが
築地本願寺の“お隣り”にありました。
このお寺が御所の方を向いてるのでは?って魔方陣は
以前紹介しました。
「EQUALやんごとなきCROSS」
第4点・築地本願寺拡大

「財務省」を中心に「東宮」「M390」「築地本願寺」「六本木ヒルズ」が
ほぼきれいな4方位を取り囲んでることになります。
お金ってほんとうに素晴らしいですね!(笑)
相似三角形ふたつ 財務省拡大

最後に単純な数学から導き出された魔方陣
地図の向きを変えて東宮御所をテッペンにします。
アメリカ大使館(の方向)に伸びる水色のラインを軸とすると、
財務省・ほぼ築地本願寺 & 住友グランドタワー(オレンジ)
宮中三殿・M390 & 六本木ヒルズ(緑) 
ふたつのテンビン(二等分)が成り立つことになります。
テンビンを横切ってるのは√5ラインとお金ラインです。
東宮御所から二重のテンビン

御所の真東のM390から始まった魔方陣ですが、
ずいぶんパワフルな相手と東宮を結びつけたもんだと感心します。
(単なる利己主義の結果かもしれませんが、笑)
ところで現実(2017年)に戻ると、
あと数年であの東の御所はどんな扱いになるんでしょうか。
よくわかりませんが、次の次の御代に備えたニュアンスになるんでしょうか?



「VS.○○」
空間が裂けて地面に星空まで見えてますが、
Earthに無茶させて、御所の内側から真東(方位角90度)の方向を見ています。
御所から眺めるビル群

2003年に丸ビルが建ったとき
「宮内庁が樹木で目隠しした」なんてウワサを聞きましたが、
それを鼻で笑うような圧倒的な雄姿 御所を Mioros390です。
右側にA棟がちょこっと見えてますね。
M390ほどあけすけじゃないですが、
右派を標榜する新聞社の「本音」も見え隠れ?
ご丁寧に窓がこっちを向いてます。
※伊勢内宮→宮中三殿→読売ビルってラインがあるので、
御所は関係なくてふたつの八咫鏡に対応した(何らかのプラスを与えるための?)
高くて真っ白なタワーって可能性もあります。
心無いフォローでした(笑)※

Earthが皇居の森を100%再現してるとは思いませんが、
現実とそれほど違わない可能性もあるんですよね。
M390によって東宮御所は一種特別な位置になりましたが、
御所の方はなんというか・・・

そんなこんなのM390
「マジすかw」と思いましたが、最上階に展望台を設置するらしいです。
M390展望台

「観光客」は大きな経済効果を産み出し、
その行動はもちろん自発的です。それを盾にして
「不敬」だと叩かれかねない自分たちに矛先が向かないようにする。
やり方が上手いですね、Mioros390
完成予想図では全面ガラス張りなのに皇居側だけ塞ぐんでしょうか?
もう一方の天津神を背負う、ミツビシの本気度が「今!試されます。」(笑)
というか展望台を云々する以前に、すでにオフィス階からでも丸見え、みたいな・・・

Moiros御所
|д゚)チラッ |д゚)チラッ |д゚)チラッ |д゚)チラッ


 
PartⅡはこんな感じで終了です。
東宮御所のくだりだけは、熱病がぶり返したみたいに一気に発掘できましたが、
それ以外は勢いなくダラダラと書き連ねた記事です。
もうちょっと魔方陣が隠れてそうなのにテンションが続きませんでした。残念です。
もしかして「他意」が入っちゃうと、こんな仕上がりになるのかな・・・よくわかりません。
「三菱はモノノベと、イヒヒヒヒ」まるで子供のように、はしゃいでたのがウソみたいです。
知らないうちに世間様に影響されたのか、性格がひねくれすぎたのかw
せっかく発見した魔方陣をどこかしらけた気分で眺めてます。
「高く高く突き抜けた!」と思ったら、逆さまにヘドロ沼の底に大激突!(笑)
今年に入って服部ナントカって人の「三大考」を読む、のはメンドイので
画像検索でたどり着いたサイトをちょこちょこ拝見しています。
それプラス最近の世相のせいで、こんなことを思ったのかもしれません。
(宇宙もヘドロ沼も呼吸が出来ないって点では似てるかもな・・・)
 
PartⅢもあんまり自信ない出来栄えですが、よろしかったらご覧ください。
   

テーマ: - ジャンル:

 EQUAL 「Geometry330 Mioros390 & 好戦的 PartⅠ」
Geometry」
幾何学って意味らしいです。
意味もわからんのにタイトルに使ってみました(笑)
「330」は森ビルが麻布台に建てるビルの高さ、330mのことです。
東京どころか日本一の超高層ビルになります。
500mしか離れていない333の東京タワーと
ツインタワーのように並び立つ!?
330mのタワーもスゴイですが、隣りのマンションも270m、240mと
圧倒されるような超高層です。
その数年後には3菱地所が千代田区を「M i o r o s」 390mが
日本一の座を奪取!?(Mioros390mはB棟で、A棟は230mです)
G330・M390イメージパース

さすが幾何学!数字ばっかり(笑)
ふたつのビルはまだ建ってないので、
こんな感じで計画図をEarthやMapに重ねて、
ポイントを決めてみました。
多少のズレはあると思いますが大きくは外れないはずです。
G330M390.jpg



2017年時点では東京で最高層のビル「虎ノ門ヒルズ」
このビルの魔方陣がEQUAL「トウキョウダグラスヒルズ」です。
2013年の虎ノ門ヒルズ
2013年5月、オノボリさんした時に撮った写真

その際「36・36度の二等辺三角形が成り立った!」
「これを使って五芒星が出来るかも?」ってことで、
2/5しか成り立ってないのに、戯れにラインを引いてみました。
“戯れ”と言っても誤差20センチ程度。可能な限り正確さを求めました。
規模を考えれば、ほぼ完璧な五芒星だと思います。
環状二号線御所六本木ヒルズ五芒星 
この星形は御所→六本木ヒルズラインから生まれたので、
今回はそのラインを基準にして、虎ノ門ヒルズのアイコンは
建物の中心ではなく五芒星の交差点をポイントして話を進めます
ふたつは7.2m離れていますが中心近辺だと思います。
虎ノ門ヒルズ 五芒星の交差点
 
この五芒星を御所を上にして真下に垂線を引くと
ライン上にGeometryのG330
軌跡はポイントスレスレで、かなりの正確さで幾何学的に配置されてるのが解ります
五芒星 御所から垂線

前にも紹介しましたが
五芒星の中心は再開発中でこんな感じです。
ポイントの隣りに高さ205mの超高層ビル
「赤坂インターシティ AIR」が建設中です。
(タラタラ記事を書いてたら2017年8月に竣工(完成)してました、笑)
五芒星中心と赤坂インターシティAIR
道を挟んでアメリカ大使館があり、
まるで建物の向きに合わせるように水色ライン
これがさっきの垂線なので、
「御所→アメリカ大使館→G330」は一直線になってます。
(ウープス!、笑)
 
もうひとつ発見が。
五芒星の角は36度ですから、垂線は角度を18度・18度に二等分します。
この18度に注目して虎ノ門&六本木、ふたつのヒルズから
18度・18度のラインを伸ばすと交点にはG330
つまり三つのビルで二等辺三角形を形作ってます。
五芒星抜きでも魔方陣な関係でした。
18度・18度の交差ポイント
※交差点は中心から8.3mズレていて、虎ノ門ヒルズと同程度のズレです。
虎ノ門と同じくこの交差する場所を今回のG330ポイントとして話を続けます※



五芒星といえば「黄金比」が有名です。
1:1.6180339887…の比率で、五芒星はこれで成り立ってるようなものです。
もっとも美しい比率と呼ばれ、芸術やデザインの分野でも
見つかることがあると言われています。
Pentagram.png

この黄金比って視点で眺めると
御所から
→虎ノ門ヒルズ 
→六本木ヒルズ
この2ラインも黄金比。
逆も真なりで六本木ヒルズから
→虎ノ門ヒルズ 
→御所も同じです。
三つのポイントは黄金比で成り立っています。
御所・虎ノ門ヒルズ・六本木ヒルズ黄金比

今回のG330を加えるとさらなる黄金比が現れた?
頂角をG300にして、虎ノ門・五芒星の中心と結ぶと
36度・72度・72度の二等辺三角形(グリーン) 三辺は黄金比です。

先ほど紹介した頂角G300・六本木・五芒星の中心、の青い三角形だと
108度・36度・36度で、こちらも黄金比
五芒星・1818三角形の黄金比

計算上は三つのビルは五芒星の中心、オレンジアイコンから
黄金比の間隔で存在してるみたいです。
「イメージ図」
三重黄金比イメージ図

平面で成り立つ幾何学を球面のGoogle Earthにスライドさせるので、
多少のズレが生じると思いましたが、幸いなことに都内という狭い範囲のせいか、
イメージ図とほとんど変わりない結果でした。
Earthの定規で測ったオレンジ円の半径×黄金比(1.618・・・)が緑の円、
それにまた黄金比をかけたのが水色の円です。
「俯瞰図」
三重の黄金比

「拡大図」
三重の黄金比 G330・六本木ヒルズ拡大
(いつの間にかEarthに円を描く機能がついてたので利用しましたが、
正確には円というより多角形です。多少の誤差もあるようなので、
同距離のアイコンの方を参考にして下さい)

Golden ratio(黄金比)でヒルズを結ぶG330・・・?
 
しつこいですが、さらに五芒星を追加
G330を中心にした六本木ヒルズの星です。
自動的に虎ノ門ヒルズも乗っかります。
外接円を足してみたら、またまたなんか乗ってる~
G330中心の六本木ヒルズの星

都庁から東京一を奪取した248mの東京ミッドタウンでした。
(なぜか現在でも255.5mの虎ノ門ヒルズより高いことになっています。
一種のお役所仕事が原因らしいです)
円の軌跡(黄色アイコン)はタワー中心あたりを通ります。
六本木ヒルズの星 ミッドタウン拡大

五芒星視点で見るとさらに面白いです。
ムラサキ星の中心、オレンジアイコンで
星を作るとミッドタウンが乗ってるからです。
スレスレですがどうにかタワー部分に引っかかってます。
G330中心のオレンジの星 ミッドタウン拡大

青とオレンジの星は円を十分割します。
そうなるとG330・ミッドタウン・六本木ヒルズは
頂角36度の二等辺三角形なので、またまた黄金比になります。
さらにG330・ミッドタウン・虎ノ門ヒルズも頂角108度で、
またまた、また黄金比の関係です。
G330・六本木・ミッドタウン・虎ノ門黄金比

このような配置になる偶然はかなり低いと思います。
とは言え、星が成り立ってるのは半分以下なので、
他の角に何があるのか調べてみました。
鹿島建設・共用会議所・三井倶楽部・国際ビル俯瞰 

残念ながらそれほどインパクトある地点は無かったですが、
多少面白そうなポイントを御紹介
鹿島建設・共用会議所・三井倶楽部・国際ビル 

★鹿島建設の別館はラインに引っかかってませんが、
高層ビルに縁が深すぎる企業なのでちょっと怪しい?
ムラサキの星の交差ポイントでもあり、
虎ノ門ヒルズの線対称になります。

「三田共用会議所」
「G7」・「渋沢栄一」なんてワードが出てくるのが面白い?
最初に書いた水色の垂線上にあるので、
御所→アメリカ大使館→G330→この会議所は一直線です。
財務省が施設管理しています。

「三田国際ビル」
「済生会」という歴史ある団体が登場。
明治天皇から現在の皇族まで関係しています。
こちらの所轄は厚生労働省。
面白いメンバー構成ですが今回の魔方陣に関係してるかは
正直な話、わかりません。
 
●五芒星には関係ありませんが、同心円上に
日本を代表する財閥の迎賓館が乗ってました。
確か東京ミッドタウンは三井不動産の所有だったと思います。
うまく成り立ってるような・・・?

いつものように長いですが、そろそろ終わります。
ミッドタウン→G330の延長線はムラサキ星の
増上寺前ってポイントに行き着きますが、
かつての日本一タワーがこの辺りです。
ミッドタウン→G330→増上寺前

ミッドタウン→G330→東京タワーってラインもありそう?
G330から東京タワー

最後にいつものお約束。東京スカイツリーと結んでみました
虎ノ門ヒルズがこの辺り。
スカイツリーG330俯瞰

斜めからの画像
スカイツリー虎ノ門→G330
ビルが巨大だから成り立つ一直線とも言えます。
ただしG330→虎ノ門を延長させるとスカイツリー付近では
200m以上のズレになるので、今回の魔方陣には
スカイツリーは参加できない模様。



まとめです。
今回はちょっと新しいタイプの魔方陣だったのでうれしかったです。
5つ揃った完璧スターじゃないのは残念でしたが、
五芒星に由来する黄金比はたくさん発見できました。
東京の一等地でこんなたくさんの黄金比を作ってること自体、
僕にとっては一種のミラクルで、プラス何らかの意図を感じます。
(生臭い「経済」のカヲリ?)

東京ミッドタウン・六本木ヒルズ・虎ノ門ヒルズを従えて
文字どおり中心にそびえるG330 
そんなビル群プラス、アメリカンな大使館、大財閥の迎賓館、
そして都内一のパワスポまで巻き込んだ
黄金・Goldenな都市計画が、あと数年で完成します。
まさに「Geometry」にふさわしいカタチで

ラストにしつこく(魔方陣に関係ない)黄金幾何学
五芒星を三重にしても、これも黄金比ですよね?違うのかな

記事とは関係ないけど、このトリプルスター
「殺人を無罪にする方法」でアナリーズがドタドタ歩くシーンに
チラッと映ってた?ような・・・

東京トリプルスター

テーマ: - ジャンル:

 EQUAL「潮風の酒天童子 PartⅡ」
PartⅡにも来てくださってうれしいです。ありがとうございます

いつものような魔方陣も発見できました。
ちなみに2013年に式年遷宮が行われたので
座標もそっちにお遷りいただきました。
(あーメンドクセ、笑) 
 
宇治平等院から
→籠神社   94.947282km
→伊勢内宮 96.913740km
スタート直後の元伊勢とゴールインした伊勢が
平等院のもとで釣り合ってます!!
と書くのを躊躇しそうな誤差ですね。2%くらいあります。
ちょっとガッカリでしたが、ここで伊勢神宮の「履歴」を思い出しました。
確か伊勢の外宮は籠神社から勧請されたはずです。

→伊勢外宮 93.375893km
こっちも誤差が大きいですが(1.7%くらい)
ある思いつきで超正確な二等辺が

→籠神社            94.947282km
→(伊勢内宮+外宮)÷2  95.1448165km
誤差は脅威の0.208%!
それでもインチキっぽいのは事実ですが(笑)
「元伊勢(内宮)」+「外宮のもともとの鎮座地」=籠神社
この等式を魔方陣を使って上手に成り立たせてると、僕個人は感じました。
そういえば「五六七八幡宮」とか、+して÷しての魔方陣は以前にもありました。
(内宮+外宮)÷2=籠神社
※方位的には平等院→伊勢神宮は118~119度
ほぼ120度で「辰」の方位と言うそうです。しかしながら僕の知識では
「辰」だと「どのように素晴らしいのか」わからないのが悲しいですが(笑)※ 


多少無理してますが二等辺が成り立ってます。
「まるで君子みたい」が宇治の地で成り立っている・・・
先入観たっぷりな(笑)感想がうかびました。 



ここで物語に戻ってみます。
有名な?「OOEYAMA」問題です。
「大枝山(老ノ坂)」「大江山」
どちらに童子はいたのか・・・
今回は平等院に聞いてみました。
※大枝山は「山頂」 大枝山のふもとにあって
老ノ坂にも近い「首塚大明神」 ふたつにポイントしました。
これはどっちを選ぶか決めかねたからで、
魔方陣を見て後出しでポイントしたのではありません。
でもポイントがふたつになったせいで
魔方陣の実在が揺らぐことは残念です。
山の方にも首塚と噂される鬼嶽稲荷神社がありますが、
「名前が首塚じゃなくて稲荷だしな・・・」
それに神社のイメージがおどろおどろしく感じなかったので
(神社にとってはいい事ですよね)
気まぐれですがポイントしませんでした※


籠神社・大江山・大枝山二等分
籠神社 大江山 大枝山(首塚)が二等分ラインに見えませんか?
籠・平等院・大江山   9.70…度
大江山・平等院・首塚 9.35…度
角度の差は0.35度で1度の1/3くらいです。
(ちなみに大山山頂では1.3度くらい違います)

三つの存在が平等院のもとでひとつの魔方陣を描いてます。
平等院から見れば大枝山(首塚)にも大江山にも、
そして籠神社にも酒天童子はいた?
三等“辺”の魔方陣だったら成り立ちそうですが、
今回は二等“分”なので、このように読み解くのは
ちょっと無理があるかも?
その連想は間違ってるとしても、魔方陣自体は存在しそうです。
ふたつのOOE、籠神社、平等院が登場する



次は方位そのものに注目 
さっきのメンバーに
もうひとつポイントを加えてみました。
二本のラインは平行に見えますが、
方位的にはそう言ってもいいです。
比叡山籠神社・平等院大江山の平行ライン
比叡山→籠神社の方位角 314.33…度
平等院→大江山       314.63…度
ふたつの方位は0.3度のズレです。
ほぼ同方位だと思います。

ひとつズラしても同じような事が出来たので驚きました。
比叡山大江山・平等院大枝山の平行ライン
比叡山→大枝山      302.66…度
平等院→大枝山(山頂)  303.63…度
こっちはほぼ1度のズレ(首塚だと2.6度くらい)
試しに比叡ラインと全く同じ方位の
水色ラインを引いてみるとこんな感じ
山頂から308mズレた軌跡でした。
大枝山に引っかかってるような、“近辺”のような位置をラインが走ってます。
比叡山大江山ラインと同じ方位のライン

わかりやすく整理すると
比叡山が籠神社を向く→平等院から同じ方位に大江山
比叡山が大江山を向く→平等院から同じ方位に大枝山(近辺)

 
これも出来すぎな偶然でしょうか。
イチオウ、ご説明しておくと
酒天童子がもともと住んでたのが比叡山
そこを追われてOOEYAMAへ引っ越しました。
(と言われてるそうです)
 
※PartⅠのラストで紹介した
籠神社を中心に、平等院を頭のてっぺんにした巨大五芒星。
戯れに作ってみただけですが、
大江山は関係なさそうでしたが、大枝山はこの辺りでした。
五芒星綾部首塚大明神

他にも綾部大本とかあったんですが、よくわかりません。
偶然みたいな気もします。
でも綾部はまさにライン上で、そのラインがちょうど首の当たるのが面白いかも?
ついでなんで、もうひとつの大本の偶然
さっきの平等院→大枝山山頂の黄色いラインを延長させたら
「亀岡大本」に行き着きました※
平等院大枝山延長ラインと亀岡大本
 
せっかく作ったので載せときます。

正面じゃない五芒星



ここから徐々に妄想に拍車がかかってきます。
お気をつけ下さい

酒天童子をちょこちょこ調べてたら、
(頼光)四天王って言葉が目に留まりました。
「前にブログで「四天王」が出てきたよな・・・」
探したらこっちじゃなくて第2ブログにありました。
くるくる「物部封じ?by 聖徳太子」

加門さんの文章を読んだ印象だと、
頼光と四天王は、神仏無しでは何もできない
ヒーローらしからぬ存在に思えてしまいます。
そこからオニに対するシンパシーは、加門さんと同じく
僕も感じましたが、このブログなりの仮説も立てました。
これは遙か昔のヒーロー物語
聖徳太子&蘇我 VS 物部の戦いをスライドさせたのでは?
源頼光=聖徳太子
四天王=四天王寺、あるいは太子と縁の深い蘇我氏?
僕個人はお寺よりも蘇我氏に強く重ねられてると思ってます。
※なんかよく調べたら、もうひとり藤原(平井)保昌って人物も登場するそうです。
(本当に調査が行き当たりばったりです、笑)
この人物も道長四天王 同じキーワードを持っています。
苗字で平等院一族の関与をほのめかしつつ、あまり目立って欲しくないので、
物語の中では影が薄くなるように配慮された?※


物部氏と籠神社(海部氏)が関係あるかは
歴史の闇ってヤツに阻まれて、素人さんにはわかりません。
しかし魔方陣的には「大いに関係ある」と僕個人は確信してます。
「EQUAL ホアカリ×ニギハヤヒ魔方陣」

以前の記事で「物部」と「蘇我(&聖徳太子)」の関係を「中和」と表し、
その中和によって、ふたつの勢力が共倒れになったのでは?と推理しました。
ミヤコの敵とされた酒天童子も、脅威になりつつあった武士階級も
「同じように中和してくれたら一石二鳥なんだけどなあ」
そんな思惑を持つプロデューサーがいたから、
彼らはあんなボンクラに描かれた?
 

これがラストです。
 
突然ですが、
僕はローマ字打ちでこのブログを書いてます。
ですから「大江山」は「OOEYAMA」と打ちこみます。
「あれ?」と思いました。
それまで何度も打っていた「籠神社」はもちろん「KONOJINJA」
 
並べてみれば「KONO OOE」・・・
 
※これを思いつく数時間前のことです。
テレビをつけたらある人物がテレビに映りました。
たぶん赤十字の関係で出演してたんでしょう。
もうこれを書き始めてたので、思いがけない登場にビビりつつ(笑)
自分が観たいのは別のチャンネルだったので、
その人物は一瞬で居なくなりました。
この偶然のせいで思いついたのかもしれませんが、
KONOOOEから彼の苗字を連想する事自体は
全然おかしくないと思っています。※

 
このローマ字は今回の魔方陣をあけすけに表してるみたいです。
ぼくはこれまで、作戦の実行者は、
陰陽道(安倍晴明)やマヌケな武士が登場する物語と
自分たちの別荘を使って間接的に鬼退治をしてると思っていました。
しかし彼ら一族は、このありがたい苗字を頂いたことで
ふたつに分割した強力なオニが、
あるいはもともとは別々だったふたつのオニが、
なんと自分自身だけでなく、
その子々孫々にまで刻みこまれていた・・・
「キャーコワヒ (>_<)」 「誰か来て~誰か来て~」
意外にも最も便利に利用されたアイテムは彼ら自身だったとか?



「酒天童子=籠神社」という勝手な思い込みから、
ここまで魔方陣と妄想が積み上がりました。 
繰り返しますが日本史の「いつどこで何が起こった」を
たいして知らないまま、無邪気に書いてます。
だからこれも偶然かもしれませんね。
でも今度テレビで見たら歌おうっと
 
「KONOE KONOE KONOOOE~♪」(笑)
 
今回の魔方陣で童子は便利に利用される存在でした。
権力という魔物、そこから生まれる疑心暗鬼や執着が
酒天童子という存在を歪め、悪用したのかもしれません。
近OOO衛の一族が平等院をゲットした時代から、すでに1000年経ちました。
人類も多少は進化したはずなんで、
同じような姑息な作戦には二度と引っかかるわけ無いと信じています。
 

テーマ: - ジャンル: